このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > バトル > 亀田特集 > ニュース



亀田大毅に1年間の出場停止処分

※画像クリックで拡大表示

12回、王者内藤大助(手前)を故意に投げる亀田大毅(撮影・中島郁夫)
12回、王者内藤大助(手前)を故意に投げる亀田大毅(撮影・中島郁夫)

 日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、東京都内で倫理委員会を開き、11日のWBC世界フライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した亀田大毅(18=協栄)に、試合への出場停止を意味する1年間のライセンス停止処分を科すことを決めるなど、世界タイトルマッチを冒涜(ぼうとく)したとして「亀田ファミリー」に厳重な処分を下した。

 同委員会の斉藤慎一委員長(日本ボクシングコミッション専務理事)は、亀田大への厳罰の理由を「ボクシングを冒涜し、日本のボクシングにダメージを与えファンの信頼を損ねた」と指摘した。ボクサーが刑事事件以外で長期の出場停止処分となるのは、国内では極めて異例のこと。

 父親の史郎トレーナー(42)には「大毅選手にルール違反を惹起(じゃっき)させる動機をつくった」などとして無期限のセコンドライセンス停止処分を科し、選手のセコンドにつく資格を取り上げた。父とともにセコンドについていた兄の前世界王者、亀田興毅(20=同)は厳重戒告処分、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は監督責任を問われ、3カ月間のクラブオーナーライセンス停止処分とした。

 亀田大はタイトルマッチで、チャンピオンの内藤大助(33=宮田)を持ち上げて投げ飛ばすなど、反則行為を繰り返した。史郎トレーナーはセコンドで違反行為を指示したとされる。亀田興もセコンドで不適切な指示があったと判断された。

[2007年10月15日22時57分]

  • エヌスクへ
関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー

「亀田大毅に1年間の出場停止処分」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ