1ST YEAR
マザーハウスの1年目

■バングラデシュの想いを、日本へ

2006年3月9日(「サンキュー」の日)。
バングラデシュのみんなの想いがつまったバッグに囲まれて登記申請をして、
正式に「株式会社マザーハウス」がスタートしました。

バッグ屋として、知識も経験もない山口。
このバッグをお客様に届けるためには、どうしたらいいのだろう。
すべてが手探り状態の中、ウェブサイトを立ち上げ、友達への紹介、
そして、飛び込み営業を始めました。
はじめての営業先の大手の百貨店のバイヤーさんに「おもしろいじゃん」と言っていただき、
すこしずつバッグたちは、新しい場所で新しい人たちのお役に立てるようになっていきました。
在庫のバッグに囲まれながら眠れない夜が沢山あったけれど、
気がついてみると、160個のバッグは約二ヶ月で完売していました。

■新商品開発。再び、バングラデシュへ

2006年5月。お客様から頂いたメールを全てベンガル語に翻訳し、
そして卸し先のタグを抱え、再びバングラデシュに向かいました。
ドキドキしながら戻った工場。
少しずつ見えてくる工場のみんなの顔。
びっくりした顔をして「マダムー!!」って駆け寄ってくる。
「マダムが帰ってきたよー!!戻ってくるなんて思わなかったよー!」
本当に素直に、はしゃいでいました。
完売したこと、そして卸し先のこと、沢山のお客さんに喜んでもらえたことを伝えました。
「マダムやるじゃん!」と、また大はしゃぎのみんな。

感動の再会の翌日から、新商品の開発をはじめました。
前よりももっともっと進化したバッグを、もっと品質を向上させ、
もっと細部に対するこだわりをもって、そして、もっとお客様に喜んでいただけるように。

今度は、650個のバッグを生産しました。
大きな勇気が必要で、生産には更なる忍耐力と試行錯誤が必要でした。
そして、650個のバッグの販売活動を通じて沢山のことを学びました。
バッグの知識がないことを痛感し、日本のバッグ職人さんの下で修行をさせていただきました。
2006年10月には第一回目のお客様イベントを開催。
たくさんの方からパワーを頂き、「マザーハウスは、人と、人と、人に支えられている」そう実感しました。

■マザーハウスの転機

2006年11月、2007年春コレクションの生産を行うために、
再びバングラデシュに飛び立ちました。
いままでの工場での相変わらずのトラブル続きの毎日の中、
一つの事件が起きました。

山口のパスポートがないのです。
工場のみんなを疑いたくはありませんでしたが、
結果的に築き上げてきた信頼関係はもろくも崩壊しました。
湧き出る涙とともに、体全体を包み込む、言葉にならない脱力感。
発展途上国でビジネスを行うことの大変さを身をもって知った貴重な経験でした。

しかし、ここで負けるわけにはいかないと、一から出直し、という気持ちで新たな生産工場を探しを開始。
現地で最も信頼できる人に、その人の親戚が働いている小さなバッグ工場を紹介してもらいました。
数千人いた大きな工場ではなく、工場の一人一人ときちんとコミュニケーションをとり、
信頼関係が築けるはずの、10人足らずの小さな工場でした。

今度は、家族のように一丸となってものづくりができるはず・・・そう思っていました。

■政情不安定の中で起きた、もうひとつの出来事。

2006年1月21日は、バングラデシュで5年の1度の総選挙が行われる予定の日。
その選挙をふまえ、与野党の対立が激化し、国中でデモが起きるようになりました。
工場がある首都ダッカは包囲網が張られ、ダッカと郊外の行き来は制限。
デモは過激化し、死者が1日に何十人、何百人という数に上る日もありました。

そんなある日で、工場の前で6人が死亡するという事件が起きました。
道路が封鎖され工場に行けない。
サンプル作成に不安を抱えながらも、ホテルから電話で連絡を取り合いながら作業が進められました。

一週間後、やっと道路封鎖が解け、急いで工場に向かいました。
ボロボロの小さな工場。フェンスをあけて中に入ると、
そこには山口が買った素材も、デザイン画もなければ、工場のみんなが誰一人としていませんでした。
何度も、そして何度も、工場のパートナーに電話をかけました。泣きながら電話をかけつづけました。
しかし、いつまでたってもつながりませんでした。

「また裏切られたんだ・・・」

ゲストハウスに戻るリキシャに、山口が一人。
「自分は一体何の為にこんな国で、命張って、バッグつくってきたんだろう、馬鹿みたい」
裏切られ、逃げられ、そして残ったものは大きな心の傷。
ただただ、涙しか出ない日が続きました。
街ではデモ隊が相変わらず衝突し、ついにバングラデシュにだされた非常事態宣言。
一部の人間の利権のために、失われていくいくつもの命。
海外から来たバイヤーは、次々とこの一ミリの希望もない地を後にしていきました。

「私は何のために今までやってきたのか・・・」
それは紛れもなく、そんな希望のない地にも、希望の光は灯ることを証明したかったからだ。

「ここで逃げたら、何の意味もない。」
涙目のまま、そして足は震えながらも、一歩前に進もうと決めました。

■マザーハウスを新たなステージへ

絶対的に信頼できる生産体制の確立。
それがマザーハウスにとって最大の課題でした。
まず、信頼できる現地スタッフを。
バングラデシュでフルタイムで働いてもらえる人を雇用することにしました。
もう、裏切られることはたくさんだ。
最後の望みを託したのは、バングラデシュでデザイナー養成学校の所長をし、
また大手革工場で10年間も輸出マネージャーとして勤務した経験のあるアティフ。
彼なら、パートナーとしてやっていける。
何度も足を運び、毎日数時間かけて説得し、そして契約をしました。

ほとんどのバッグメーカーを知りつくした彼のネットワークから、
技術面、財務面、そして働く人間の信頼性という観点で優良工場を洗い出し、
その中で国内No.1の腕を持つとされるソエルというパタンナー(型紙職人)がいる工場に決めました。

外国人のバイヤーは大嫌いだ、という職人気質なソエルに、気持ちを伝え、話し合いました。
マザーハウスが、バッグにこめる想いを、精一杯伝えました。

最終的にはアティフと山口によるラフスケッチ→ソエルによる型紙起こし→アティフによる素材調達→ソエルの工場による生産→アティフによる検品作業と
品質コントロールという仕組みができあがりました。

信じられないくらいの短期間で数十ものサンプルが、スケッチから形になっていく。
それを全て日本に持ち帰り、グループインタビューやバイヤーへの紹介を通じ、修正ポイントをまとめる。
2007年1月、それらを全てバングラデシュに持ち帰り、最後のディテールをつめる作業。

2007年2月、数十にも及ぶサンプルから、バッグを9型、小物を5型に絞りました。
カラーは5色展開。ついに、生産がはじまりました。

そして、創業1周年を迎える3月9日。
新しいマザーハウスは、生まれ変わります。新しい商品とともに。

私にできることは大海に一滴の滴を落とすほどのことかもしれません。
途上国のリアルな生活を目の当たりにして、自分の無力さも痛いほど感じます。

だけど、何の為にこの世に生まれてきたのか、何の為に生きていくのか、
それを考えた時、バングラデシュでジュートに出会った私の使命は、
マザーハウスを通じて “かわいい・かっこいい”と
“社会をもっとよくしたい”と思う熱い気持ちを
一つの線の上に乗せてみることなんだと思いました。

見過ごされていた沢山の技術や可能性に光をあてる会社でありたい。
身につけてくれる人に知らなかった世界と感動を伝えたい。
そうすることで、バラバラの世界がずっとずっと近くなるって信じています。

マザーハウスはもっといい社会を作りたいと思う、バッグ屋さんです。

マザーハウス代表 山口 絵理子