前の記事へ

次の記事へ

新型スカイライン 「50th Limited」誕生

2007.11.27

日産自動車の岡本です。

年末が近づくと、「1年が経つのは早いねぇ」と、
同僚の仲間たちと、しみじみ話すことはありませんか?

私は、スカイライン生誕50周年の今年、時の流れの
早さを最も実感しています。

本日は、この節目の年に誕生した、
新型スカイライン 「50th Limited」を紹介していきます。

※2008年3月31日受注分までの期間限定生産です。


東京モーターショーでの初披露の模様はこちらから。)

インテリア



新型スカイライン 「50th Limited」は、
上質で洗練されたインテリアが特長です。

50th Limited レッドレザーシート
本革(※)レッドレザーシート(前席ヒーター付)
※一部、合成皮革を使用。

前席の50周年記念刺しゅう
50周年を記念した刺しゅうロゴマークを前席に採用。

50th Limited シリアルナンバープレート
そして、フロントガラスには、
シリアルナンバープレートを装着しました。

 
 
設定ベースグレードは、350GT Type SP、350GT Type P、
250GT TypeP、250GT FOUR TypePの4グレード。

設定ボディカラーは全6色(ホワイトパール、ブレードシルバー、
ブリリアントシルバー、ストラフィアブルー、スーパーブラック、
クリムゾンレッド)からお選びいただけます。
 
 
 
ここでぜひ、皆さんのご意見を聞いてみたいと思います!

 
上質で洗練されたインテリアの
新型スカイライン 「50th Limited」のレッドレザーシートに
最も合うボディカラーは何色だと思いますか?

 
 
ボディカラーのご確認は、
ぜひ、着せ替えシミュレーターをご活用ください。

投票はワンクリックで出来ます!
※但し、複数投票はできませんので、ご注意ください。

以前、お届けした、発売後10,000台の売れ筋レポートでは、
ブリリアントシルバーが22.5%を占めていましたが、

「スカイライン誕生50周年 アニバーサリーモデルプレゼント」で、
最も応募数が多く人気が高かったのは、
レッドレザーシートとスーパーブラックの組み合わせでした!

どのような結果が出てくるのか楽しみに、
皆さんのたくさんの回答をお待ちしています。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続いて、ご紹介するのは、新型スカイライン 250GT Type S。

皆さまに、ご好評いただいているスポーツグレードを、
2.5Lにも設定しました。

250GT Type S

マグネシウム製パドルシフトによるより快適な操作性や、
18インチアルミホイールの7本スポークなど、
Type Sならではの、スポーティな走りを思う存分、堪能いただけます。
 
 
詳しい内容は、以下より請求できるカタログでも、ご確認ください。

カタログ請求はこちらから↓
カタログ請求 
 
Webカタログはこちらから↓
Webカタログ

 
 
【関連情報】
「東京モーターショー2007」レポート
投票募集!インテリアについてのアンケート
 
 

トラックバックURL

http://blog.nissan.co.jp/cgi-bin/skyline/mt-tb.cgi/274

このページへのトラックバック一覧

スカイライン50周年記念車

(ゴットゥーザ様まんせーw):2007年11月27日 18:13

V36スカイライン・セダン「50th Limited」誕生!

(日産スカイライン情報ナビ@日産スカイライン大好き!):2007年11月27日 19:03

スカイライン50周年限定車&250GT type-S

(ときめきスカイライン):2007年11月27日 21:26

私は車好きなのです。

(褒貶 - サロン道 - ):2007年11月27日 22:58

赤い50周年

(matsu's room-スカイラインクーペCPV35オーナー日記):2007年12月02日 10:47


次の記事へ

前の記事へ