ナビゲーション群

 


オロロンライン

南は小樽から、最北の稚内まで。
オロロンライン=きた海気線

観光ガイドメニューへ | ページの先頭へ

オロロンラインとは

日本海オロロンライン沿線マップ

オロロンラインとは、2本の国道と1本の道道で結ばれる、小樽から稚内までの沿海ルートに加え、天売、焼尻、利尻、礼文の4離島の航路のことをいいます。

このラインを広域観光地として18市町村が手を携えることができた要因は、なんといっても札幌市と留萌市を結ぶ国道231号線の、悲願の開通が実現できたことです。

このルートの一部、厚田から増毛町間の46キロメートルは永い間「幻の国道」といわれたほど難攻不落のルートでした。この間に取り残されていた雄冬(おふゆ)地区は陸の孤島と呼ばれ、交通網は雄冬(おふゆ)港と増毛港を結ぶ一日一便の海上航路のみとされていたのです。昭和56年11月、最も難所を極めた雄冬(おふゆ)岬トンネルの完成で全線開通。しかし、その40日後、不幸にも山崩れが発生し、トンネルの一部損壊、再び陸上交通の不通を余儀なくされました。その2年後の昭和58年に復旧工事が完成、改めて国道231号線の全線完全開通に至ったのです。総工費180億円、昭和33年着工以来四半世紀をかけた難工事でした。これによって国道231・232号線は、南北1本に結ばれたのです。

日本海サンセットビーチに沿って連なる4市11町1村の16エリアを、最北に貫くオロロンラインと定めました。


観光ガイドメニューへ | ページの先頭へ

北海に生きるオロロン鳥の、愛と団結を生一本に貫く習性のように

オロロン鳥のイラスト

オロロン鳥(ウミガラス)・・・チドリ目ウミスズメ科。

サハリン、千島列島、ベーリング海沿岸、アラスカなどが繁殖地。
岩礁や岩棚上で集団繁殖する。卵は長い洋なし型で、転がしても先端を中心に円を描いて1ヶ所をまわり、移動しない。
親は卵を足の上に乗せて暖める。「オルルーオルルー」と鳴くことからオロロン鳥と呼ばれている。

観光ガイドメニューへ | ページの先頭へ

オロロン観光についてのお問い合わせ先

  • 稚内市観光課
    Tel:0162−23−6161
  • 礼文町企画観光課
    Tel:01638−6−1001
  • 利尻富士町商工観光課
    Tel:01638−2−1111
  • 利尻町商工観光課
    Tel:01638−4−2345
  • 豊富町企画観光課商工観光係
    Tel:0162−82−1001
  • 幌ぽろ−延町振興課
    Tel:01632−5−1111
  • 天塩町商工水産課
    Tel:01632−2−1001
  • 遠別町商工観光課
    Tel:01632−7−2111
  • 初山別村産業課
    Tel:01646−7−2211
  • 羽幌ぽろ−町商工観光課
    Tel:01646−2−1211
  • 苫前町水産商工課
    Tel:01646−4−2211
  • 小平町商工水産課
    Tel:0164−56−2111
  • 留萌市商工観光課
    Tel:0164−42−1801
  • 増毛町商工観光課
    Tel:0164−53−1111
  • 石狩市経済部商工労働観光課
    Tel:0133−72−3167
  • 小樽市経済部観光課
    Tel:0134−32−4111

観光ガイドメニューへ | ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせは
企画経済部観光担当
Tel:0133-72-3167
E-Mail:kankou@city.ishikari.hokkaido.jpまで