プリント表示 ブログに書く by kwoutブログに書く ソーシャルブックマーク

ニュース
2008年04月03日 14時14分 更新

PS2「12RIVEN」エンディングテーマ「プロセス」を歌うKAORIさんのコメントが到着

画像

 4月23日に発売される、プレイステーション 2ソフト「12RIVEN -the Ψcliminal of integral-」のエンディングテーマ「プロセス」。これを歌うKAORIさんのコメントが到着したのでご紹介しよう。なお、CDのカップリングはオープニングテーマになっている「third bridge」。両曲のoff vocalバージョンも収録されている。ジャケットはキャラクターデザインを務める滝川悠氏の描き下ろしイラストとなっているほか、予約先着特典には、もう1人のキャラクターデザイナーbomi氏の描き下ろしイラストを使用したB2告知ポスターが用意されている。


——「12RIVEN」主題歌のお話をいただいた時のお気持ちは?

画像

KAORIさん(以下、敬称略) 「Ever17」主題歌「LeMU 〜遙かなるレムリア大陸〜」、「Remember11」の主題歌「little prophet」に続いて、インフィニティシリーズで歌わせていただくのは今回で3作目で、やっぱり思い入れがある作品ですので、今回のお話をいただいてすごくうれしかったです。最初に歌わせていただいた「Ever17」は、作品の内容がちょっとハードな感じで、楽曲もハードな仕上がりだったし、ちょうど「こんな曲が歌いたい」という時期に歌わせていただき、当時からかなりお気に入りでした。インフィニティシリーズはすごくヒットしている作品なので、その人気作で、また歌わせてもらえるのは、感激でした。

——エンディングテーマになっている「プロセス」はいかがでした?

KAORI 今回はバラードなんですけど、すごく広がりのある曲で、作品のストーリーはドロドロしていても、この曲が救いになるのかな?と思います。メロディー自体も伸びやかに歌い上げる感じなので、気持ちが入ってとても歌いやすかったです。頂く楽曲によってはテクニック的なものを使ってみたりもしますが、今回の「プロセス」に関してはすごくストレートに、ビブラートとかも抑えめに歌いました。作詞をしていただいた吉野さんとは今回初めてご一緒させていただいたんですけど、自分で作る歌詞とは、まったく違う観点で作詞をする方で、それがまたすごく新鮮で、レコーディングもとても楽しかったです。あと、「プロセス」っていう、タイトルも素敵だなと思います。

——歌詞で気に入っている部分はありますか?

KAORI サビの部分の「辛い事も悲しい事も全部幸せに一歩近づくためのプロセス」とか、プロセスに続く言葉が、ただの恋愛の歌っていう感じではなくて、人と人の繋がりとか、人間同士の愛とか、そういういろんなものが含まれている感じがして気に入っています。

——オープニングテーマの「third bridge」はいかがでしたか?

KAORI 結構、淡々とした曲です。「プロセス」とは真逆な雰囲気の曲で、歌い方もリズム感に重点をおき、メロディーと歌詞を紡ぐ感じで……この曲はわたし的にちょっとテクニックが必要でした(笑)。

——これの歌詞はいかがでした?

KAORI 「プロセス」の救いになる部分とは真逆で、主人公の苦悩というか、モヤモヤしている心の中の部分を描いている歌詞だと思います。手を伸ばしても届かないとか、そういう、もがいている感じの歌詞を、すごくテンポ感のいいメロディーで、さらっと聴かせている曲になっています。

——シングルが完成してみていかがですか?

KAORI これまでインフィニティシリーズを歌わせていただいていて、ちゃんとシングルとしてリリースするのは今回が初めてなんです。これまではサントラとかに収録されている感じだったので、シングルになるのは思い入れもより深くなるし嬉しいです。

——ではCDを楽しみにしているファンの皆様へのメッセージをお願いします。

KAORI 最近、新鮮な曲を歌わせて頂く機会が多いので、事あるごとに「わたしの新しい一面を」って、よく言っているんですけど(笑)、今度もまた新しい一面を見てもらえるんじゃないかと思う楽曲になっています。こういう形で自分の中のいろんな色を出せているのが、嬉しいです。だから聴いている方にもKAORIのいろんな色を感じ取っていただけたらうれしいし、ゲームの方と同じぐらい楽曲も楽しんでいただけたらと思います。皆さん是非聴いてみてください。

「12RIVEN」エンディングテーマ「プロセス」
価格(税込) 1260円
発売日 4月23日発売
品番 FVCG-1003
発売 5pb.
販売 メディアファクトリー
トラックリスト 1.PS2「12RIVEN」エンディングテーマ「プロセス」
作詞:吉野麻希 作曲:濱田智之 編曲:小池修也
2.PS2「12RIVEN」オープニングテーマ「third bridge」
作詞・作曲:志倉千代丸 編曲:上野浩司
3.PS2「12RIVEN」エンディングテーマ「プロセス」(off vocal)
4.PS2「12RIVEN」オープニングテーマ「third bridge」(off vocal)

関連キーワード

プレイステーション 2 | 5pb.


(c)CYBER FRONT2007


[ITmedia]

Copyright© 2008 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

夏はドスパラ水冷パソコン!
メンテナンスフリー水冷ユニット搭載で高い静音性能+安心安全!

Intel最新P45モデル勢揃い!
ドスパラのインテル最新チップセットP45マザー搭載パソコン

キャリアアップ

ピックアップ

news080.jpg 今日は何の日? 萌え曜日!:今期のハァハァできる萌えアニメをコッソリ教えます
この春、およそ40本ものアニメ新番組が放映を開始しました。その中でも一際輝くイチオシ萌えアニメ3本を、萌えゲーレビュアー・雛見沢秀一がご紹介。どの作品もニヤニヤしながら見られること間違いなしですよ!

news010.jpg 「POKIPOKI」プレイリポート:新しい友達作りませんか?——新感覚のオンラインコミュニティゲーム誕生
ハンビットユビキタスエンターテインメントが5月20日から開始した3Dコミュニティサービス「POKIPOKI β-なかよし編-」。同社が手がける新たなサービスの中身とは?

news081.jpg 今日は何の日? 萌え曜日!:今夏を(オタクとして)有意義に過ごすために、リメイク予定のPC美少女ゲームを特集してみました
6月に入りました。梅雨の季節の到来ですが、梅雨が過ぎればもう夏ですね。夏は(二次元の)女の子たちと楽しもうと決めている人たちに向けて、今回は各コンシューマ機へリメイク予定のPC美少女ゲームをご紹介。

news012.jpg 「無限回廊」レビュー:言い訳が成立しちゃうんです!——無限回廊では、ムチャなフリでも通用する
筆者の生きているうちに二度とお目にかかれないと思っていた「新機軸ゲーム」がここに登場。しかしこれを進化と呼ぶのか!? 脳が退化した気分に陥る“不思議ちゃんパズル”だ。

news010.jpg BLは愛です! 理解するんじゃない! 感じるんだ!——「がる★パラ!」で「腐女子カフェ」を立ち上げた腐女子たち
ガンホー・オンライン・エンターテイメントが5月にオープンした「がる★パラ!」。この中の企画「腐女子カフェ」では、BL系の書籍で有名なリブレ出版と共同で運営を開始し、「腐女子の腐女子による腐女子のためのサイト」が着々と出来上がりつつあるようだ。そこで、ガンホーとリブレ出版の担当者に「がる★パラ!」と「腐女子カフェ」について聞いてみた。

news009.jpg ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その1):ゲームはチャレンジャブルな仕事。“ノー”からは何も生まれない——セガ 鈴木裕氏(前編)
わたしたちは普段“ゲーム”をプレイすることはあっても、それを作り上げている“開発者”の素顔を知ることはあまりないかもしれない。そこで、ゲーム開発現場の生の声を、キューエンタテインメントの平井武史氏が直撃インタビュー。第1回目はセガの鈴木裕氏にご登場いただいた。

news053.jpg 「That'sQT」レビュー:自分のデザインした服が街中で流行る楽しさ——DSでファッションデザイナーになっちゃおう!
ファッションエンタテインメントというジャンルの「That'sQT(ザッツキューティ)」。ファッションエンタテインメントとは何ぞや? それは自らが街で情報を集め、服やアクセサリーをデザインし、それらを売って街の流行を作ることができる、たいそう楽しいシミュレーションゲームなのです。

news067.jpg 「無双OROCHI 魔王再臨」レビュー:多くの新要素をひっさげて、魔王・遠呂智(おろち)が還ってきた! 英雄たちの夢の競演ふたたび
PS2で「無双OROCHI」が登場したのが約1年前。前作で確かに死んだはずの遠呂智(おろち)さんが、1年の充電期間を経て復活なさいました! これは三國志世界も戦国世界もおちおち眠れません。

news008.jpg 「ラグナロクオンライン」新アップデート先行体験リポート:可能性にあふれたモスコビアの樹林
2008年5月27日。「ラグナロクオンライン」の大型アップデート、モスコビアが幕を開けた。今回は、そのモスコビアで新たに追加される要素を、ひと足はやくチェックさせてもらった。果たしてどんな冒険が待ち受けているのだろうか。

news100.jpg 今日は何の日? 萌え曜日!:女の子にドキドキしながらフーフーしよう! 魅惑の恋愛吐息アドベンチャーを体験してみました
女の子の体にタッチするという欲望に忠実なゲームはあるけれど、息を吹きかけるという奥ゆかしい(?)スタイルで、気になるあの子のハートを鷲掴んでいく恋愛アドベンチャーは本作のみ。今回はそんな、ある種ストイックな恋愛模様が楽しめる「Breath 吐息は茜色」をご紹介。

news034.jpg 【新連載】感じるヴァナ・ディール:2度の挫折を乗り超えた独身ガルカが見た「FFXI」の素晴らしき世界
先月終了した「FFXI」の連載企画「ヴァナ・ディールをもう一度」を愛読してくれた皆様、どうも1カ月ぶりです。約束どおり、ガルカのアイツが帰ってまいりました。

news010.jpg 「エンブレム オブ ガンダム」プレイリポート&インタビュー:宇宙世紀を振り返り、直感的なマップで作られる新「ガンダムシミュレーション」
本作は、全く新しいアプローチでガンダムを題材にしたシミュレーションゲームだ。歴史家の視点、プロヴィンスマップ、バトンでつなぐ物語……さまざまな試みが盛り込まれたタイトルをプレイし、かつ、開発者である芝村裕吏氏に話を聞いてきたりもした。プレイのご報告とインタビューが織り成すハーモニーをどうぞ。

news091.jpg 「エミル・クロニクル・オンライン」SAGA8体験リポート:過酷な世界だからこそ生まれる“絆”がありました
オンラインゲーム「エミル・クロニクル・オンライン」の、大型アップデート「SAGA8 戦歌の大地」が、5月1日にいよいよ実装される。それに先駆けて、新しい世界とシステムを先行体験してきました。

news069.jpg 「ニッポンのあそこで」レビュー:ニッポンをとことん遊べる、地図とゲームの不思議なブレンド
「ニッポンのあそこで」って何だ? それは世にも不思議な地図エンタテインメント。地図+ゲームな本作には、あれやこれやと遊び心と便利性を追求した要素が盛り込まれている。プレイヤー次第で長く付き合えるであろうエデュテイメントタイトルだ(※記事の後半には本作を活用したプチ旅行記もあります)。

news002.jpg 「アオイシロ」レビュー:アオイシロ——神秘的な伝奇物語と少女たちの恋愛に感じる妖しい魅力に悶えるべし!
少女たちの絆を描いた和風伝奇アドベンチャーゲーム「アオイシロ」がPS2で登場。女の子同士の恋愛模様(または友情)を描いた、いわゆる“百合”要素満点の本作の萌え度はいかに!?

種別アイコンについて

プレイステーション3
プレイステーション2
PSP
Wii
ゲームキューブ
ニンテンドーDS
ゲームボーイアドバンス
Xbox360
Xbox
PCゲーム
ケータイゲーム
アニメ
アーケードゲーム
プレゼント
イベント
ニュース