政治家情報 『ザ・選挙』TOPページ
TOP>国政選挙>政治家情報

参議院議員
松 あきら (マツ アキラ)

【出身】 神奈川県   【生年】 1947年   
【党派】公明

【HP】 http://matsu-akira.com/
【e-mail】

ザ・選挙 -JANJAN全国政治家データベース-
自己PR(主張と政策)
Matsufesto

松あきらは、めざします


出産育児一時金の増額で、生み育てやすい社会に
何かとかさむ出産費用の負担を軽くするため、将来的に現行の35万円から50万円までアップ。安心して子どもを生み育てやすい社会をめざします。

少子化対策の柱・児童手当の拡充をさらに!
少子化対策の柱として、子育て奮闘中のお母さんから数多くの支持を受ける児童手当。
中学3年生までの支給対象の引き上げや、所得制限のさらなる緩和をめざします。

子育てをもっと楽しく!「パパママ・スクール」の普及
子育てがもっと楽しく。子育てに関する悩みを専門家の助言などで乗り越え親としてどうすればいいかを身につけていく「親教育プログラム」を導入・普及します。

コンテンツ産業を世界へ 新たなビジネスチャンスを拡大します
国際的評価が高い日本の映画・音楽などのコンテンツ(情報内容)産業を世界へ発信。アジア諸国との連携強化や技術革新の活性化により、経済成長につながる新しいビジネスチャンスを拡大します。

中小企業支援で地域をもっと元気に
中小企業の資金繰り円滑化をめざし、売掛債権(販売した商品などの未回収代金)や在庫などを活用した流動資産の担保保証制度を創設し、地域経済を底上げします。

救急医療体制の充実で安全・安心の暮らしを
小児科・産科医師、看護師などの確保や救急医療体制をさらに充実。予防重視の医療・介護体制を進め、安全・安心な暮らしをサポートします。

日本を「人間の安全保障」の推進国に
私たちの生活、生命、尊厳を脅かす様々な脅威と向き合い、国連の提唱する「人間の安全保障」を積極的に推進します。紛争予防措置、持続的開発の促進、人間の尊厳の推進のための政策を提案していきます。

マニフェスト・政策一覧
全国  国政マニフェスト
未来に責任を持つ政党 2007/06作成 2007/07/11掲載   (PDF形式)

学歴
横浜雙葉学園中学
横浜雙葉学園高校1年修了後、宝塚歌劇団入団

職歴
1966年    宝塚歌劇団入団
1978年    『遥かなるドナウ』『エコーズ』で花組のトップスターとなる
1982年    退団記念公演『夜明けの序曲』にて芸術祭大賞を受賞
   その後、女優として舞台、テレビ等で活躍。日本舞踊花柳師範名取
1995年    第4回世界女性会議(北京) に出席
1996年    米国国連協会の招待で国連および米国務省幹部と会見
   国際ソロプチミスト会員

選挙情報リンク
2007年    第21回参議院議員選挙 落選
2001年    第19回参議院議員選挙 当選

議員歴
1995年    参議院議員選挙当選(新進党)
2001年    参議院議員選挙当選
   逓信委員会委員
   環境対策特別委員会理事
   行財政機構および行政監査に関する調査委員会
   行政監視委員会委員
   中小企業特別委員会
   共生社会に関する調査会
   文教科学委員会理事
   予算委員会委員
   国際問題に関する調査会委員
   厚生労働委員会
2003年    行政監視委員長

政党歴
   公明党経済産業部会長
   公明党女性局長
2003年    公明党神奈川県本部代表代行

政府略歴
2002年    経済産業大臣政務官
2005年    経済産業副大臣

備考
「輝きのとき」、「アキラ・ドットコム」
夫:西川知雄元衆議院議員

議員レポート