~寒くたっていいじゃないか~
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
« 2008/03 »
2008/02/24 - 自作ソフト
三点リーダの嵐を見ていてふとこんな言語を作ってみました。

画像ファイル "http://file.not6.blog.shinobi.jp/080225.png" は壊れているため、表示できませんでした。
プログラミング言語「長門有希」


●言語仕様
内部に用意されたメモリに対し、'…'を書くとプラス1、'……'を書くとマイナス1します。
メモリの参照先は'………'で左に、'…………'で右に1バイトずれます。
'……………'でユーザから入力を取ります。
'………………'で現在のメモリ内容を文字として出力します。
各…命令は'。'とかの適当な文字で区切ってください。
区切らないとどの命令なのか区別がつかなくなってしまいます。
「~」と書くと、現在のメモリ内容が真の間'~'に書いた命令を実行し続けます。

ようは「…」だけでやるBrainFuckです。
最初は「…」でラムダ計算をやれるようにしようと思ってたんですが、なんか面倒になってBFに逃げました。

上のリンクをクリックすると出てくる入力欄にプログラムを入れればブラウザ上で実行できます。
実行部分は前作ったBrainFuckコンパイラに置換ルーチンを加えただけのものなので、ブラウザ上からWindowsの実行ファイルも作れます(Firefoxのみ)。

ちなみに、上の長門有希言語で書いた「Hello World」は下のような感じになります。

…………。…。…。…。…。…。…。…。…。…。
「………。…。…。…。…。…。…。…。…。…………。……長門有希」
………。………………。…………。…。…。…。…。…。…。…。
「………。…。…。…。…。…………。……
そう
………。…。………………。…。…。…。…。…。…。…。………………。
………………。…。…。…。………………。
「……

…………。…。…。…。…。…。…。…。…。
「………。…。…。…。…。…………。……
そう
………。………………。…………。…。…。…。…。…。…。…。…。…。…。…。
「………。…。…。…。…。…。…………。……
別に
………。………………。…………。…。…。…。…。…。…。…。…。
「………。…。…。…。…………。……どうぞ」
………。………………。…。…。…。………………。
……。……。……。……。……。……。………………。
……。……。……。……。……。……。……。……。………………。
「……わりと」
…………。…。…。…。…。…。…。…。…。
「………。…。…。…。…。…………。……」
………。…。………………。
「……怒り君」
…。…。…。…。…。…。…。…。…。…。
………………。


…すごくイタイですね。









トラックバック
トラックバックURL:

  • 長門とBrainFuck
      どうも世界的に長門+BrainFuckの時代が来ていたようです。 プログラミング

      2008/03/13 | なつたん






  • コメント





    コメントを書き込む