[PR]テレビ番組表
今夜の番組チェック

ダブ顔研究ー顔はダブ男の履歴書ー

顔は音よりものを言う。レコードに針を落す前に、CDの再生ボタンを押す前に、彼らの顔を凝視せよ!

データ/顔評 仕事/音
名前:リー・スクラッチ・ペリー
本名:レインフォード・ヒュー・ペリー
生誕:1936年
出身地:ジャマイカ北西部ケンダル
顔属性:アシッド系(ガンジャ系)


君の電波は何ガロン?と思わず、くるり風に聞きたくなるような強烈な電波を随時、受信/発信しているアシッド顔。来日時に電柱を通して、日本全国にグッド・ヴァイブを送った逸話の持ち主。アシッド系と分類はしているが、身体の中はいつもガンジャの煙で満たされている。彼の顔は我々の深層意識を常に刺激する。誰もが見たことのある顔なのだ。池袋や新宿の駅に、山谷や寿町の路上に、熱帯雨林の部族に、どこにでも彼はいる。存在のダブ化。
60年代はじめに、コクソン・ドットのスタジオ・ワンでレコード・プレスの仕事に就いたのをきっかけに音楽業界入りし、以降、同レーベルのオーディション運営係を経て、プロデューサー、更にはシンガーとしても活躍した。60年代中頃にスタジオ・ワンを離れてからは、ジョー・ギブスらの下を経て、68年に自身のレーベル、アップセッターを興した。メジャーデビュー前のボブ・マーリィと優れた作品を残したのもこの頃。72年にはキング・タビーと初のステレオ・ダブ作品を制作し、74年には自宅兼スタジオ、ブラック・アークを完成させるが、79年に焼失その後、海外でのプロデュース業が増え、レゲエ以外のアーチストのリミックスを手掛けた。90年からはスイスに移住。
名前:キング・タビー
本名:オズボーン・ラドック
生誕:1941年
出身地:ジャマイカ/キングストン
顔属性:ダウナー系(弱アッパー)

単なる油ギッシュな肉体労働者系のようでもあるが、北島三郎やフェラ・クティのようなカリスマ性も感じさせる 微妙な顔。
若い頃の王冠を被った彼の顔は凛々しくもあったが、歳をとるにつれて、駄目親父顔に。いや、ダブを生み出し、ジャミーやサイエンティストといった名エンジニアを輩出したダブ親父の顔だ
50年代の終わりにラジオ修理工を始め、68年に自身のサウンド・システム「キング・タビーズ・ハイファイ」の運営を開始。このサウンド・システムがダブ誕生のきっかけとなる。その後、スタジオも完成し、エンジニア、プロデューサーとして大活躍。80年代に入ってからはレーベルを設立し、多くの新人を手掛けていたが、89年に殺害された。
タビーがレゲエだけでなく、多くの音楽に影響を与えた功績は、ミックス・ダウンの最中にヴォーカルや各楽器の音を抜き差ししたり、ディレイやリヴァーブを過剰にかけたりして、遊び心溢れるセンスでダブを発明したこと
名前:キング・ジャミー(前プリンス・ジャミー)
本名:ロイド・ジェイムス
生誕:1947年
出身地:ジャマイカ/モンティゴ・ベイ
顔属性:ダウナー系

蛭子さん直系の典型的ダウナー顔。タビーから「キング」を世襲し、トップ・プロデューサーという地位になれたのも、
きっと、人柄がよく、世渡り上手だったからであろう。そこが蛭子さんと違うところだ。蛭子さんは、人にどんな失礼なことを言っても平気な、事実のみを語る正直者だし、麻雀で久しぶりに勝って、金を握り締めているところを警察に踏み込まれるような不運な男だから。ジャミーとは関係ない話か。
サウンド・システム用の機材の修理や制作から、キャリアを開始し、81年には、キングストンのウォーターハウスに自分のスタジオを設立した。10歳の頃から、タビーのスタジオに出入りしていたが、一時カナダに渡り、エレクトロニクスを学んで、17歳の時に帰国。その後、本格的なタビーの門下生となっている。
ジャミーは85年にそれまでのレゲエを覆すような衝撃的なコンピューターライズド・トラック「スレンテン」を生み出し、現在、トップ・プロデューサーとして君臨している。
ちなみに、プリンス・ジャミーの名での活動のほとんどはキング・タビーのスタジオで録音されている。
前:ジョー・ギブス
本名:ジョエル・ギブソン
生誕:1945年
出身地:ジャマイカ/モンティゴ・ベイ
顔属性:アッパー系

真ん丸の顔は恐いんだが、かわいいんだか、よくわからないがやっぱり恐い。彼とエロル・トンプソンの関係は、さしずめギャングのボスとボディガードといったところか。この2人のそり込みコンビが幅を利かせていたという事実から、当時のジャマイカ音楽界の仁義なき世界ぶりがわかるだろう。
65年にレーベルを設立。
70年代に入ってからはスライ・ダンパーを中心としたプロフェッショナルズを配し、エンジニア兼プロデューサーにエロル・トンプソンを起用して、デニスブラウン、カルチャーなど多くのアーティストを手掛けた。
彼自身はダブ・エンジニアではなく、音楽的な面はエロル・トンプソンに全て任せっきりで、レーベルやスタジオ運営等ビジネス面を担当。
顔同様、ヤクザな仕事ぶりを発揮し、当時の看板グループ、カルチャーに逃げられた
名前:エロル・トンプソン
出身地:ジャマイカ
顔属性:アッパー系

でこの出っ張りが尋常ではない。マイク・タイソンや辰吉丈一郎に通じるボクサー顔。
ボディーガードとしても一流だったであろう。これは妄想だが、当時、売れっ子だったことをいいことに、ジョー・ギブスと組んで、散々悪いことをしたのだろう。現在、2人とも音楽ビジネスから手を引いているという事実から、勘繰りたくなる。本当に悪い世界に足を突っ込んでしまったのかもしれない。
70年代に入り、ランディーズ・スタジオでエンジニアとして働いていた彼をジョー・ギブスが自分のスタジオに引き抜いたことによって、彼の名が一躍有名になる。多くのエンジニア/ミキサーが、その名を馳せるとプロデューサー業をするようになるが、彼は自分名義のプロデュース作が多少あるものの、あくまでジョー・ギブスの右腕的存在を務めた。
彼のミックスしたダブの特筆すべき点は、それまでの他のダブと違い、かなり大胆な音の処理をしているところ。爆発音や水の流れる音などの効果音を新たにトラックに被せ、顔同様の激しい攻撃的なダブを生み出した。
名前:リントン・クウェシ・ジョンソン
生誕:1952年
出身地:ジャマイカ、11歳でロンドンへ
顔属性:アッパー系

異様に縦長の輪郭、凍てつくようなドスの効いた鋭い眼光、でかいメガネ、巨根を匂わす立派な鼻、意志の強さを感じさせる分厚い唇。そして、そこから繰り広げられる不気味なほどに低く静かな過激な言葉たち。恐い。絶対に敵にまわしてはいけない、と本能的に人に思わせる超アッパー顔。
ロンドンのカリブ系黒人の居住地区ブリクストンに移住後、デニス・ボーヴィルらと共にレコーディングしたアルバム「ドレッド・ビート・アンド・ブラッド」で78年にデビュー。ブリティッシュ・レゲエのダブ・サウンドにジャマイカ訛りで詩をのせるダブ・ポエットを確立した人物として、認知されるようになった。
全体主義や一党支配に傾くことのない、真の社会主義を標榜する彼の活動は、有色人種を公然と差別する団体・組織が増えているにもかかわらず、困難な問題から目を背ける傾向にあるUKレゲエ・シーンにおいて、最後の砦と言えるかもしれない。
名前:デニス・ボーヴィル
生誕:1953年
出身地:バルバトス、12歳でロンドンへ。
顔属性:アッパー系

輪郭、頭の形が奇抜であり、一見、愛敬がありそうだが、キレると手におえないのが、この顔である。
ジョー・ギブス&エロル・トンプソンコンビが、わかりやすい恐さ、つまり実はあまり恐くないのに対し、デニス・ボーヴィル&LKJの恐さは、天井知らずである。普段は真摯で愛敬があったりするのだが、何か言ってはいけないNGワードを発した瞬間、急に爆発しそうな、ポリシーに裏付けされた恐さである。
ロンドンでのサウンド・システムの仕事を経て、ギタリストとして72年にマトゥンビを結成。78年に発表し「セブン・シールズ」が好セールスを記録し、同時に自身のダブ・アルバム「ストリクトリー・ダブ・ワイズ」も高く評価され、以後、ザ・ダブ・バンドのベーシストとして主にリントン・クウェシ・ジョンソンのバックを務める。
彼は、ミュージシャン、シンガー、エンジニア、プロデューサーと多彩な才能を発揮。自身のダブ作を発表する一方で、ジャネット・ケイなどのラバーズ・ロックを手掛け成功に導いている他、ポップ・グループやスリッツ、レインコーツ等、当時のニューウェーブのプロデューサーとしても大活躍した。
名前:マッド・プロフェッサー
本名:ニール・フレイザー
生誕:1955年
出身地:南米ガイアナ、70年代はじめイギリスへ
顔属性:アッパー系

狂った教授というよりも、ギャングのボスか、人民寺院のガイアナ出身だけあって、カルト教団の教祖かと思わせるほど、胡散臭い顔である。この顔が作ると、甘ったるいラバーズ・レゲエ
も、エロになる。しかし、リー・ペリーと長く付き合っているところをみると、実は面倒見のいい、辛抱強いナイス・ガイなのかしれない。
70年代はじめにイギリスに移住後、しばらく電気の技術者として働く。しかし、好きだった音楽の道が捨て切れず、自宅にスタジオを作りほとんど独学でプロデュース/エンジニアの世界を歩み始める。現在ではUKを代表するレゲエ・レーベル、アリワの主宰者。
彼のダブの特徴は、ジャマイカンとは一味違った斬新な発想と、それを裏打ちするテクノロジーに精通したハイ・レヴェルなサウンドだ。また、LA暴動や人種隔離政策の頃の南アメリカを問題をテーマに置くなど、硬派で過激な一方で、甘いラバーズ・ロックを手掛けるなど、軟派でエロな二面性を持っている
名前:ボブ・マーリィ
本名:ロバート・ネスタ・マーリィ
生誕:1945年2月6日
出身地:ジャマイカ/セント・アン
顔属性:仙人系

遠くを見つめる悲しいげな目。ブルース・リーがそうであったように、ボブの顔には戦闘的な表情の後に、フッと突然切ない表情が現れる。何かを悟ってしまったかのような顔だ。若い頃のボブはアッパー系だったが、ドレッドが腰まで伸びた頃には仙人系だった。
50年代中頃にキングストンに移り住み、バニー・ウェイラーと出会い音楽活動を開始する。62年、レスリー・コングのプロデュースでソロ歌手として初録音。63年、ウェイラー、ピーター・トッシュらと6人組のザ・ウェイリング・ウェイラーズを結成し、コクソン・ドットのプロデュースでデビュー。69年、3人組になったウェイラーズはプロデューサーのリー・ペリーと組み、バックにバレット兄弟を得て活動開始。72年、アイランド・レコードと契約して世界に飛び立つ。81年、マイアミで死亡。
アイランド時代のボブはロックだったが、リー・ペリーと組んでいた頃の彼の声は、かなりダブだった。
名前:オーガスタス・パブロ
本名:ホレス・スワビィ
生誕:1954年
出身地:ジャマイカ/セント・アンドリュウ
顔属性:仙人系

若い頃から、パブロの顔は、すでにストイックな仙人の域に達していた。他のジャマイカンが持っているようなハングリーなギラギラ感が一切感じられない。敬虔なラスタファリアンである彼は、食べ物はもちろん、あらゆる件について著名なブッシュ・ドクターの指示を仰いでいたという。そう、彼はベジタリアンであるだけでなく、自身が植物なのだ。そういえば、彼の髪や髭は、また別の植物のようだ。
初レコーディング曲は69年、ランディーズ・スタジオの「イギィ・イギィ」。その後もクライヴ・チンやリー・ペリー、バニー・リーなど多くのプロデューサーの下で録音するが、彼らのプロダクション・ワークに対する不満から、自身のレーベル、ロッカーズを興す。エンジアとしてキング・タビーの協力を得ながら、ジャイコブ・ミラーらの制作を手掛けた。80年代後半には当時の時流にのって、コンピューターライズドのトラックでプロデュースを手掛ける。99年死亡。
パブロはエンジアではなく、メロディカ/キーボード奏者だが、ダブを語る上で絶対避けられない最重要人物。彼のメロディカがレゲエ特有のドラムとベースに重なると、不思議とダブに聞こえてしまう。
名前:キース・ハドソン
生誕:1946年
出身地:ジャマイカ/キングストン
顔属性:インテリ系

ゲットーの歯科医でギタリスト、シンガー、プロデューサーである彼は、ダブ・マスターに珍しく知性を感じさせる、品のある顔をしている。ひょっとして高学歴なのか?それではつまらない。社会的評価と堕部的評価は反比例しているのが定説だ。堕部的には、ブラック・ジャック的なもぐりの医者であってほしい。ラスタには無料で治療するが、バビロンの人間からは多額な金を請求するような。もちろん、麻酔は強力なガンジャで
ミュージシャンで歯医者ってことは、サエキけんぞうの先輩?
あまり知名度はないが、タビー、トンプソン、そしてペリーと並んで初期のダブの四天王のひとりとされている。彼の最初のレコーディングは14歳のとき。1967年には彼自身のレーベル「Inbidmts」を設立。70年代初頭にはホレス・アンディ、アルトン・エリス、ビッグ・ユース、Uロイ、ソウル・シンジケートといった一流どころをプロデュースしている。73年には初期の代表的なダブ・アルバムのひとつ『Pick A Dub』を制作。74年には黒人の歴史をモチーフとしたレゲエ史上初のコンセプト・アルバム『Flesh of My Skin,Blood of My Blood』をリリース。77年にはニューヨークに渡り『Brand』を制作。84年に癌のため38歳の若さで死去。
ハドソンのダブには、例えばペリーのような効果音などは一切使われていない。緊張感のあるアブストラクトなダブ空間が展開される。
名前:エイドリアン・シャーウッド
出身地:イギリス
顔属性:ツルピカ系

ダブの偉大な先人たちに比べると、基礎となる顔力の弱さは否めないが、頭の輝かり具合は評価できる。
きっと、どうすれば、オリジナル・ダブ・マスターのようなエキセントリックな顔つきになれるか、苦悩した結果なのだろう。
71年に初めてサウンド・システムに行き、ダブに取り憑かれる。10代の頃、レゲエDJプリンス・ファー・アイのツアー・エンジニアとしてキャリアをスタート。78年にON-Uサウンド・レーベルを興して本格的に活動を始める。一時レゲエから離れ、ミニストリーやキャバレー・ヴォルテールのレコードを手掛けていたが、87年にリー・ペリーとの仕事をきっかけに再びレゲエの世界に戻ってくる。プレッシャー・サウンズ・レーベルでは、過去の埋もれた名作を発掘する地味ながら意味のある仕事もしている。
ON-Uサウンドは、ヒップホップやハウスといった新興ジャンルにも共鳴しながら、エキセントリックでアグレッシヴな音を築き上げた。
名前:内田直之
出身地:日本
顔属性:ハイブリッド系

素晴らしい。彼はダブの基本は顔からだということに気付いた新世代のダブ・マスターである。偉大な先人たちのおいしいところを引用し、自分なりの処理を加えている。これをダブ顔と呼ばなかったら、なんと呼ぶのだろう。頭はダブの創始者キング・タビーから、髭は奇才リー・ペリーから、そしてサングラスはエロ技師マッド・プロフェッサーから、輪郭は音遊達人エイドリアン・シャーウッドから、それぞれ引用、リミックスされている。
好きな漫画家は、安部慎一、鈴木翁二などの激ストイック系。そんな雰囲気が顔からも発せられている。
高校3年生のとき、ラモーンズのコピーバンド結成。ボーカルを担当。卒業後、同級生に誘われるまま、エンジニアの専門学校に入学。学校に行く途中のレコード屋でダブという音楽に遭遇。初めて買ったダブのレコードはサイエンティストもの。以後、ジャマイカ人の背後霊がついたようにダブを聴きまくる。卒業後は、町のスタジオに務め、無名アイドルや声優のやっつけ仕事に追われる日々を過ごす。そんなときに、新宿のレゲエ飲み屋で知りあった秋本武士に誘われ、ドライ&ヘビーに参加。同時に仕事場も現在の自由度の高いスタジオに移動。ここからすべてが好転。あちこちで引っ張りだこで、パラダイス・ガラージ、リトル・テンポ、SOFT等課外活動も盛ん。
彼のダブ哲学は、やはりストイックな空間操作にある。ライヴPAでは、ぶっといベース音にこだわり、自分の聴きたい気持ちいい音のみを追求する。

あなたの街のダブ顔人間、大募集!!

戻る