※イメージをクリックして解説映像をご覧ください。

夢住宅は燃料電池や太陽光・太陽熱なども利用したハイブリットエネルギー住宅です。植物の光合成をヒントに開発された未来型の太陽電池は、従来利用されていなかった外壁にまで組み込まれており、家全体で発電。次世代型のエネルギーシステムで省エネ・低コストの実現を目指します。

玄関ドア、センサーやカメラなど複数のセキュリティーシステムで護られたエントランスへはクルマごと安全に乗り入れができます。留守中の異常には速やかな通報と安全確保がなされ、家族は端末で連絡を受けることができます。家の中に入る前に、家が異常を教えてくれるから安心です。

人の気配を感じるとBGMが流れ、心地よく主人を迎えます。映像が始まると、一番鑑賞しやすい環境に音響と照明を自動調整。音と光を最適にチューニングするホームシアターでは、ユビキタスコミュニケーターで様々な機器を簡単操作でき、お気に入りの映像や音楽を好きな時に快適に楽しむ事ができます。

テーブルと一体となったキッチンでは、家族が集まり、会話を楽しみながら快適に調理ができます。冷蔵庫内にある食材の情報から留守中の来客情報、収納荷物の情報まで家中の情報がキッチンに集約され、モニターでチェックすることができます。

トヨタ夢の住宅「」では、家と車の融合もテーマの一つ。家と車が連携した空間では趣味用品のメンテナンスや荷物の出し入れもより便利に。カーナビとホームサバーの連携により、まるで誰かが留守番していてくれているかの様に留守中の必要情報が配信されるため、外出先から家の様子が手にとるように判ります。

光・室温・湿度・空気の質など、寝室の環境を最適にコントロール。穏やかな眠りを誘うBGM、寝返りしやすく快適な姿勢で眠れるマットレス、快適な目覚めを促す照明と採光など、就眠時から睡眠、そして目覚めの時までを心地よく演出し、健康的な生活をサポートします。