山崎 博(やまざき・ひろし)
教授
山崎博教授 皆さんは「海」といわれてまずどのような海を思い浮かべるでしょうか?「波」といわれてどんな波を頭に描くでしょう?
漁師だったり、サーファーだったり、立場や思い出によって、異なる風景を連想すると思います。そして、それらはそれぞれに「正解」であるともいえます。「写真」も同様に多様な正解が存在するといえます。それぞれの「波」を探求し、「まだ見ぬ波」を視覚化する。作品を制作するというのはそのようなことではないでしょうか。

担当授業
写真I
写真II
写真III
写真IV
写真表現実習(進級制作)
写真表現演習(山崎ゼミ)
大学院


略歴
1946年長野県生まれ
1968年日本大学芸術学部中退
1969年写真を始める。
1973年16ミリフィルム作品(映画)を作り始める
写真協会 会員、映像学会 会員、東京カメラ倶楽部 会員

写真(光画)における「光」の役割を考え、
"光画像を定着する" 写真および映像作品を制作、発表しています。

受賞
1983年 太陽の長時間露光による一連の作品「海と太陽」にて日本写真協会新人賞
1994年 全国カレンダー展 総理大臣賞
2001年 「櫻花図」にて第26回伊奈信男賞

著書(写真集)
「HELIOGRAPHY」
「水平線採集」、他。

個展、企画展多数開催。

作品収蔵コレクション
ニューヨーク近代美術館(アメリカ)
プリンストン大学美術館(アメリカ)
アリゾナ大学クリエイティブ写真センター(アメリカ)
International Center of Photography(アメリカ)
ポラロイド社(アメリカ)
横浜美術館(神奈川)
東京芸術大学(東京)
東京都写真美術館(東京)
埼玉県立近代美術館(埼玉)
千葉市美術館(千葉)

click image!

click image!









click image!