2007年03月02日

小室哲哉さんからのメッセージ

アーティストの小室哲哉さんから今回の件に対して以下のメッセージをいただきました。

こむろ

僕は戌年です。

頭がやっぱりおかしいと思われる方もいらっしゃると覚悟の上ですが、

犬と会話が出来ます。


彼らの喜び、楽しみ、悲しみ、怒り、苦しみがわかります。

彼らは、来世に希望を持ちながら、何か、私たちの役に立てればと、
今、静かに時を過ごしています。


 



待ってください。
もう一度話しを聞いてください。


必ず良心がすばらしいエネルギーとなって皆さんの生活に幸福を運んで
くれます。

MYSPACEにも同じ文章を英語で書いてあります。

http://jp.myspace.com/
tkomuro
1億五千人以上のユーザーがいます。
世論も時には強大な勇気をもちます。

関係者の方、大阪府、厚生労働省、日本獣医師会、の皆さん
もう一度話し合いをしていただけたら、とお願いを申し上げます。

よろしくお願いします。

2007年2月15日 小室哲哉

一人でも多くの方に事実を知らせ、あの仔たちの命を救うため

ブログランキングに投票(ここをクリックしてください)御願いします。



 

Animal lover.....NEED YOUR HELP & SUPPORT URGENTLY !!!

I was born in the year of the dog.
People may think I am weird but I have the ability to understand dogs.
I can understand their happiness, enjoyment, sadness & anger.

While holding hope for the after life, they try & be of some help to us.
They quietly spend their time here now.
Please wait...
Please listen to what is being said...
With no doubt, a good conscience will turn into great energy & will bring good fortune to everyone's lives

There are over 150 million users on My Space.
Sometimes, public opinion can have a huge influence.

Go to the site below & make a difference.
http://blog.livedoor.jp/matatabivets/
To the people of Osaka prefecture, The Ministry of Health Labor & Welfare, The Japanese Veterinarian Association,
& everyone involved with this issue,
Please talk this over again. That is my wish.

Thank you for your time.
tk

僕は戌年です。頭がやっぱりおかしいと思われる方もいらっしゃると覚悟の上ですが、
犬と会話が出来ます。
彼らの喜び、楽しみ、悲しみ、怒り、苦しみがわかります。

彼らは、来世に希望を持ちながら、何かの、私たちの役に立てればと、今、静かに時を過ごしています。
待ってください。
もう一度話しを聞いてください。
必ず良心がすばらしいエネルギーとなって皆さんの生活に幸福を運んでくれます。

1億五千人以上のユーザーがいます。
世論も時には強大な勇気をもちます。

このサイトに行ってみて下さい。
http://blog.livedoor.jp/matatabivets/
関係者の方、大阪府、厚生労働省、日本獣医師会、の皆さん
もう一度話し合いをしていただけたら、とお願いを申し上げます。

よろしくお願いします。
tk



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by モカムギ    2007年02月15日 10:19
小室哲哉さんのメッセージ、心強いですね。
大阪府は治療もせず、はじめから処分だけを念頭に会議を続け今日に至っていると思います。ひどすぎます。
ブルセラ病だけでなく、怪我をしていたり歯のとけた子などもいるのですね。
必死な思いで早く治療したいという先生方もたくさんいらっしゃるという事を知りました。
現在、現場に出向いているヒドイ獣医師が消え去り、早くまたたび獣医師団が治療に入れますようにと祈っております。
大阪府は会議を早急に開き、処分を撤回してほしい。
2. Posted by ぱー    2007年02月15日 10:22
がんがれTK
3. Posted by かすみの母    2007年02月15日 12:46
ワンライフのHPの日誌が更新されていますが、あの子達の所有者はもとのオーナーさんだそうです。この事実を生かして救済が出来るのではないでしょうか?

皆さんも日誌をお読みください。
4. Posted by 愛犬家    2007年02月15日 14:36
今回、救命チームを立ち上げて下さり感謝いたします。
やっと光が見えてきましたがなかなか思うようには行きませんね。
でもWan lifeさんの日誌でもっと光が明るくなりました。
そこで多分みなさんも不安や疑問に思っている事だと思うのですが、もし要請が出て手術を決行するとしたら場所はあの現場なのでしょうか?
それとも別の場所を確保されているのでしょうか?

手術後の保護場所なども確保されているのでしょうか?
感染という事で皆がシビアになっています。

行政の「処分決定」を聞いて仕方がないと思っている方も反対だと思っている方もこの部分が(もっと他にもありますが)ちゃんとしていればもっと心強いものになると思います。
宜しくお願い致します。
5. Posted by yuriko    2007年02月15日 18:55
komuroさんありがとうございます。芸能人のかたもっと参加してください!参加していただく事でこの件が解決され、またお金持ちの芸能人の方お一人お一人がたとえば100万ずつでも寄付してくだされば(現場でいる物資など)大変助かると思います。日本で営業されているのですもの!私はこの1週間、娯楽番組を見ていません。見ているまに犬たちがどうにかされたら困るからです!それほど今回の事件は重要なのです。殺処分されなくてもすむ犬を殺す訳には行きません!どうかお一人でも多くこの問題に関心を持って頂きたいと思います。こうしている間に全国で明日もまたなん百頭の犬猫の命が行政の手で消されています。殺処分するから繁殖に繋がることを知る事が必要です。
6. Posted by 美樹    2007年02月15日 19:14
今日、現場のボラさんから聞きましたが、狭いケージに押し込まれ数日前から下痢が続いていた子に治療の要請したにも関わらず、府は無視。今日一人寂しく天国に行ってしまいました。陰性の子で病院に行っていれば助かる命でした。投薬もありませんでした。ブルセラ陰性の子の投薬もいい加減で個体管理もいい加減。行政の救済チーム=虐待チームとしか思えません。早く助け出してあげて下さい。
ボラにも伺います。どんなことでもさせて頂きます。宜しくお願いします。
7. Posted by キラ    2007年02月16日 23:20
私は大阪府の獣医師は信用出来ません。昨日ダックスがご飯も食べずミルクも飲まず明らかに弱って来ていて現場に来てる職員(獣医師)に治療をお昼にお願いしました。答えは和泉市の獣医に往診をしてもらうようにします。との返答。結局獣医は来ませんでした‥明日も現場ですがその子が気になり眠れません‥
現場ではこれが当たり前です。
助かる命も助かりません‥ボランティアが職員に何を言ってもお願いしても犬の事に関しては右から左です。
誰か助けてあげて下さい
お願いします‥
8. Posted by 蝣陽    2007年03月03日 11:03
小室哲哉さんのメッセ大変感激しました。
動物達はいつもいつも私達に語り掛けてくれていますよね。ただ人間の言葉を話さないだけで表情、尻尾、鳴き声…全身の全てを使って伝えようとしてくれています。
行政の方々、今、犬達はどんな表情をしていますか?力ない瞳でぐったりとしていませんか?犬達の苦しみを小さな訴えを無視しないでください。もし自分や自分の家族が病気で苦しんでいる時、医師や看護士が貴方方と同じ行動をしたら貴方はどう思うのですか?

公なる殺処分は延期になりました。でも行政は適正な治療や給餌をしない事で陽性陰性問わずジワジワと殺していくんですね。

国が定めた愛護法をまさか行政の人間が御存じないのでしょうか?故意なら勿論の事、連絡ミス等による過失であっても立派な虐待です、犯罪なのですよ。
9. Posted by かすみの母    2007年03月03日 11:43
代表からコメントを頂きましたの記事コメント欄23.にtaku様からメール、電話発信先まとめてあがっています。
独立した記事にお願いいたします。
10. Posted by yasuko    2007年03月03日 16:29
トップの日付が間違ってませんか?3月15日となっていますが・・
11. Posted by シリウスママ    2007年03月03日 18:04
小室様メッセージありがとうございます。
こうやってみんなで助けたいという願いは
なぜ大阪府に届かないのでしょうか?
どうしてかたくなに耳を閉ざすのでしょうか?
心があるなら聞いてください。
こんなに一生懸命助けたいと思っている人
がいるのですから・・
12. Posted by 世捨て人    2007年03月03日 20:43
小室さんの気持ち,良く判ります。
太田知事を落選させないと。
大阪府下の動物は浮かばれません。
その内に,
太田知事はきっとエイズ患者や独居老人の○処分を始めるのでしょうね・・・。
大阪に住んでいる事が本当に恥ずかしいです。
今日,
国連にも連絡を取りました!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Brucella canis links
またたび獣医師団とは
またたび獣医師団
今から12年前、私達が日本初の移動動物病院で野犬、野良猫の不妊虚勢手術をはじめました。(この活動は今も全国に広がり続いています。)

「またたび獣医師団」はこのとき自然発生したグループの名前です。
このとき集まった中心メンバーは今も全員、連絡を取り合い個々に、また時々協力し合って動物愛護活動を行っています。費用は参加者持ち寄り、あごアシ自己負担を基本としております。
ですから現在、参加者以外に寄付を募るということは一切行っておりません。
海外ではブータン国への獣医派遣を行っております。(ブータン国派遣は外務省管轄財団法人シルバーボランティア協会、ブータン国、国連の要請によるもので、費用は個人負担と上記メンバーからの寄付、上記団体からの援助金で行われています。)
参加者は日本各地でそれぞれ仕事を持っており、何かあれば現場に集まり作業を終え解散するというスタイルです。参加者は獣医、学生、社会人、主婦、動物愛護ボランティア主催者など様々です。

「またたび獣医師団」と言う名称は上記仲間に今回初めてつけた名前です。旅の獣医ということで、「猫にマタタビ」のマタタビと「股旅」をかけています。

※ 私達は2005年2月4日現在、参加者以外に寄付金を募るということは一切行っておりません。
※ 寄付によって集まった金品もございません。
※ 今のところ寄付を募る予定もございません。
 2005年2月4日

お問い合わせは
matatabivets2000@yahoo.co.jp

メールを送った場合はブログ内のコメント欄で「メール送った」とお知らせください。

またたび獣医師団協力団体

山口獣医科病院
soi dog foundation(本部オランダ)
Categories
Links
Recent TrackBacks
Archives
Recent Entries
Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)