d'clubトップへ戻る d'clubトップへ戻る
d'clubトップへ戻るご意見・ご要望・お問合せ個人情報の取扱いについてネットショッピングサイトマップ
平成14年8月21日
「モノレール大船・ドリームランド線」のモノレール事業中止に関するお知らせ

 当社子会社であるドリーム開発株式会社が事業主体として運行を計画していた「モノレール大船・ドリームランド線」のモノレール事業を中止することになりましたので、お知らせいたします。

 「モノレール大船・ドリームランド線」は、「横浜ドリームランド」へのアクセス交通機関として、1966年に開業しましたが、設計上の問題から1967年より運行休止となっておりました。
 ドリーム開発(株)は、旧日本ドリーム観光(株)の子会社であるドリーム交通(株)から鉄道事業権を譲り受け、運行再開にむけて調査を重ね、事業化の検討を進めてまいりました。
 しかしながら、地域の交通・道路環境の変化や沿線人口の変化などにより需要予測が減少する中で、当初導入予定であったHSST(常電導磁気浮上式リニアモーターカー)の事業計画を変更し、ローコストの輸送システムである小型モノレールの導入も含め検討いたしましたが、誠に遺憾ながら事業採算の確保ができないとの結論に達しました。
 一方、当社はダイエーグループ「新3カ年計画」に基づいて抜本的なリストラクチャリングの実行が不可欠であり、事業採算の確保の困難な事業を推進することは出来ない状況にあります。
 このような状況からモノレール事業についてはこれを断念せざるを得ないと判断し、横浜市にその旨を申し入れいたしました。

 今後の対応については、関係者の方々や地元住民の皆様にご理解を頂けるようご説明をするとともに、事業中止に伴う既存橋脚などの鉄道施設については早期に撤去していきます。また交通計画などドリームランド跡地周辺の今後の街づくりについては、横浜市と協議を進めながら、協力して取り組んでまいります。

 なお、今回の決定にあたりモノレール事業中止に関わる損失として施設の撤去費用等が発生いたしますが、必要な手当ては済ませております。

以 上
<参考>
「モノレール大船・ドリームランド線」事業の概要
     
1. 事業所在地
  [ 起 点 ] 横浜市栄区笠間町1080番地
  [ 終 点 ] 横浜市戸塚区俣野町700番地
  [営業距離] 5.3km
     
2. 事業者 
  ドリーム開発株式会社
     
3. 事業の経緯
  1964年3月 日本ドリーム観光(株)がドリーム交通(株)を設立し、モノレール事業へ参入
  1966年5月 モノレール開業
  1967年9月 車体不備によりモノレール運行休止
  1982年3月 ドリーム交通(株)からドリーム開発(株)へ「地方鉄道事業権」を譲渡
1988年7月 日本ドリーム観光(株)に経営参加)
  1995年6月 大船・ドリームランド線運行再開を決定
1999年開業予定
  1995年11月 環境アセスメントの調査開始
  1995年12月 鉄道事業法に基づき、事業基本計画等変更認可
(跨座式鉄道モノレールから磁気浮上式リニアに変更)
  2001年9月 小型モノレールでの事業性検討
     
ドリーム開発(株)会社概要
   
 
会社名
事業内容
本社所在地
代表者名
設立年月日
資本金
株主構成
 

ドリーム開発株式会社

  旅客運送業
  神奈川県横浜市戸塚区俣野町700番地
  代表取締役社長 荒木 悦雄
  1981年9月1日
  4,099百万円
  (株)ダイエー100%

ダイエートップへ戻るニュースリリーストップへ戻る
このページに掲載の記事・写真の無断転載を禁止します。
(C) Copyright 2002 The Daiei, Inc.