バリエーション

パチンコ・パチスロ専用システムボード・TAITO Type X7 ATI

主な特徴

Windows XP EmbeddedをOSに採用
OSはアプリケーション開発に有利なWindowsを採用致しました。ゲームライブラリはDirectXが利用可能で、初期費用の削減と開発効率を大幅にアップさせることができます。OSには必要最小限の機能のみが組み込まれており、CPUパワーやメモリの浪費を防ぎます。また、EWF機能によりUPS(無停電電源)は不要で、突然の電源OFFにも対応しております。
※Windows XP Embeddedの構築は、弊社にて行います。
アプリケーション開発用ミドルウェアをご提供
弊社が独自に開発したミドルウェアをご利用いただく事で、開発効率が向上し、かつ開発コストを削減する事ができます。
  • タスクシステム
  • 2D(回転・拡大・縮小・アニメーション・ビルボード等)
  • 3D(ワンスキンモデル・アニメーション・トゥーンシェーディング等)
  • SE再生
  • VOICE再生(マルチストリーミング)
  • BGM再生(マルチストリーミング)
  • ファイル読み込み(マルチストリーミング)
  • ムービー再生(マルチストリーミング)
  • I/O関連(ボタン・LED制御)
  • デバッグ支援(メモリ管理・テクスチャ管理・プロセスメータ等)
  • 簡易スクリプト機能

基本仕様

CPU Intel Celeron M 600MHz
チップセット Intel 855GME + ICH4
メモリ 512MB
ビデオ性能 ATI Mobility RADEON 9550(128MB)
オーディオ AC97 On-Board 6チャンネル オーディオコーデック
電源 24V/12V/5V
OS Windows XP Embedded
スピーカー出力 4CH
フラッシュROM 512MB〜2GB
外形寸法 205mm×150mm×26mm
 ※仕様は予告無く変更する場合がございます。

開発環境

OS Microsoft Windows XP Professional(推奨)
プログラミングツール Microsoft Visual Studio 2003 Professional(推奨)
デザインツール 3DCGツール・レタッチソフト(市販ツールをご利用いただけます)
サウンドツール オーサリングツール(市販ツールをご利用いただけます)

開発方法

  • PCとDevelopment KitをLAN上に接続し、リモートデバッグ機能を用いて開発を行います。
  • 開発中はハードディスクを使用し、最終段階でFlash ROMを使用します。
  • Flash ROMの動作確認はDevelopment Kit上で行う事ができます。
  • Flash ROMへの書き込みは、USB接続のROMライターを使用します。
    ※Flash ROM内のデータは暗号化されています。
ネットワーク接続イメージ
GET FLASH PLAYERこのサイトをご覧頂くには、 Flash Playerの最新バージョンが必要です。バナーをクリックして、最新版Playerをダウンロードしてください。