2008年03月19日 更新

短髪&男装のホマキが帰ってくる!フジ系「花ざかり−」SP

 昨年7月期放送のフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」がスペシャルドラマで帰ってくることが18日、分かった。女性ファンの“イケメン”への熱い思いは冷めやらず、公式HPへの総アクセス数は何と3億7600万件に。イケメン出演陣のひとり、生田斗真(23)は「放送日(未定)はテレビにカブりついてイケパラ祭りに参加して」と呼びかけている。

 全国の女性ファンのラブコールに応え、イケメンたちが帰ってくる。

 「花ざかり−」は、女性であることを隠し、男子高校に編入した堀北真希(19)ふんする主人公・芦屋瑞稀と、走り高跳び選手の佐野泉(小栗旬)、瑞稀に恋心を抱く中津秀一(生田)らを軸に、友情と恋愛を描いた学園ドラマ。

 男役に初挑戦した堀北の短髪と男装、そして小栗をはじめとする芸能界えりすぐりの若手イケメン出演者が人気を集め、平均視聴率は17.3%、最終回の2時間スペシャルは21.0%を記録し、日本列島にイケメン旋風を巻き起こした。

 フジによると、今回のスペシャル版は、女性だとバレた瑞稀が、桜咲学園を去った半年後からスタート。学園はバレンタインデーを間近に控え、イベントで盛り上がっている。その頃、佐野と中津は、夏休みの最後の1週間の出来事を振り返っていた…。

 実は、この1週間がポイント。夏の合宿がテーマの7話と、2学期が始まった8話の間にあたる期間で、連ドラでは触れていなかった。瑞稀とイケメンたちの間に起こった様々な出来事を描くという。

 もちろん、学園の卒業式や、瑞稀と佐野の恋の行方も見どころ。森安彩プロデューサーは「外見だけでなく、自分自身、そして仲間を誇れるハートこそが、イケメンにとっての不可欠なエッセンスだと皆さんに感じ取ってほしい」と話している。

 再び髪の毛をバッサリと切り、「瑞稀のテンションに戻れるかな?という不安はなくなりました」と堀北。「またパワフルな瑞稀を演じられるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 また今作で人気を決定的なものにした小栗は、「連ドラのときにはやれなかったアイデアを出してみたりして、もう一度高校生をやってみたいと思います。頑張ります」とコメント。撮影は19日にスタートする。

★フジ系番組HP13週連続1位

 「花ざかり−」の公式HPは昨年6月25日から9月23日まで、同局の番組HPの中で13週連続の1位を記録。「のだめカンタービレ」が持つ4週連続1位の記録を軽々と塗り替えた。昨年度の年間アクセスランキングは2位(1位は『あいのり』)。また今年1、2月にポニーキャニオンから発売されたDVDは、上下巻で約8万本(14日現在)のヒットになっている。