スポーツ報知のメインコンテンツへジャンプ

◇…スポーツ報知の購読申し込みは、フリーダイヤル 0120-16-4341(イロ ヨミヨイ) まで…◇

◇…過去の記事は、ご使用のプロバイダのデータベース・サービスをご利用ください。…◇

スポーツ報知>芸能

ここからスポーツ報知のメインコンテンツです

ギャル曽根、女優に変~身…映画「仮面ライダーキバ」

 大食いタレントのギャル曽根(22)が女優デビューすることが22日、分かった。劇場版「仮面ライダーキバ 魔界城の王」(8月9日公開、田崎竜太監督)で悪役メドゥーサの人間体、サヤカ役を演じる。ギャル曽根は「まだ慣れていないところがあるので、これからもっとやっていきたい」と、さらなる女優活動に意欲。劇中では自慢の大食いも披露している。

 大食いを武器に芸能界入りし、アイドルユニット「ギャルル」のリーダーとしても活躍してきたギャル曽根が、演技の世界にまで“箸(はし)”をのばした。

 ギャル曽根が出演するのは、平成仮面ライダーのシリーズ9作目となる「―キバ」。ネプチューンの堀内健(38)が演じる敵キャラ、仮面ライダーアークの手下、メドゥーサの人間体サヤカ役。食事中に口説かれたことに激怒し、変身して襲いかかるという役どころ。

 メドゥーサは蛇を食べた怪物ということから、起用が決定。これにはギャル曽根も「自分がある種、少し怪物みたいなものなので、それに関しては違和感はない」と納得している。

 06年に芸能界入りしたときには「自分にやれることはバラエティー、ドラマ問わず全部やってみたい」と意欲たっぷりに話しており、その思いが実現。「伝統的な番組である仮面ライダーに出させていただいて光栄」と喜んだ。

 劇中でも大食いに挑戦。バラエティー番組での大食いさながら、満面の笑みを浮かべながらお皿いっぱい山盛りになったスパゲティをペロリ。持ち味をいかした演技になっており「仮面ライダーを食べてやろうかと思った」。怪物らしさが全面に出ているようだ。

 しかしながら、演技は初挑戦だけに、まだまだ演技は不慣れなところも多い。本人もその辺り自覚しているが「みんなより下手だなと思ったけど、演技は普段したことがないので楽しかった。もっと演技をしてみたい」と、しっかり“女優魂”が芽生えた様子。特異なキャラクターだけに、デビューを機に、今後もドラマや映画のオファーが舞い込んでくることもありそうだ。

 ポッドキャストへ

特集   映画

この記事をlivedoorクリップに登録

この記事をYahoo!ブックマークに登録

ソーシャルブックマークに登録

(2008年5月23日06時01分  スポーツ報知)

 

ビルボードジャパン シングルチャート(5月12日~18日)
順位 曲名 アーティスト名
1 DON'T U EVER STOP KAT-TUN
2 LIFE キマグレン
3 おかえり 絢香
4 Aqua Timez
5 NOBODY KNOWS スガシカオ

【チャートの無断転載を禁じます。©Billboard-All Rights reserved.】

注目 チャート詳細へ

チケット流通センター

提供:BIGLOBE

スポーツ報知の出版物 スポーツショップ報知
報知新聞社出版局 スポーツショップ報知