ページ下端にリンクがあります。 会社案内お問い合わせよくあるご質問表示中のページGIF-Tトップページへ壁面緑化陶板GIF-Tの施工について壁面緑化陶板GIF-Tの基本部材について壁面緑化の基礎知識

Q & A


・GIF-T と他の壁面緑化との違いは?


・コケってどんな植物?


・どうしてコケで壁面緑化をするの?


・メンテナンスは?


・安全性は?


・水やりの頻度は?




Q・GIF-Tと他の壁面緑化との違いは?


A・GIF-Tは植物基盤と断熱層を兼ねた多孔質セラミックのフォームコアと、強度を受け持ち吸湿性を備えた陶磁器質のシェルフレームからなる画期的な複合素材です。GIF-Tシステムと他の壁面緑化との決定的な相違は、GIF-Tシステムがそのまま外装仕上げシステムであるという点です。
 他の壁面緑化システムが外総仕上げ終了後に、さらに緑化基盤を取付けるという二重の工事が必要であるのに対して、GIF-Tシステムは外装仕上工事イコール壁面緑化工事となるので、大幅に工期を短縮できます。しかもGIF-Tは、外装陶板とコケを一体化した全く新しい概念の壁面緑化資材なので、断熱性、保水性、省エネ効果など数々の優れた特徴をもっています。


ページトップへ


Q・コケってどんな植物?


A・コケは、今から約4億年前に水中で進化した緑葉植物が、海から地上に上がり今日まで多様な進化を遂げてきた緑色植物の祖先です。当時の地球環境は二酸化炭素が今の約20倍といった過酷な状況下であったということから考えても、コケは強靱な生命力を持った植物といえます。
 コケは、世界中に約2万4千種、日本では約2千5百種類の分布が確認されており、アメリカについで世界で二番目にコケの多い国です。現在、このコケが利用される代表的なものは園芸で、日本式庭園でのコケ庭として京都の西芳寺は苔寺として特に有名です。
 コケは大きく分けて蘚苔類と地衣類に分けられ、蘚苔類では細胞の中に葉緑体があり光を浴びて光合成をし、自分で養分を作り出して生育しているのです。

  ■蘚苔類は、さらに3つの大きな仲間に分かれる。
    蘚類(センルイ):スギゴケ、スナゴケ、ハイゴケ、ミズゴケ。
    苔類(タイルイ):ゼニゴケ。
    角苔類(ツノゴケルイ):ナガサキツノゴケ。


ページトップへ


Q・どうしてコケで壁面緑化をするの?


A・壁面を緑で覆うことは、ヒートアイランド現象の緩和、建物の保護、省エネ効果、騒音の低減、そして見た人にやすらぎを与える癒し効果があります。それだけに緑の源となる素材には強い存続性がなければなりません。
 GIF-Tグリーン・モスには、好日・湿潤性の高いスナゴケを植栽してあります。
 スナゴケは、コケ植物の中でも強い生命力を持ち死の概念のない植物ともいわれ、−20℃〜70℃までの耐寒・耐熱性を備え、自然界では、無機質で乾燥した基盤にも先駆けて着生できる代表的な植物です。ですから、垂直の砂漠とも言える建物壁面の緑化には最適の植物と言えます。また、スナゴケは自重の約20倍もの保水力があり、その蒸散作用により微気象の緩和に期待できます。


ページトップへ


Q・メンテナンスは?


A・簡単な灌水システムの確認など、ローメンテナンスも魅力のひとつです。
 植栽としてスナゴケを使用しているため、剪定、施肥、などは不要です。完全乾式工法採用で脱着が可能なため、植物の枯れなど万一の場合の補修も容易に行えます。


ページトップへ


Q・安全性は?


A・完全乾式工法を採用しているため、モルタルや接着剤の経年変化による剥離や落下の心配がなく、安全性に優れています。


ページトップへ


Q・水やりの頻度は?


A・GIF-Tに使用されているスナゴケは保水性が高く、陽のよくあたる場所に生えるコケですが、好日性だから水分がいらないわけでなく、自然の恵み(かんすい)を得られる環境を保持してあげることが必要となってきます。
 灌水については、施工環境・成長段階により変わるため、灌水マニュアルについては現場ごとの対応となります。以下の表は、ごく一般的な灌水とご理解ください。

一般的な灌水(かんすい)の年間パターン
1月  コケは、寒さに強い植物です。大寒のこの時期は、灌水をしないようにします。
2月  1月同様に灌水の必要は、ありません。
3月  この時期は、地域により気温や降雪など地域差がまだまだ多い時期であり、気温も低い為、頻繁な灌水は必要ありません。
4月  冬場に傷んだコケが、この時期になると回復を始めます。小さな発芽が確認できるようになれば乾燥に注意し、朝夕の灌水を始めて乾燥に注意します。
5月  発芽時期が続きますので、朝夕の灌水により乾燥に注意します。
6月  この時期、入梅をコケの生育には非常によい時期となります。湿度も高い日が多くなりますので、頻繁な灌水は必要ありません。
7月  梅雨明けを迎えるこの時期、生育に厳しい夏場の始まりとなります。日中の気温も高く、朝の8時には気温もかなり上昇しています。灌水は、夕方〜夜、早朝にするようにします。
8月  この時期は、日中の温度上昇によりコケは縮れるように筆状に葉を閉じてしまいます。この状態のコケに灌水をすると、確かに葉を広げて生き返ったようになりますが、日中の日差しによる温度上昇でコケ体内に取り入れた水分も温度上昇をおこし、ムセをおこします。日中の灌水は、厳禁です。
9月  まだまだ、暑い日が続くこの時期は、8月同様に日中の灌水は避けます。
10月  コケにとっては、良い環境を迎えるこの時期は成長期となります。朝夕の十分な灌水を施します。
11月  冬場に向け、灌水量を減らしていきます。
12月  灌水量を減らしていき、最低気温が0度、最高気温が10度以下まで寒くなれば、灌水をストップします。

 尚、年間タイマー灌水装置を設置していただくと年間を通して、自動で水やりが可能です。


ページトップへ



トップページ 基礎知識 基本部材 施工 施工事例 Q & A お問い合わせ 会社案内