Mac24 ASCII24 News ASCII24 Review ASCII24 Business Center 携帯24 Mac24 Akiba2GO! デジタル用語辞典 ASCII24 Broadband Center ニュース レビュー インタビュー 特別企画 ASCII24メールサービス blogmag
ASCII24 Review - [Main Menu] [Menu 2]


  ASCII24 > Mac24 > レビュー 1
111
記事/用語/ID検索 

Apple Storeからの
お知らせ
TVの楽しみ方が変わりました。Apple TVの登場です。 (2007年1月17日)
Apple Storeでは、iPod shuffle 512MBの整備済み製品を特別価格の4200円で数量限定発売中です。 (2007年1月17日)
今ならMacとの同時購入で、Final Cut Express HDが9800円でお求めいただけます。キャンペーンは3月27日まで。 (2007年1月17日)
MACPOWER
MACPOWER 2月号
  • 発売:1月18日
  • 定価:780円 (税込)
MacPeople
MacPeople 3月号
  • 発売:1月29日
  • 特別定価:880円 (税込)

[PR]
難易度はやや高め!? MacBook ProのHDD&光学式ドライブの交換手順
MacBook Pro 1.83GHz/2.0GHz(2006年1月発表、15インチモデル)
アップルコンピュータ(株)
24万9800円(1.83GHz)、30万9800円(2.0GHz)
http://www.apple.com/jp/

Printable Version MacPeopleMacPeople 編集部制作『MacBook Pro パーフェクトガイド』
2006年03月15日


15インチMacBook Pro

MacBook Proが採用している2.5インチHDDのディスク容量は、1.83GHzモデルで80GB、2.0GHzモデルで100GBとなっている。ディスク回転数はともに5400回転/分で、接続方式はシリアルATA。

一方、光学式ドライブは2モデルともスロットローディング方式のスーパードライブを採用する。最大書き込み速度は、DVD±R/±RWが4倍速、CD-Rが24倍速、CD-RWが10倍速だ。

HDDはパームレストの左下、光学式ドライブはパームレストの右下に位置する部分に収められている。各パーツにアクセスするためには、キーボードとパームレストが一体になった上部パネルを外すことになる。

必要な工具は、先の大きさが数種類揃った精密ドライバーのセットと、トルクスドライバー(サイズ:T6)。作業中はケーブルやコネクターをいくつも外すことになるが、その際、無理な力を加えるとケーブルの断線などが起こるので、くれぐれも慎重に扱うようにしよう。



注意:作業前には、本体を落下の危険性のない平らな場所に置き、必ず静電気を除去してください。分解作業はユーザー自身の責任のもとに行うことを前提としており、個々の環境に関してASCII24編集部やメーカーでは問い合わせに応じられません。また、分解作業に伴ういかなる損害も、ASCII24編集部/メーカー/ショップは補償できないことをご了承ください。


1.バッテリーとメモリーカバーを外す

本体に傷がつかないよう柔らかい布かゴムのシートなどを敷いた平らなテーブルの上に本体を裏返して置き、バッテリーとメモリー交換用カバーを外す(関連記事参照)

2.底面とサイドのネジを外す

底面の液晶モニター側に4本、左右の側面にそれぞれ4本ずつ、背面(ヒンジ脇)の左右に1本ずつ、そしてメモリースロット両脇に1本ずつ――合計16本のネジを外す

3.バッテリー脇のネジ2本を外す

忘れがちなのが、バッテリーハウジングの内側にある2本のネジ。本体の前面側に水平方向に締め付けられている。これを外したら、本体をひっくり返す

4.パームレストとキーボードを外す

液晶モニターを開くと、パームレストとキーボードが一体になった上部パネルが本体から外せる状態になっている。なるべく傾けず、パネル全体を真上にゆっくり持ち上げる

5.キーボード裏のケーブルコネクターを外す

上部パネルが本体から離れたら、パネル前端を持ち上げて、液晶モニター側に傾ける。キーボードの真下にロジックボードと上部パネルをつなぐケーブルがある。ロジックボード上のコネクター部分を持って、コネクターをそっと外す

6.パネルを外して、コネクターの位置を確認
ケーブルコネクターが外れたら、パネルと本体を分離して内部にアクセスできるようになる(写真左)。キーボード用ケーブルのコネクターは、あまり目立たない小型部品なので、元に戻す際に見失わないよう位置を確認しておくといい(写真右)

7.HDDまわりのケーブルを確認

HDDは左手前に位置する。その上にはHDDと直接関係のない信号ケーブルが通っていて、コネクターがディスクに両面テープで張り付けられている。これらの位置関係を確認し、注意して作業を進める

(柴田文彦、編集部)


[次ページ]

Contents...




Apple Store
オススメ製品

iPod shuffleの詳細を見る


MacBookの詳細を見る


Mac Proの詳細を見る


MacBook Proの詳細を見る


iPod nano (PRODUCT) REDの詳細を見る


iPod nano blackの詳細を見る

その他の製品を見る



Copyright (C) 1997-2007 ASCII Corporation. All Rights Reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated without the express written permission of ASCII Corporation.
This web site is written in Japanese only.
記事に関するご意見やご質問は、お問い合わせフォームにてお送りください