MSNミュージック インタビュー Mr.Children

広告


Mr.Children インタビュー&作品解説

桜井和寿:「手作りというか、人の体温が感じられるようなアルバムだなと思って、最初は“HOME MADE”とか“ホームグラウンド”とかそういう感じのタイトルをイメージしていたんです。だけど、何か限定されちゃうような感じがして最終的に『HOME』が一番アルバムらしいな、と」

作詞/作曲/歌を手掛けるボーカルの桜井氏は、今回のアルバムのタイトルを決めた理由をこの様に語ってくれた。前作より1年半というインターバルで届けられた、Mr.Children13枚目のオリジナル・アルバムとなる今作のタイトルは「HOME」。宿題を表すHOME WORK、自家製の意味を持つHOME MADE、本拠地を指すHOME GROUND、戻ってくるとの意味を持つHOME IN、そして、本来の意味である家庭や家、戻るべく場所を表すHOME…。その前後に色々な言葉を当てはめ、その都度、様々な意味合いを持ってくる、この言葉。とは言え、そのどれもが、なんとなく一つの雰囲気を醸し出している気がしてならないのも事実。そう、それこそどの言葉も、あの温かくも生活感のある独特の雰囲気を思い浮かばせてくれるのだ。

“今まで以上に全体的に暖かく、生命力と躍動感に満ちたアルバムになったな…”と、思いながら聴いていた今回のアルバム。彼ら自身、今作に向き合うにあたり、下記の事を目指していたという。

桜井和寿:「いろいろ話をして、“次はこういうことだよね”って、自分たちの中にあるメッセージとか聴いて欲しいことに、今回はあまりストイックに向かっていない。もっと身近なことだったり、逆にもっとぼんやりと、ただ当たり前のようにあるものをそのまま形に、音にしたいという気持ちが強かったですね。 他の可能性を潰さないようにと、漠然とした曖昧な感覚で作っていたから、音楽の力によって呼び起こされるものがとても多かったです」

まさに天に向かっての叫びの様なM-1.『叫び 祈り』を皮切りに、生命観溢れるサウンド、急展開で入るホーンがポップさに輪をかけ、ラストに向かうに連れの広がりが印象的な「Wake me up! 」。人と人との繋がりを感じさせる、日常的ながら深みのある歌詞が印象的な「彩り」。M-4.には疾走感のあるダイナミックなヒット曲『箒星』が。世の男性諸氏は、その確信をついた歌詞にドキッとする事受け合いの『Another Story』に、スリリングでジャジー&スウィンギンなムードが、自分の日常をフッと振り返させる『PIANO MAN』。M-7.にはフルートが涼しげな雰囲気とどこか郷愁性を誘う『もっと』。続いて、聴いていて優しい気持ちになれる『やわらかい風』。そして、映画『どろろ」の主題歌にもなったアッパーな『フェイク」と、女性コーラスもフィーチャーしたドラマティックな『ポケット カスタネット」が。M-11には切なくも上昇感や希望感溢れる『SUNRISE』。そして、大ヒット曲『しるし』。雨上がりの清々しさや晴れた視界を思わせる『通り雨』に、ラストに相応しい今作の帰着点とも言える『あんまり覚えてないや』といった全14曲。