自動コントロールしているのは鍋のMIタグです。
MIタグはレシピ情報、鍋底の温度情報などを基に、料理が常に 最適な状況になるよう、1秒間に16回のスピードでIHに指示します。例えば煮物の場合、沸騰を検知し、 設定温度をキープします。また、このMIタグが埋め込まれた鍋にはコードや電池がなく、充電する必要もありません。