本文へジャンプ
由来

の昔、弘法大師
さんが四国八十八ヶ所開創のみぎり、霧深い屋島で

道に迷われ、蓑笠を着た老人に山上
まで案内されたという。のちにそ

の老人こそ太三郎狸の変化術の姿であったと信じられております。屋

島の太三郎狸は、佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と共に日本三名

狸に称されています。太三郎狸は屋島寺本尊、十一面千手観音の御申

狸(おんもうしだぬき)、また数多くの善行を積んだ為、土地の地主

の神として本堂の横に大切に祀られ、四国狸の総大将とあがめられ、

その化ケ方の高尚さと変化妙技は日本一であったと伝えられています。

一夫一婦の契も固く、家庭円満、縁結び、水商売の神であり、特には

子宝授けの神、福運をもたらすといわれ、全国からの信者さんも多い

です。

屋島を異変から守り、住職の代替の時には当寺の<雪の庭>で一夜源

平合戦を鳴り物入りで演じて見せると伝えられています。

深い霧に包まれる屋島寺境内


屋 島 寺