京阪電車 大津線 公式webサイト keihan-o2.com o2news 最新情報 o2utilities 路線図・運賃・時刻表 o2stations 大津線の各駅紹介
o2talk ゲストとの対談コーナー o2crew 大津線を支えるスタッフの素顔 o2trains 個性的な高性能小型車たち
ホーム > o2stations > 皇子山駅
currently Japanese only
皇子山駅タイトル 大津線の全27駅を毎月ご紹介するコーナーです。観光・まちあるきスポットや、沿線のおいしいお店、ステーション・スタッフおすすめのスポットも紹介します。皆様からの情報もお待ちしています!
第24回: 石山坂本線 中ノ庄駅
バックナンバー
第23回: 石山坂本線 唐橋前駅
第22回: 石山坂本線 皇子山駅
第21回: 石山坂本線 松ノ馬場駅
第20回: 石山坂本線 粟津駅
第19回: 石山坂本線 京阪膳所駅

第18回: 京津線 上栄町駅

第17回: 石山坂本線 京阪石山駅

第16回: 石山坂本線 別所駅
第15回: 石山坂本線 瓦ヶ浜駅
第14回: 石山坂本線 島ノ関駅
第13回: 石山坂本線 錦駅
第12回: 京津線 大谷駅
第11回: 石山坂本線 滋賀里駅
第10回: 石山坂本線 坂本駅
第9回: 石山坂本線 近江神宮前駅
第8回: 京津線 四宮駅
第7回: 石山坂本線 石場駅
第6回: 石山坂本線 穴太駅
第5回: 石山坂本線 京阪石山駅
第4回: 京津線 追分駅
第3回: 石山坂本線 南滋賀駅
第2回: 石山坂本線 石山寺駅
第1回: 京津線 京阪山科駅
所在地 大津市皇子が丘2-5-1
別所へ0.5km / 近江神宮前へ0.6km
石山寺へ8.5km / 坂本へ5.6km
開業 1946(昭和21)年3月1日
乗降客数 4950人/日(2003年11月調べ)
のりかえのりかえ JR湖西線(西大津駅)
バス京阪バス・江若交通バス(西大津駅) 近隣施設
16 国道から石山駅 公園プール皇子が丘公園
26 湖岸から石山駅 寺社早雄神社
47 山科駅 ホテル旅亭紅葉 ビジネスホテル西大津
66 浜大津 / 比叡平 ショッピングジャスコ西大津店
穴太線 県庁前・大津駅 / 唐崎駅

統合駅として誕生

皇子山駅が開業したのは戦後間もない1946(昭和21)年3月1日のことでした。当初からいわば新設中間駅として開業したことになります。国鉄湖西線の開業は1974(昭和49)年ですから、乗換需要の掘り起こしのために作ったとも思えません。
皇子山駅全景
タイル貼りの柱が印象的な現・皇子山駅はまもなく使命を終えます。
これまで、o2stationsでもお話ししてきましたが、大津線には戦時中に休止のやむなきに至り、その後再開した駅や、再開することなく廃止されてしまった駅もたくさんあります。秘密は、そこに隠されています。皇子山駅は、二つの廃駅を統合する形で、中間点に設置されました。
皇子山駅が開業すると同時に廃止されたのは、1945(昭和20)年5月15日に休止された山上(やまがみ)駅。また、皇子山駅と近江神宮前の間には1944(昭和19)年8月15日、休止することなく廃止されてしまった「漣(さざなみ)」駅がありました。
もっとも、漣駅が新設されたのは1929(昭和4)年10月10日ですから、わずか15年足らずの命だったことになります。
漣駅跡地
山上駅跡地
漣駅は、跡地の皇子山から一つ目の踏切に「漣」の名を残します。かつての始発駅・山上は、石山寺ゆきホームの壁の跡が残り、低床車・高床車の使い分けや坂本よりの階段を「地層」のように語ります。
一方の山上駅ですが、こちらが開業したのは1927(昭和2)年5月15日。当時の琵琶湖鉄道汽船は山上から松ノ馬場までと、三井寺−兵営前(現・別所)間が一気に開業し、同年8月13日に坂本まで延伸され、9月10日に兵営前−山上間が結ばれるという形になりました。
このような、両端が先に開業していて最後に真ん中が結ばれる例は、他には東京の地下鉄日比谷線のほか、○○東線と○○西線、あるいは○○南線と○○北線と名の付くJRのローカル線にも見受けられます。
日比谷線
最後に真ん中の東銀座−霞ヶ関間が開通した東京メトロ日比谷線。

皇子山駅の開業は山上駅の廃止と同時のことですが、このような「統合駅」の例はそんなに珍しいことではありません。たとえば東京の京王電鉄・井の頭線の「駒場東大前」は「駒場」と「東大前」が1965(昭和40)年に統合された駅です。また、京浜急行本線の「新馬場」は1976(昭和51)年に高架化と同時に従来の「北馬場」「南馬場」が統合されて誕生しました。そのために同駅は非常に長いホームが特徴で、上り線が地平、下り線が高架だった数ヶ月間、下り線の駅は「北馬場南馬場」と呼ばれていました。同じ京急逗子線の終点、「新逗子」は1985(昭和60)年に「京浜逗子」「逗子海岸」が統合されたものです。また、2003(平成15)年に近鉄から移管された三岐鉄道北勢線では、翌2004(平成16)年に「大泉東」「長宮」が「大泉」に、さらに2005(平成17)年には「六把野」「北大社」が「東員」に統合されています。

皇子山駅は1974(昭和49)年、国鉄湖西線・西大津駅の開業に伴い乗換駅になります。以後、湖西線沿線の開発が進むにつれ、沿線から大津市の中心部に向かう玄関口としての重責を担い、お客さまの数も増え続けるともに、周辺地域の商業化も著しく、高層マンションの建設ラッシュやショッピングセンターなど、石山・膳所・浜大津に続く大津の第四の核として存在感を増しています。

近鉄北勢線
上から、長〜いホームの新馬場駅、8両編成を入れるために統合した新逗子駅、駒場東大前駅、近鉄時代の北勢線。

いい汗流そう

駅の西側丘陵地一帯は「皇子が丘公園」。「皇子が丘」の名、天智天皇の皇子である弘文天皇=大友皇子にちなんでのものです。隣の「兵営前」(=別所)と並んで軍の匂いが強い場所で、戦後は米駐留軍宿舎用地となりましたが、当時の上原茂次市長をはじめ市議会、市民が一体となって繰り広げられた返還運動の結果、1962(昭和37)年に市に無償賃付され現在の公園の基礎ができあがりました。

特にスポーツ施設は充実。多目的体育館、グラウンド、テニスコート、弓道場、温水プールに加え、夏は屋外プールも愉しめます。「子供の城」と云うアスレチック広場もあり、家族連れにも人気のスポットです。
また、びわ湖の眺望はもちろん、「四季の森」の草花や、桜や紅葉など、四季折々に自然を楽しめます。たとえば交通公園の一角にある早咲きのハツミヨザクラの林は、3月中旬頃に一足早い花見ができる隠れ名所であり、「大津で最初に春が来る公園」として有名です。
毎年5月の第2日曜にはこの皇子が丘公園一帯で「大津っ子まつり」が開かれます。技術課車両係の力作、ミニ700形電車がデビューしたのは2005(平成17)年の「大津っ子まつり」でのことでした。
多目的体育館
グラウンド
プール
子供の城
スポーツの聖地、皇子山。体育館、グラウンド、プール、「子供の城」。下はミニ700形がデビューした05年の大津っ子まつり。
大津っ子祭り

「皇子山」の響きからスポーツを連想される方は多いでしょうが、駅のすぐそばは「皇子山球場」もあります。正式には「皇子山総合運動公園野球場」と云い、1960(昭和35)年7月18日の完成以来、高校野球、関西学生野球連盟や関西六大学野球連盟などのほか、プロ野球のオープン戦や2軍戦にも用いられ、たくさんの観客で賑わいます。
この皇子山球場は両翼91.5m、中堅118.5mの本格的な球場で、東京ヤクルトスワローズのホームグラウンド、神宮球場(両翼90.9m、中堅112.3m)と比べてもその広さがお分かりでしょう。しかも現在工事中で、完成時には両翼100mと、さらに大きく生まれ変わる予定です。

皇子山球場
本格的な皇子山球場。

早尾神社と千石岩

旧跡に乏しい印象のある皇子山ですが、しっかり神社もあります。皇子が丘公園の上の道を歩くと、長等山山上に向かって参道が伸びています。参道を登り、西大津バイパスを越えた山腹にあるのが「早尾神社」。伝によると貞観年間(859〜877年)に智証大師が園城寺(三井寺)を再興したとき、日吉大社の早尾社を勧請し、鎮守としたのが始まりと云います。
周辺の再開発が進み、マンション等の建設ラッシュで人口は増加する一方、毎年5月5日の祭への参加は年々減っていました。しかし、あるマンションの自治会がまるごと早尾神社の氏子となり、御輿を担いだり境内掃除などをして神社との交流の輪を広げているそうです。マンションの自治会が氏子になるのは珍しいことで、様々な方面からの注目を集めています。

そしてこの神社からさらに登ると「千石岩」という巨岩があります。名前の由来には諸説あり、「米俵千石を積み上げた形」「岩面が米俵千石が並ぶ広さであるから」「びわ湖が今より広かったころ千石積みの船をつないだから」等々。ロッククライミングの名所として有名ですが…編集部はさすがにここまで登れませんでしたので、写真はぜひ皆さんでチャレンジしてみてください! やっぱり皇子山は「スポーツの街」なんですね。

早尾神社
丘から一帯を望む
マンションの自治会が氏子になった早尾神社。皇子山はその利便性ゆえ近年、マンション建設ラッシュの様相を見せています。

皇子山駅について語る
「お客さまも駅が動くのには関心があるようですね」
運輸課 ステーションスタッフ
肱岡孝則

−皇子山は最も忙しい駅だそうですが。

運輸課 ステーションスタッフ 肱岡孝則
「安全に、スムーズに乗っていただけることを第一に考え、心をこめてご案内してます」
はい、結構お客さまが多いので階段のところが一番気になりますね。スロープが無いんでね。
幼稚園の送り迎えのお母さんが多いんですよ。よちよち歩きの子は手を繋いであげて。赤ちゃんを連れてて、しかも荷物が多いので、ベビーカーを一緒に持ってあげます。階段だけでなく、構内踏切を渡らはるときも気になりますね。それで前を持って、という風にすることがありますね。「一緒に」云うのは、僕一人だったら赤ちゃんが不安がるので…。

−おお、確かに。すごい経験則ですね。

柄にもなく好きなんです、ちっちゃな子供。(笑)
皇子山駅はJR西大津駅とと近いようで結構しんどいんですよね。どうしても電車が見えたら走ってしまう。もう飛び乗ろうとしはるんで…。券売機が混雑していたらあせらはるんで、こちらでも予め購入しといたものを販売するなど、スムーズに乗っていただけるよう配慮してます。

特に、坂本行きは15分に一本なので、できるだけ乗っていただきたい。10分ちょっとで行く距離なのに15分待ってもらうのはお気の毒なので、乗り間違えや乗り遅れのないよう、乗る方の通路の確保などにも配慮しています。特に夜は早く帰りたいじゃないですか。夜は10分、15分おきで、しかも皇子山で離合しますから、タイミング悪かったら構内踏切でひっかかって1本逃してしまう。できるだけうまいこと渡ってもらえるように僕なりに気を配ってます。

夜には、三井寺と別所の間のカーブのとこらあたりに電車が着いたら音が聞こえてきます。そしたら「坂本行きが参ります」ってご案内します。僕はこんな声やから、近隣のマンションの方に迷惑掛けてるかもしれませんけどね。

工事中の新駅
新駅はまもなく完成します。
工事もやってますよね。通常のダイヤに載っていない回送電車があるときには、工事のおばちゃんにも教えてあげたりと、安全面でも協力していければと思います。こういう小さな所でも、事故があったら迷惑がかかりますし。チームとしても工事の安全あってこそのサービスなので。

−できることは全てやっている感じですね。

はい。もともとこっちの人間じゃないから分からない部分も多いですが、ここやったらジャスコと旅亭紅葉をよく聴かれます。送迎バスをお客さんが呼んでいることも多いですね。そのときにはバスから見つかりやすい場所をご案内します。「タクシーの電話番号知らんか」と訊かれたら、フリーダイヤルに電話して呼んであげることもある。

運賃表を見上げて探してはる方は「どちらまでですか?」などと、積極的に声を掛けてお客さまに少しでも早よ安心してもらえるよに心がけてます。「ありがとう」云うてもらえたらそれが嬉しいですし…。九州人らしいやろ? お節介好きで。

−九州なんですか。なぜ大津に?

福岡生まれ、鹿児島の育ちなんですよ。31歳のとき、勤めてた会社がつぶれて、同郷のJR西日本に勤めていた友達に「仕事あるから出てこいや」て誘われて、派遣で車内販売のアルバイトをしたりしてました。今も皇子山駅から<雷鳥>とか<サンダーバード>とか通るの見上げると、列車で時間が分かりますね。「あれ?今日は、ちょっと遅れてんのちゃうか」とか。

−ちょうど改札口から電車が見上げられる角度ですものね。

それで、時々、電車見にくる子供さんが居はるんで、あんまり長いこと構内踏切のとこらへんから見てると「駅のベンチに座って見ぃ」云うて、ベンチに座らせることもあります。魚の電車やマザーレイクなんか、小ちゃい子供に喜ばれる。訪ねられたお客さまの顔を覚えておいて、「もうすぐマザーレイク来るよ」なんて云ったら凄く喜んで、一本遅らせても乗ってきたりするんですね。「京阪大好きです」と云うてくれはったりするとホンマうれしいですよ。

石山寺ゆきホーム
京阪電車とJR湖西線が行き交う様子を愉しめる、「一粒で二度美味しい」ベンチともまもなくお別れです。
今度、駅が移動したら、京阪とJRが同時に見えなくなりそうなのは…ちょっと残念ですね。お客さまも駅が動くのには関心があるようで…。「乗換が便利になりますよ」とご案内したら、「それは楽になって良かった」とよく云われますね。もちろん、距離は短くなって、乗換は楽になって、ものすごく楽になると思うんです。スロープも着くから、車いすの方やベビーカーのお母さんも楽になる。

今の駅は電車を見ながら仕事ができるし、荷物を持ったり、お手伝いをしながらのコミュニケーションが少なくなるのは寂しいけど、時代の波なんで仕方ない。けれども、その他の部分で積極的に声掛けしたり、そういう部分はまだまだできます。そう思えば、手間が減る分、より深い営業もできるんじゃないかと思います。これまでしてきたお手伝いせえへんって事やなくて、その分もっと、余った力を心のこもったご案内につなげたい思てます。

−そうですね。どんなイメージですか?

そやなあ、こないだも間も北大津高校の女の子たちが、切符見せて「両方番号が揃ってるやろ」って…。何でも「両想い切符」なんやそうです。それがきっかけで仲良くなって、次の日から声かけてくれたり。「こんにちは」「ただいま」って。「ただいま」は嬉しいですよ、まだここは駅なのに。

−高校生といったら「勝利を砂ポート」の人気は上々なようで、そばで見ていてどうですか?

皇子山でも一時期品切れになるくらい。一番最初に返しに来てくれはったお客さまが「おかげさまで志望校に合格しました」って、手紙といっしょに5円玉までつけて、ぽち袋に入れて持ってきてくれはったんですよ。直接いただけたのは、本当に嬉しかったですね。

皇中きっぷと肱岡
「『皇中きっぷ』はホンマ、好評なんですよ」
皇子山中学校の生徒会が貼りだしている「皇中きっぷ」も評判いいんですよ。みんな立ち止まって読んではりますね。ホンマ、電車が人々の生活の中で息づいているのが分かりますね。
大津線も含め、時代はどうしても変わってきているけど、その中でもやっぱりふれあいは変わらないものなんで、駅でのお客さまとの会話とかは大事にしたいと思てますね。

−keihan-o2.comに出たら、ますます会話が増えるかもしれませんね。

自分でもいつも読んでるkeihan-o2.comに出られるのは嬉しいですね、郷里の人間にも見てもらえたりするし。いろんな意味で「あの駅員さん、知ってる」と云われたら、また仕事に励みになるんとちゃうか、思います。

朝から晩まで、乗り換えや通勤通学のお客さまで人波がたえない皇子山駅は、肱岡たちステーションスタッフにとっても「やりがいのある駅」の一つに挙げられます。電車を待つわずかな時間ですが、少しでもスムーズに、快適に、安全に乗り降りができるよう、肱岡をはじめとするステーションスタッフは工夫をこらしています。肱岡は「お節介です」と謙遜します。それはしかし「笑顔で乗れる、さわやかな京阪電車」であるにはどうすればよいのかを考え、そしてお客さまの立場に立って、心からのサービスを提供したいという心意気の露れです。まもなく完成する新駅はバリアフリー化が進み、直接的な手助けの必要量こそ減るでしょうが、その分をどうハートフルなコミュニケーションができるか、肱岡は今から想いをこらしています。

次回は石山坂本線・唐橋前駅からお届けします。どうぞご期待ください。


バナー

©2004-2007 京阪電気鉄道株式会社 大津鉄道事業部
すべての権利を保持します。

ホーム > o2stations > 皇子山駅