製品のご紹介 製品・衛星プラットフォーム/DS2000

D2000

三菱電機は、増大し多様化する高速・大容量通信への需要にこたえるため、商用通信・放送衛星市場をターゲットとした標準衛星プラットフォーム「DS2000」を開発いたしました。DS2000は、宇宙開発事業団(現 JAXA)のDRTSおよびETS-Ⅷを原型として開発され、2006年打ち上げに成功した実用衛星ひまわり7号(MTSAT-2)に、国際入札のもと採用されています。数十年にわたり携わってきた数多くの衛星プロジェクトの成功実績で培われた豊富な通信衛星技術と、最新の設計手法、製造・試験設備を投入したDS2000は、高い信頼性を提供します。
また、三菱電機が開発した独創的なプログラム管理システムでは、開発・製造・試験の各段階で設計データや製造過程がお客様に公開され、お客様の要求に応えることができるようになっています。この高いオープン性によって各プラットフォームはお客様の要求にマッチするよう調整され、納期日程内に完成することが保証されます。つまり、DS2000は世界中の通信衛星オペレータのニーズに対応できるプラットフォームなのです。


DS2000の特徴


  • 世界で約300以上の衛星プロジェクトに参画して培われた豊富な経験に基づく高信頼性
  • 12kWまでの発生電力を有し、高出力の複合通信中継機への電力供給にも対応
  • 複合通信ペイロードを含む様々な用途に適応するフレキシブルな設計

システム

衛星電力 12kwまで
打ち上げ重量 5,800kg
トランスポンダ 60 (ノミナル)
衛星寿命 15年
打ち上げ機 H2-A、ARIANE-V、DELTA-IV、ATLAS-5、Sea Launch等

サブシステム

電源 高効率シリコンまたは、マルチジャンクションGaAs太陽電池
NiH2またはリチウムイオンバッテリーを用いた100V安定化電源バス
搭載ソフトウエア 姿勢制御機能、データハンドリング機能、衛星管理機能
姿勢制御 衛星制御器(SC)によるバイアスモーメンタムまたはゼロモーメンタム制御、4台のリアクションホイールを使用
テレメトリ・コマンド SCによるCCSDSプロトコル、1553Bバス インターフェース
構造 CFRP製、セントラルシリンダー方式
熱制御 構体パネルに内臓されたヒートパイプによる熱制御
推進 2液式アポジエンジン、2液式スラスタによる軌道・姿勢制御
イオンエンジンによる南北軌道制御(オプション)

事例の紹介


DS2000の設計は様々なニーズに柔軟に対応いたします。



C、Ku、Kaバンド周波数帯型/
スポットビーム固定式通信衛星
 

マルチスポットビーム
ブロードバンド通信衛星
 

Lバンド、Sバンド、Xバンド
周波数帯域モバイル通信衛星


商用・公用・民間・防衛
混合型通信衛星
 

気象観測用通信衛星
   

マネージメントシステム


人工衛星のトップメーカーである三菱電機では、衛星システム開発プロセスの全工程を通じて最新のITシステムを導入した革新的プロジェクトを進めております。KDI-21(Kamakura Digital Innovation-21)と呼ばれるこのプロジェクトは、機械設計・電子設計・ソフトウェア開発・データベース統一という4つの主要分野からなります。このシステムは3次元CADモデルデータを組み込んでおり、そのためにモデリングやインターフェースの確認、設計の見なおし、管理、調整などが簡単に目で見えるようになっています。このモデルデータにより、開発段階で設計ミスなどを視覚的に示すことが可能です。モデリング・シミュレーション施設では、見なおし段階でひとつのモデルをインターネットを介して共有することができます。システムの中核となるのがKDIデータベース。KDIデータベースはあらゆるデータを統合し、扱いやすい形式にして使用することができるようにします。情報へはポータルサイトを通じてアクセスが可能で、認証されたユーザは必要な情報を引き出すことができます。