芸能メニュー

ここから本文

芸能芸能のRSS

SMAP、日本人初東京ドームで6公演 (2/2ページ)

2008.8.25 05:11
操作メニューをスキップして本文へ

 平成13年の史上初の5大ドームツアー、14年の驚異の115万人動員、17年の単独アーティスト初の国立競技場公演など数々の伝説を生んできたSMAPのツアー。ファン待望の2年ぶりの今回は、年内に行うドーム規模の全国ツアー。その目玉が東京ドーム6公演という偉業だ。

 9月24、25、26、28、29、30日の6日間。1回のツアーで東京ドーム6公演は、ローリング・ストーンズ(最多10回)、マイケル・ジャクソン(同9回)に次ぎ、日本人アーティストとしては史上最多。国民的アイドルだからこそ実現できる快挙だ。東京ドーム以降の日程は現在最終調整の段階に入っている。

 演出についてはこれから詰めていくが、ツアー初日にアルバム「super.modern.artistic.performance」を発売。全19曲収録予定で、ジャズやクラシックのエッセンスを取り入れSMAP流にアレンジするほか、米人気ポップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」のウィル・アイ・アムや、バート・バカラックら海外の著名アーティストから提供された楽曲も。

 話題必至の注目作を引っさげた今ツアー。アルバムとツアーのコンセプトは「今まで見たことのないSMAP!」。コンサートについて「大人っぽくなっているSMAPを出していきたい。中身で魅せます!」と関係者。“ニューSMAP”を堪能できるステージを約束した。

 木村拓哉(35)は「長い間、皆さんと直接コミュニケーションをとる機会がなかったので、とても楽しみにしています。今の自分たちにしかできないパーティーだと思うので、皆さんも思いきり楽しんでください」とツアー開催を心待ちにしている。



PR

Ads by Google

企画特集

注目サイト