eiga.com  今月のお知らせ メールニュースの申し込み ブログパーツ スタッフ募集

最新のランキング
これまでのランキング

 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年


eiga.comTVシリーズ

メールニュース申し込み

トップ10速報
過去のランキングが1年まるごとご覧いただけるようになりました。去年ヒットした 映画は? とふと疑問に思ったときに便利です。最新ランキングと併せてお使いください。毎週火曜日更新。

トップ10速報 12月12日更新
毎週火曜日更新
全米、および国内のボックスオフィス速報
駒井尚文 (編集部)
全米ボックスオフィス速報 国内はこちら
12月12日発表  (毎週火曜日アップデート)
全米週末興行成績 2006年12月8日〜12月10日
(金額・順位は確定後のもの)
今週
順位
先週 タイトル/邦題 配給(日本配給) スクリーン数 上映
週末の興収($) 累計興収($)
1 Apocalypto
Touchstone
(東宝東和)
2465 1 15,005,604 15,005,604
2 1 Happy Feet
「ハッピーフィート」
Warner Bros.
(ワーナー)
3650 4 12,904,413 137,932,841
3 The Holiday
「ホリデイ」
Universal/Columbia
(UIP)
2610 1 12,778,913 12,778,913
4 2 Casino Royale
「007/カジノ・ロワイヤル」
Columbia/MGM
(ソニー)
3161 4 8,926,207 129,020,082
5 Blood Diamond
Warner Bros.
(ワーナー)
1910 1 8,648,324 8,648,324
6 3 Deja Vu
「デジャヴ」
Touchstone
(ブエナビスタ)
2742 3 6,019,672 52,995,929
7 Unaccompanied Minors
Warner Bros.
(ワーナー)
2775 1 5,815,474 5,815,474
8 4 The Nativity Story
New Line
3083 2 5,713,854 15,907,450
9 5 Deck the Halls
20th Century Fox
(フォックス)
2766 3 3,993,188 30,144,903
10 6 The Santa Clause 3: The Escape Clause
「ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!」
Walt Disney
(ブエナビスタ)
2226 6 3,254,729 77,184,019

■メル・ギブソン監督の新作が首位。「ブラッド・ダイヤモンド」が5位

新作4本がランクインした今週の全米ボックスオフィスは、今年7月に飲酒運転で逮捕されたメル・ギブソン監督が古代マヤ文明の末路を描いたアクション大作「アポカリプト」が首位に立った。全米だけで3億7000万ドルを稼いだ03年の問題作「パッション」と比べると、数字的にも、内容的にも大きな反響はないが、全編マヤ語、ノースター、そして過激な暴力が満載という興行的な足枷をそれほど感じさせない結果となった。3位は「恋愛適齢期」のナンシー・メイヤーズ監督の新作「ホリデイ」。キャメロン・ディアス、ジャック・ブラック、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ共演のラブコメで、キャメロン、ケイトの2人がクリスマス休暇中にイギリスとアメリカにあるお互いの家を訪れ、そこで出会った男性(ロウとブラック)と恋に落ちていく様を交互に描いていくストーリー。オープニング興収は約1280万ドル。5位「ブラッド・ダイヤモンド」はレオナルド・ディカプリオ主演のアクションドラマ。90年代のアフリカ・シエラレオネ内戦を舞台に、ダイヤモンド産業の腐敗と2人の男の命がけの冒険を描く。監督は「ラスト・サムライ」のエド・ズウィック。共演はジャイモン・ハンスウ、ジェニファー・コネリー。7位「アンアカンパニード・マイナーズ(お子様一人旅)」は、空港に足止めされた一人旅の子供たちが、空港内で暴れ回るキッズ・ムービー。監督は「アイ・アム・デビッド」のポール・フェイグ。

国内ボックスオフィス速報 全米はこちら
12月12日発表  (毎週火曜日アップデート)
全国週末興行成績 2006年12月9日&12月10日
(全国動員集計) 興行通信社提供
今週
順位
先週 タイトル 配給 公開劇場 上映
1 硫黄島からの手紙 ワーナー 丸の内ピカデリー1ほか
松竹・東急系
1
2 1 武士の一分 松竹 丸の内ピカデリー2ほか
松竹・東急系
2
3 2 007/カジノ・ロワイヤル ソニー サロンパス・ルーブル
丸の内ほか松竹・東急系
2
4 NANA2 東宝 日劇2ほか東宝系 1
5 3 デスノート/the Last name ワーナー 丸の内プラゼールほか
松竹・東急系
6
6 オープン・シーズン ソニー 日劇3ほか東宝系 1
7 4 プラダを着た悪魔 フォックス 日比谷スカラ座ほか東宝系 4
8 映画 ふたりはプリキュア
デジモンセイバーズ THE MOVIE
東映 T・ジョイ大泉ほか 1
9 8 ありがとう 東映 丸の内TOEI1ほか東映系 3
10 王の男 角川ヘラルド 新宿ガーデンシネマほか 1

■「硫黄島」首位。「NANA2」が4位、「オープン・シーズン」が6位

クリント・イーストウッド監督による硫黄島連作のうち、日本軍を描いた2作目「硫黄島からの手紙」が大ヒットスタートを切った。公開初日・2日目の成績は、動員約37万7000人、興収およそ4億9300万円と、今年のこれまでに封切られた正月映画では一番の出足。興収は、04年末の「ラストサムライ」(興収137億円)対比では86%だが、1作目「父親たちの星条旗」(現在までの興収は約15億円)対比では263%という好記録で、正月映画レースの大本命となっている。「NANA2」は同じく動員12万3000人、興収1億6800万円で4位からのスタート。こちらは1作目対比でわずか31.3%の出足で、最終的に10億円台にとどまると予想される。初登場はあと3作。6位には、ソニー・ピクチャーズ初のCGアニメ「オープン・シーズン」、8位に「ふたりはプリキュア」「デジモン」のアニメカップリング、そして10位には韓国の歴史ドラマ「王の男」が食い込んだ。ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ロサンゼルス批評家協会賞などでの受賞もあり、「硫黄島からの手紙」に追い風が吹いている。10日にテレ朝系でオンエアされた「ラストサムライ」は、視聴率21.3%を記録したそうだ。そして今週末は「エラゴン」「犬神家の一族」「ライアンを探せ!」などが公開。正月戦線の趨勢がほぼ決まる。


ホーム | お問い合わせ | eiga.comについて | 編集部より

© eiga.com inc. All rights reserved.

FROM HOLLYWOOD CAFE 掲示板 映画業界用語事典 リンク集 話題作超先取り 新作映画評 リアルタイム投票 ニュース&噂 トップ10速報 注目作特集 独占試写会