バリ語概説

<<index    Lesson01>>

 バリ語は、多民族国家インドネシアの地方語の一つです。国語インドネシア語と併用されているため、バリにおけるバリ語の地位は日本における日本語の地位とは異なる性質を持っています。

 また、バリ語は複雑な敬語体系を持つ言語です。会話の場や、会話の相手によって、語彙がシステマティックに使い分けられます。

 ここでは、このようなバリ語の社会言語学的特徴について簡単に紹介します。

(1)インドネシアにおけるバリ語

 バリ語は、インドネシアのバリ島全域、および近辺の島々(プニダ島およびロンボク島西部)で話されている言語で、話者はおよそ380万人です(数値はSIL, Ethnologueによる)。

 インドネシアは、その住民が約300の民族に分類される多民族国家です。インドネシア共和国憲法により、マレー語に由来するインドネシア語が唯一の国語と定められ、行政や教育などの公の言語として用いられてます。バリ語地域でも、初等教育の段階からインドネシア語による教育が行われています。現在、バリ語話者のほとんどがインドネシア語(マレー語) との二言語併用者です。

 とはいえ、バリ語はバリ島において圧倒的多数を占めるバリ人の 第一言語として確固とした地位を持っています。公的機関でのコミュニケーションを除けば、家庭や地域社会の中では、多くの場合バリ語のみが用いられており、ごく年少者もバリ語を第一言語として習得しています。

(2)バリ語の敬語

※少し説明が複雑になりますが、一通り目を通してみてください。

1.バリ語の敬語語彙

 バリ語語彙は敬語語彙(敬意詞)非敬語語彙(汎用詞)の2種類の語彙グループからなります。

 敬語語彙(敬意詞)は、さらに普通語類敬語類の2つの語彙群に分類されます。 敬語類は、またさらに、3つの敬語語彙のクラス、丁寧語尊敬語謙譲語にわけられます。(以下の図参照)

┏敬語語彙(敬意詞)━┳敬語類━┳丁寧語
┃         ┃    ┣尊敬語
┃         ┃    ┗謙譲語

┃      
┗普通語類
 (普通語)
 
┗非敬語語彙(汎用詞)  

 敬語類(丁寧語・尊敬語・謙譲語)は、同義語関係にある普通語類の語彙(普通語)と「敬語セット」を形成します。そのタイプには、

 「普通語-丁寧語」
 「普通語-尊敬語」
 「普通語-尊敬語-謙譲語」

の3つがあります。(以下の図参照)
 これに対して、非敬語語彙(汎用詞)には、敬語セットを形成するような敬語的対立を持つ同義語は含まれません。

 
┏敬語語彙(敬意詞)━┳敬語類━┳丁寧語    
┃         ┃    ┣尊敬語  
┃         ┃    ┗謙譲語oror

┃      
┗普通語類
 (普通語)
────  
┗非敬語語彙(汎用詞)       

 敬語セットのタイプによって、普通語・丁寧語・尊敬語・謙譲語の果たす機能は異なります。それぞれのタイプの例を見てみましょう。

意味敬語セット普通語丁寧語尊敬語謙譲語
昨日普-丁昨日昨日 ― ―
 ibi-dibiibidibi  
来る普-丁来る来ますいらっしゃる参る
 teka-rauhtekarauhrauhrauh
病気の普-尊病気の ―御病気の病気の(自分もしくは自分側)
 gelem-sungkangelem sungkangelem
彼/彼女普-尊-謙彼/彼女 ―あの方あの者
 ia-ida-ipunia ida/danEipun

 敬語セットが「普通語-丁寧語」のタイプでは、普通語ibi普通語機能「昨日」を果たし、丁寧語dibi丁寧語機能「昨日」を果たします。

 ただし、2つめの「普通語-丁寧語」の敬語セットの例のように、敬語語彙が人の属性に関わる動詞や名詞、形容詞の場合は、普通語teka普通語機能「来る」だけを果たし、丁寧語rauhひとつで丁寧語機能「来ます」尊敬語機能「いらっしゃる」丁寧語機能「参る」の3つの機能を果たします。

 「普通語-尊敬語」のタイプでは、普通語gelem普通語機能「病気の」謙譲語機能「(自分もしくは自分側が)病気の」を果たし、尊敬語sungkan尊敬語機能「御病気の」を果たします。

2.バリ語の敬語法

 バリ語の敬語は、発話状況および話し手、聞き手、言及される対象の属する身分(カーストを中心とする社会階層による区別)に応じて、「敬語セット」に属する敬語語彙から最も適切な語彙を選択することによって形成されます。

 例えば、「彼は昨日病気であった。」という意味の文を作る場合、上の表のia-ida-ipun「彼/彼女」、gelem-sungkan「病気の」、ibi-dibi「昨日」の3つの敬語セットに属する敬語語彙を交替させることによって、敬語的に異なる同義の文をいくつか作ることができます。

 普通体 Ia gelem ibi.(彼は昨日病気であった。)
 丁寧体 Ida sungkan dibi.(あの方は昨日御病気であった。)
 丁寧体 Ipun gelem dibi.(あいつめは昨日病気であった。)

 上の3つの文は、敬語的なスタイルから見ると、普通体(Biasa)丁寧体(Alus)の2つに分類することができます。1つめの文が普通体、2つめ、3つめの文が丁寧体です。普通体は、普通語(および汎用詞)から構成される文のスタイルであり、丁寧体は、敬語類の語彙、すなわち丁寧語、尊敬語、謙譲語(および汎用詞)から構成される文のスタイルです。(以下の図参照)

┏敬語語彙(敬意詞)━┳敬語類━┳丁寧語
┃         ┃    ┣尊敬語┼→丁寧体
┃         ┃    ┗謙譲語

┃      
┗普通語類
 (普通語)
─────→普通体
┗非敬語語彙(汎用詞)──────────→普通体,丁寧体

 簡単に言うと、普通体は、主に友人や兄弟など親しい者の間、または目上から目下に対して使われるスタイルであり、丁寧体は、主に見知らぬ者の間、目下から目上に対して使われるスタイルです。ここで言う目上、目下はこれまで主にカーストによって決定されてきましたが、最近は年令、職場・地域共同体の役職も大きな決定要素となっています。つまり、カーストの異なる者同士であってもお互い丁寧体を用いることが一般的になっています。

 また、スタイルの決定には、発話の行われる場の性質(公的な場か私的な場か)も関与します。さらに、特定の単語がどのスタイルで現れるかには、その単語が指す事物自体の性質も関与します。

 なお、この教材では、「外国人がバリで安心して用いられる形」として丁寧体を中心に扱っています。


<<index    Lesson01>>


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2003 Asako Shiohara, Mayuko Hara, I Gusti Made Sutjaja, Ni Luh Ngurah Ariningsih. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.