就労希望者8割、採用消極的企業も8割/横浜市「ニート」調査

カナロコ:神奈川新聞社がお送りしますローカルニュースの記事「就労希望者8割、採用消極的企業も8割/横浜市「ニート」調査」です。




このページのサイト内での階層的位置




最新記事一覧

ローカルニュース

  • ローカルニュース一覧
  • ローカルニュースのRSS

就労希望者8割、採用消極的企業も8割/横浜市「ニート」調査

 横浜市は市内在住のいわゆる「ニート」や引きこもり状態の若者について実態調査をまとめた。八割を超す若年無業者が就労を希望する一方、若年無業者というだけで採用に及び腰な企業も八割に上った。市は二〇〇八年度からスタートする「横浜型若者自立塾」事業などを通じ、公的資格の取得支援や職業的自立、社会参加を促すとともに、地元企業の就労に関する門戸拡大も目指す。

 市こども青少年局によると、就労意欲について「正社員としてある」の回答が46・6%、「パート・アルバイト・派遣社員などとしてある」が1・7%。「あるが不安が残る」の34・5%を加えると八割を超えた。「あるが今は休みたい」が1・7%、「ない」は1・7%で、現状では就労意欲のないのはごくわずかだった。無回答は13・8%。

 一方、企業へのアンケートでは83・3%が「就労困難な若年無業者を雇用する意向はない」と回答。「雇用する意向はある」は14・2%にとどまり、若年無業者にとって厳しい実態が明らかになった。

 企業側は受け入れる条件として、半数の社が「公的な資格の取得」、4社に1社が「専門相談員によるカウンセリングの個別実施」を挙げている。また八割が「健康・体力」を重視している。

 市は本年度、横浜の水源で豊かな自然に恵まれた山梨県道志村に若者自立塾を開設。昼夜逆転の生活を元に戻し、農業や林業の体験、塾生同士や道志村民との交流を進める。他にもさまざまな事業・施策を実施し、就労支援に本腰を入れる。

 アンケートは有識者らによる市自立支援研究会が十五歳以上三十五歳未満の若年無業者ら約七百五十人と、市内の企業約千社などを対象に実施。八十三人、三百十六社から回答があった。

ブックマークに追加するソーシャルブックマーク登録 (ソーシャルブックマークとは)

このエントリーへ応援コメントをする

コメントをするにはカナロコ会員登録、及びログインが必要になります。

  • ログイン
  • 新規登録

このエントリーへのコメント

投稿したコメントの修正、削除をしたい場合は、こちらからお願いします。

闇夜の黒猫

[2008/04/28 15:21:14]

本当に仕事をしたいと思ってるなら、ニートでも引きこもりでもないのでは?
文面からすると、自分にとって都合の良い仕事ならやりたいってだけって捉えられてもおかしくはないと思います。そして、そう言ったご都合主義の若者は、企業側として雇いたくないのは当然だと思いますけれど。
大体、本当に就職したい気持ちがあればハローワークに通う位するのが当然でしょ。

tonnji-f

[2008/04/28 22:02:09]

闇夜の黒猫さんに同意します。
アンケートの回答率を見れば対象者達のいいかげんさが解ろうと言うものです。回答者は750人の内83人ですよ!。
対する企業は1000社で316社が回答しています。
企業も人が欲しい状況が読み取れますね。
ここから見て取れるのは彼らに就業の意思が希薄だと言うことです。

このエントリーへのトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL:http://www.kanaloco.jp/trackback/32050/


神奈川県のお天気

県東

6月10日(火)県東のお天気 : 晴れ

  • 降水確率

    10%
  • 最高気温

    26℃
  • 最低気温

    18℃

県西

6月10日(火)県西のお天気 : 晴れ

  • 降水確率

    10%
  • 最高気温

    24℃
  • 最低気温

    17℃
県内各地の天気と週間予報

神奈川新聞コンテンツ


その他のコンテンツ

転職ならen

アクセスランキング

  1. 1拙攻続き借金14  [デイリーベイスターズ]
  2. 2湘南2位キープ  [Jリーグ]
  3. 3軟式野球決勝/桐蔭が2年ぶり4度目頂点  [スポーツニュース]
  4. 4拙攻続き借金14/横浜1-3阪神  [スポーツニュース]
  5. 5井上康生さんら5人を派遣/JOCの指導者海外研修員  [スポーツニュース]

more

広告4


本サイトのご利用について

当ホームページの記事、画像などの無断転載を禁じます。 すべての著作権は神奈川新聞社および情報提供者に帰属します。

神奈川新聞社 Copyright © Kanagawa Shimbun. All rights reserved.