幾千にも砕けたドミナリアで

幾千にも砕けたドミナリアで・異なる現実の、同じ顔ぶれ混乱の時代

Translated/Compiled by YONEMURA "Pao" Kaoru


 ドミナリアの時間の枠組みは、お互いに擦れあうのをやめ、本線を見失ってばらばらになりました。時間流は単に過去と現在を混ぜただけではなく、数多くの別の歴史をごちゃごちゃに混ぜあわせてしまいました。それらの異なるドミナリアは、我々の知る世界と奇妙に重なり合い、見知ったものと見知らぬものを組み合わせています。

 プレインズウォーカーの灯を失ったテフェリーは、並行世界の構造を侵食する次元流の修復になおも取り組んでいます。彼はジョイラとヴェンサーの協力を得て、シヴ地域をドミナリアに復旧させ、次元流を1つ直すことに成功しています。しかし、彼らがテレポートして向かうアーボーグでは、他のドミナリアの混沌という危険が待ち受けています。

 アポカリプス後のドミナリアで呪文を紡ぐ人は、彼らの呪文自身を制御することにも心血を注ぐ必要があります。他の並行世界では、呪文が同じように働いてくれるという保証は全くないのです。

 何千年にも渡って繰り返されるアポカリプスの後、ドミナリアのマナ構成は配列を失い、根本原理からも切り離されます。マジックの法則は拘束力を失いました。アライアンスは失われ、伝統は真っ二つになります。

 可能性が次元を超えて広がり、無数の描きなおされた歴史が1つの混沌の時間の流れに合流していくなかで、誰が機会を掴むのでしょうか?


HOME 原文(英文記事)