メインコンテンツへ

SUNTORY 水と生きる SUNTORY
商品情報 知る・楽しむ オンラインショップ お店・グルメ 社会・文化・スポーツ 会社情報 お客様センター

お客様センター

焼酎

原料・製造工程 分類
成分 表示 飲み方
容器・包装 取り扱い 環境
歴史 健康 法律・税金 その他
Q1 焼酎ってどんなお酒ですか?
A1 お酒の種類には、大きく分けて蒸溜酒、醸造酒、混成酒があります。蒸溜酒と醸造酒は、原料を発酵させますが、蒸溜すると蒸溜酒に、そのままだと醸造酒になります。焼酎は、発酵させてできたアルコール含有物を蒸溜してつくるお酒です。焼酎は、日本を代表する蒸溜酒で、酒税法上では、連続式蒸留焼酎(焼酎甲類)と単式蒸留焼酎(焼酎乙類)に分類されます。また、蒸溜酒のうち、以下の製造方法によるものは、焼酎には含みません。発芽穀類を使用したもの(ウイスキーなど)、果実類を使用したもの(ブランデーなど)、シラカバの炭でろ過したもの(ウオツカなど)、含有糖質物を使用したもの(ラムなど)、蒸溜の際に他の物質の成分を浸出させたもの(ジンなど)。
Q2 焼酎甲類とは?
A2 アルコール含有物を連続式蒸溜機で蒸溜した酒類で、アルコール分36度未満のものです。糖蜜、タピオカ、コーン、大麦などを原料とし、連続して蒸溜することで、雑味や不純物のない酒質になります。ロックや水割りはもちろん、ピュアでクセのない味わいですから、チューハイのベースに適しています。 ※酒税法上正式な品目名は、連続式蒸留焼酎ですが、慣熟した呼称として、焼酎甲類と表示することが認められています。
Q3 焼酎乙類とは?
A3 焼酎の中で、連続式蒸溜機以外の蒸溜器(実際には単式蒸溜器)を使用したもので、アルコール分45度以下のものです。麦・米・芋などを原料とし、1回のみの蒸溜のため、原料の風味を活かした味わいのある酒質になります。原料の特徴をしっかりと味わうことができるので、ロックや水割り、お湯割りでそのままの風味を楽しむのがおすすめです。 ※酒税法上正式な品目名は、単式蒸留焼酎ですが、慣熟した呼称として、焼酎乙類と表示することが認められています。
Q4 本格焼酎とは?
A4 黒丸と神楽の舞の画像本格焼酎とは、焼酎乙類の中で、法律によって定められた原料、製法によって製造されたものに表示することが認められている呼称です。平成14年(2002年)11月に、厳密な定義がなされました。(「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律施行規則 第十一条の五(品目の例外表示)」)
Q5 焼酎の甲乙混和とは?
A5 甲類焼酎と乙類焼酎をブレンドしたものを混和焼酎といい、アルコールが由来した比率の多い順に、「焼酎甲類乙類混和」「焼酎乙類甲類混和」と表示することになっています。なお混和比率が5%未満の場合は、混和比率が多い方だけを表示してもよいことになっています。
Q6 麦、米、芋、そばなどいろいろな焼酎がありますが、それぞれどんな特徴があるんですか?
A6 焼酎に用いられる原料は、米、麦、そばなどの穀類や、さつま芋、酒粕、黒糖などが中心です。
【麦】
麦の香ばしい香りがする芳醇なタイプがある一方で、近年、減圧蒸溜の普及により、麦特有の香りがありながらもすっきりとキレのある風味を持つタイプが主流となっています。
【米】
原料の米由来の上品な芳香と旨み、甘みが特徴です。低温仕込み、低温蒸溜により吟醸酒のような香りを持つ米焼酎も登場しています。素材そのもの味わいを楽しむ繊細な料理によくあいます。
【芋】
芋の特徴である甘い香り、香ばしさがそのまま製品の個性としてでているのが特徴です。以前は独特のにおいがあり、敬遠される向きもあったのですが、原料・仕込み・蒸溜方法の技術革新により、飲みやすい味わいになってきました。
【そば】
すっきりした味わいの中に、そば独特のコクとほんのりとした風味が感じられます。幅広い料理に合います。
Q7 泡盛ってどんなお酒ですか?
A7 原料の米はタイ米。二次原料を用いず、沖縄が発祥といわれている黒麹菌でつくった米麹だけで仕込み、単式蒸溜したのが泡盛です。とりわけ本場の沖縄で製造されたものを「琉球泡盛」として産地呼称制度を定めています。原料米由来のコク、独特の香り。一般酒、古酒それぞれに特徴のある味わいがあります。
Q8 古酒(クース)とは?
A8 三年以上貯蔵された泡盛を「古酒」と称しています。「仕次ぎ」と呼ばれる独特の方法で作られ、戦前には、一部の家庭で数百年ものの古酒があったといわれていますが、戦争でほぼすべてが失われました。
Q9 産地を特定した焼酎があると聞いたのですが。
A9 平成7年(1995年)に、国税庁による「地理的表示に関する表示基準」が定められ、焼酎乙類の産地名保護が行われるようになりました。「壱岐」「球磨」「琉球」「薩摩」の産地表示は、該当する産地で、定められた方法で製造された焼酎乙類に限られます。
【壱岐焼酎】
壱岐の焼酎づくりは古く、すでに江戸時代には本格的な焼酎があったといいます。産地表示規定上の「壱岐焼酎」は、大麦と米麹を島の水で仕込み、島内で蒸溜・瓶詰めしたものに限られます。厚みのある味わいの常圧蒸溜が主流です。
【球磨焼酎】
熊本県、日本三大急流の球磨川流域でつくられる純米焼酎。産地表示規定では、米を100%使用して、球磨郡か人吉市の地下水で仕込み、同地域内で蒸溜・瓶詰めしたものしか「球磨焼酎」と表記できません。米に由来する甘味のある味わいが特徴です。
【琉球泡盛】
日本の焼酎の元祖とも言われます。14世紀の琉球(現在の沖縄)は、海上貿易の拠点となっており、種々の東洋の蒸溜酒を日本にもたらしたと言われています。15世紀中頃に定着。原料はタイ米。麹は黒麹。すべての米を麹にして、発酵・蒸溜します。シェリーのソレラシステムに似た「仕次ぎ」という独特の方法で熟成させます。「琉球泡盛」という呼称は、沖縄県で仕込み・蒸溜・瓶詰めされたものに限ります。
【薩摩焼酎】
米こうじまたは、鹿児島県産のさつまいもを使用したさつまいもこうじ及び鹿児島県産のさつまいも並びに水を原料として発酵させたもろみを、鹿児島県内(奄美市及び大島郡を除く。)において蒸溜、瓶詰めしたものに限られます。鹿児島県内産であっても、米焼酎や麦焼酎など原料が芋以外の場合は、「薩摩」を名乗ることはできません。
Q10 チューハイってどんなお酒ですか?
A10 「チューハイ」には厳密な区分や法律上の規定があるわけではなく、焼酎やウオツカなど無色で香りのないスピリッツをベースに、果汁などを加え、炭酸で割った飲み物のことをいいます。割るものによって味わいにはさまざまな広がりがあります。炭酸ではありませんが、ウーロン茶で割るウーロンハイもチューハイの一種として人気があります。語源は、焼酎の“チュー”とハイボールの“ハイ”を組み合わせてできたといわれています。