プラスディ——新しいデジタルライフスタイルの提案


プリント表示 ソーシャルブックマーク

連載
2005/09/06 15:45 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「ポートピア連続殺人事件」の舞台を巡る (1/2)

今回取り上げるのは、「ポートピア連続殺人事件」です。神戸、京都、洲本と、実在の場所が舞台となっているこのゲーム。それらの場所へ実際に行ってみて、ゲームの雰囲気を感じ取ってみました。

ファミコン初のアドベンチャーゲーム

画像

ゲイムマン「ここが じけんの あった はなくまちょう です」

 今回は、「ポートピア連続殺人事件」の舞台となった場所を巡ってみようと思う。

 もともと「ポートピア連続殺人事件」は、エニックスがPC版で1983年に発売したアドベンチャーゲーム。1985年にファミコンに移植された。

 作者は堀井雄二氏。堀井氏の作品といえば「ドラゴンクエスト」シリーズがあまりにも有名だが、このファミコン版「ポートピア連続殺人事件」も、70万本を売り上げたヒット作だ。

画像

こちらがゲームに出てくる花隈町。実際には花隈町から海は見えない(かわりにポートタワーが見えるが)

 ファミコン版とPC版の大きな違いは、助手「ヤス」への指示(コマンド)を出す方法である。

 PC版では、キーボードから直接「キキコミ シロ」「ゲンバニ イケ」などの指示を打ち込んでいた(コマンド入力方式という)。

 これは当時のアドベンチャーゲームでは一般的な方法で、単語そのものを探すことも謎解きのひとつとしてとらえられていたのだが、キーボードのないファミコンでは使えない。

 そこでファミコン版に採用されたのが、あらかじめ用意されたコマンドの中から1つを選ぶ「コマンド選択方式」である。

 本来はPC版「オホーツクに消ゆ」用に開発されたシステムだったが、文字を打ち込む必要がなく、ファミコン向きということで、ファミコン版「ポートピア連続殺人事件」にも採用されたのだ。

 また、コマンドが最初から14種類に絞られていることで、難度が下がった。これも、初めてアドベンチャーゲームが発売されるファミコン向きといえた。

 そのかわり、「むしめがね」で画面上の証拠品を探す要素が新たに加わっている。

 その他、PC版との主な違いとしては、設定がやや異なること(俊之の住んでいる場所など)、途中に出てくる暗号が違うこと(PC版でも機種ごとにすべて違う)、そして地下迷宮の存在が挙げられる。

画像

ファミコン版にのみ存在する地下迷宮。こういうメッセージや、壁にぶつかったときのリアクションなど、「ウィザードリィ」を意識した演出が見られる

意外と神戸の観光名所に行ってないのだが……

 神戸市内でボスとヤスが訪れた場所は意外と少なく、花隈町(山川の屋敷)、新開地、そして神戸港くらい。

 北野の異人館にも、有馬温泉にも行っていないし、「ポートピア連続殺人事件」というタイトルに反して、ポートアイランドにも行ってない。

画像

ゲームに出てくる新開地。今のレーティング制度なら、これだけで18禁になってしまうかもしれない……

 行ける場所が少なかった理由の1つは、容量が少なかったからだろう。

 当時ファミコンのデータ容量は、なんと256キロビットしかなかった。32キロバイトである。

 特にグラフィックは容量を食うので、アドベンチャーゲームでは、表示できる絵の枚数が限られてくるのだ。

 DVD-ROMの容量がギガバイト(キロバイトの1,048,576倍)単位で表記される今となっては、32キロバイトというデータ量がどんなものか、想像もつかない。

 そんな制約の中で、神戸らしさを表現しているのが、事件現場となった山川の屋敷だ。

 その外観は明治時代の洋館を思わせ、港町・神戸の歴史を感じさせる。

画像

山川の屋敷は花隈町にあるという設定だが、北野の異人館街の、英国館とシュウエケ邸を合わせたような洋館

 もう1つ、神戸らしい風景といえば、やはり神戸港だ。

画像

 ゲームの神戸港からは、ポートアイランドにある観覧車がよく見えるのだが、実際の神戸港ではどうだろうか?

      | 1 2 | 次のページ

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright© 2007 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


おすすめPC情報テキスト

キャリアアップ

ピックアップ

news003.jpg SCE社長 平井一夫氏インタビュー:プレイステーション 3はまだまだ発展途上の前の段階、必ず大きく飛躍できる
ソニー・コンピュータエンタテインメントの平井一夫社長に、これまで長く見てきたアメリカ市場と日本市場の比較や、プレイステーション 3の現状などについて話を伺ってきた

news012.jpg 普段詩に書いていることとガンダムの世界は同じだから“すっ”と書けた——森口博子さんインタビュー
「SDガンダム Gジェネレーション スピリッツ」のOP/EDテーマ曲を歌う森口博子さん。非常に盛り上がった東京ゲームショウ2007のステージイベントを終了したあとに、今回の新曲について話を聞いてみた。

news006.jpg 新型「PSP-2000」徹底検証——本体ハード編
9月20日に発売となる、薄型・軽量の新型PSP「PSP-2000」。発売に先駆けて本体を詳しく見ることができたので、従来のPSP(PSP-1000)との比較も含め、本体のハード面を中心に仕様をチェックしていこう。

news050.jpg ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:ぶっ飛んだ設定、ぶっ飛んだ猫「シティコネクション」
第48回にして初めて、ジャレコのゲームを取り上げます。「シティコネクション」は、インパクトのある設定が話題となったゲームですが、今考えると、ゲームシステムにもキャラクターにも、1980年代前半の流行が、色濃く表れているような気がします。

news004.jpg 「喜屋武さん、これできますか?」(その4):喜屋武さん、ココロの中を見つめ直してみませんか?——「音声感情測定器ココロスキャン」編
タレント喜屋武ちあきの困った顔が見たいというだけでやっているわけではない連載。今回、実際に試してなんぼの“あなたの「ココロ」の取り扱い説明書”を開いてみませんか?

news003.jpg 新型「PSP-2000」徹底検証——機能編
前回は新型PSP「PSP-2000」のハード面を中心にチェックしたが、今回は映像出力やワンセグ受信機能など、PSP-2000で追加された新機能を中心にチェックしていこう。

news078.jpg 「echochrome 無限回廊(仮)」は“そぎ落としの美”
東京ゲームショウ2007のソニー・コンピュータエンタテインメントブースで初出展された「echochrome 無限回廊(仮)」。どのような経緯でこのゲームが生まれたのか、制作者の藤木淳さんと鈴木達也プロデューサーに話を聞いた。

news046.jpg 「すばらしきこのせかい」レビュー:仮想の渋谷でサイキックバトル!——すばらしくやりこめるこのゲームをあなたに
スクウェア・エニックスから発売された「すばらしきこのせかい」は渋谷を舞台にした、タッチアクションRPG。死神のゲームにサイキックで挑むネクを操作し、仮想の渋谷を生き延びろ! 2画面同時バトルが面白い、ボリュームたっぷり渾身の一作だ。

news009.jpg ヴァナ・ディールをもう一度:2度の挫折を経て「FFXI」にハマりつつある独身男性の物語(その8)
少し遅れた冒険者がお届けするヴァナ・ディール奮闘記。今回はアトルガン皇国の傭兵になるため、監視哨を目指すエピソードをメインに紹介していく。その道中で見た熟練冒険者の腕前に、幼いガルカは脱帽です!!

news002.jpg 「GA-CX1005XB」レビュー:「GA-CX1005XB」は本当にXbox 360ユーザーへの福音となるのか確かめてみた
Xbox 360は様さまざまな形式での映像出力が可能だが、それぞれ専用のケーブルが必要。しかしDIGITAL COWBOYから発売されているXbox 360用ドッキングステーション「GA-CX1005XB」があれば、単体で複数の形式の映像出力が可能となる。その実力はいかに?

news029.jpg 「The Elder Scrolls IV:オブリビオン」レビュー:冒険者として生活したい人、この指とーまれっ!
かつてない自由度、美しい映像、骨太な内容など、大作という呼び方がふさわしい海外産RPGの「オブリビオン」がついに登場。どのあたりが大作なのか、実際に遊んで確かめてみました。

news059.jpg この夏遊びたいゲーム特集
8月突入! 梅雨空もそろそろ終わりを告げて、いよいよ夏本番ですね。そこでITmedia +D Gamesでは、これまで掲載したレビューの中から、“この夏に遊びたいゲーム”をピックアップ。あなたはどのゲームをプレイしますか?

news006.jpg ユーザーの要望を取り入れてコミュニケーション機能を強化——「ファンタテニス」
9月から4連続大型アップデートが実施されている「ファンタテニス」。これまで導入された機能の詳細と今後の展開について、ソリッドネットワークスの人に話を聞いてみた。

news046.jpg くねくねハニィの「最近どうよ?」(その14):ステレオタイプな欧米ユーザー嗜好
国やエリアによってユーザーの好みは違うもの。あくまでも今回のキーワードは「ステレオタイプ」。現在の市場ではどんなものがウケてるのか? 北米との比較で日本のゲーム市場が見えてくるかもしれないのでよろしこ。

news004.jpg くねくねハニィの「最近どうよ?」(その13):くねくねハニィは見た! 本当のE3
なかなか明けない梅雨だったけど、皆様体調壊してませんか? 胃潰瘍寸前のくせにまったく体重が減らないくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」第13回目。実は密かにくねくねハニィはE3に潜入していたのであった! ちょっと遅れてしまったけどハニィの目から見た本当のE3をリポートしてみたので、よろしこ。

種別アイコンについて

プレイステーション3
プレイステーション2
PSP
Wii
ゲームキューブ
ニンテンドーDS
ゲームボーイアドバンス
Xbox360
Xbox
PCゲーム
ケータイゲーム
アニメ
アーケードゲーム
プレゼント
イベント
ニュース