第13回日本レコード大賞

1971年 (昭和46年)
12月31日(金)PM7:00帝国劇場

大賞 「また逢う日まで」 尾崎紀世彦
作詩:阿久 悠  作曲:筒美京平
編曲:筒美京平
日本フォノグラム

 

 

 「また逢う日まで」が日本中に流れまくった年 — 当然の様に、尾崎紀世彦が歌うこの曲が、レコード大賞を受賞しました。
 明るく、華やかだった尾崎紀世彦の受賞シーンと対照的だったのが、最優秀歌唱賞の 森 進一の受賞シーンでした。この年、家庭に不幸があった彼は、天国に行った母に届けよとばかりに「おふくろさん」を熱唱。その歌いぶりは、レコード大賞の歴史に 残る「名唱」として現在も語り継がれています。
 そして、森進一の良きライバル、五木ひろしがこの年初登場。下積み生活の長 かった彼が「五木ひろし」と名前を変えたデビュー曲「よこはまたそがれ」で新人賞を受賞、以来、彼はレコード大賞のいわば常連となり、各賞に大活躍することとな ります。

 

1971年(昭和46年)社会・世相
〔この時代〕
大久保清連続女性誘拐殺人事件
全日空機、自衛隊機と衝突
マクドナルド日本1号店オープン
ボーリングブーム
〔流行語〕
シラケ
脱サラ
ガンバラなくっちゃ
フィーリング
○○もあるでよう
〔ファッション〕
ホットパンツ
ワンポイントシャツ
〔物価〕
牛乳 28円
クリーニング(Yシャツ)78円
大卒初任給 43,000円

〔ヒット商品〕
マクドナルド
筆ペン

 

大賞
曲名:「また逢う日まで」〈日本フォノグラム〉  歌手:尾崎紀世彦
作詩:阿久 悠   作曲:筒美京平   編曲:筒美京平
 
最優秀歌唱賞
曲名:「おふくろさん」  歌手:森 進一
作詩:川内康範   作曲:猪俣公章   編曲:猪俣公章
 
最優秀新人賞

名:「私の城下町」  歌手:小柳ルミ子
作詩:安井かずみ   作曲:平尾昌晃   編曲:森岡賢一郎
 

歌唱賞
曲名:「よこはまたそがれ」  歌手:五木ひろし
作詩:山口洋子   作曲:平尾昌晃   編曲:平尾昌晃
 
曲名:「知床旅情」  歌手:加藤登紀子
作詩:森繁久弥   作曲:森繁久弥   編曲:竹村次郎
 
曲名:「さいはて慕情」  歌手:渚ゆう子
作詩:林 春生   作曲:筒美京平   編曲:筒美京平
 
大衆賞
曲名:「傷だらけの人生」  歌手:鶴田浩二
作詩:藤田まさと   作曲:吉田 正   編曲:吉田 正
 
曲名:「さらば恋人」  歌手:堺 正章
作詩:北山 修   作曲:筒美:京平   編曲:筒美京平
 
新人賞

曲名:「17才」  歌手:南 沙織
作詩:有馬三恵子   作曲:筒美京平   編曲:筒美京平
 
曲名:「燃える恋人」  歌手:本郷直樹
作詩:阿久 悠   作曲:中村泰士   編曲:馬飼野俊一
 
曲名:「雨の御堂筋」  歌手:欧陽菲菲
作詩:林 春生   作曲:D・ウィルソン他   編曲:川口 真
 
曲名:「恋人もいないのに」  歌手:シモンズ
作詩:落合武司   作曲:にしおかたかし   編曲:葵まさひこ
 

作詩賞
曲名:「戦争を知らない子供たち」  歌手:ジローズ
作詩:北山 修   作曲:杉田二郎   編曲:馬飼野俊一
 
曲名:「冒険」  歌手:牧葉 ユミ
作詩:北山 修   作曲:加藤和彦   編曲:小山恭弘
 
作曲賞
曲名:「雨がやんだら」  歌手:朝丘雪路
作詩:なかにし礼   作曲:筒美京平   編曲:筒美京平
 
曲名:「真夏の出来事」  歌手:平山三紀
作詩:橋本 淳   作曲:筒美京平   編曲:筒美京平
 
編曲賞
曲名:「花のメルヘン」  歌手:ダーク・ダックス
作詩:敏 トシ   作曲:敏 トシ   編曲:服部克久
 
企画賞
日本ビクター(株) 及び 小沢昭一  ドキュメント「日本の放浪芸」
 
童謡賞
曲名:「じんじん」  歌手:ひばり児童合唱団
作詩:沖縄のわらべうた   作曲:金井喜久子   編曲:金井喜久子
 
特別賞
淡谷のり子

*
*