一般向けコンテンツ4
国宝 赤韋威鎧(あかがわおどしよろい)
 兜・大袖付(かぶと・おおそでつき)
国宝 赤韋威鎧(あかがわおどしよろい) 兜・大袖付(かぶと・おおそでつき)とは?
 この大鎧は源氏と平氏が覇権(はけん)をかけて戦っていたころ、武将が実際に着用していたとみられるもので、承久(じょうきゅう)3年(1221)に起った承久の乱後、備中の地に来住した地頭(じとう)の後裔(こうえい)の家に伝わっていました。

 赤韋威鎧は鉄や革(かわ)の小札(こざね)を茜染(あかねぞめ)の革で綴(つづ)った大鎧のことですが、当時の合戦を描いた絵巻などにもしばしば登場しています。実際に使用した鎧や兜は痛みやすく、そのたびに補修が加えられるため、もとの姿を維持したまま現存する平安時代末期の赤韋威鎧はほかにはなく、全国でもこの鎧が唯一のものです。

 この鎧は胴(どう)のほか、腰から垂(た)らした草摺(くさずり)、肩に付けた大袖に黒漆塗(くろうるしぬ)りの鉄と革の小札を一枚交(ま)じりに用いており、小札の数は全部で1800枚を超えています。
 背面には鉄小札は少なく、主に革小札を使用していますが、これは背後から攻撃するのを嫌った当時の武士の精神を反映したものです。
 兜は鉄板10枚を縦に矧(は)ぎ合わせ、頭の大きな星と呼ばれる鋲(びょう)を打った厳星兜(いかぼしかぶと)です。
 鎧と兜を合わせた重量は、約25kgもあります。騎馬(きば)による弓矢合戦が中心であったころは、このように重い鎧や兜を着て戦っていたわけです。

 鎧と兜は戦場で生命を託(たく)すものだけに、鍛工(たんこう)・漆工(しっこう)・鍍金(ときん)・彫金(ちょうきん)・染織(せんしょく)・皮革(ひかく)加工など、当時の工芸技術の粋(すい)を集めて作られています。
 重厚で威風堂々(いふうどうどう)としたこの赤韋威大鎧と兜は日本の工芸史上極めて貴重な遺品といえます。




胴高(前)40.0cm (後)44.0cm
胴周91.0cm/草摺高27.0cm
兜鉢高13.3cm/兜鉢径20.0cm
大袖高46.0cm/大袖幅33.0cm
重 量約25kg