ORICON STYLE Oricon

ミュージック 特集&ピックアップ

ミュージック特集&ピックアップ
2005年12月19日
2005年 年間アルバムチャート
順位 タイトル/アーティスト 売上枚数 音楽配信/着うた

1

musiQ

ORANGE RANGE

2,630,763

   

2

ケツノポリス4

ケツメイシ

1,915,233

    着うた

3

SENTIMENTALovers

平井堅

1,660,885

   

4

Def Tech

Def Tech

1,657,631

     

5

PERFECT BEST

EXILE

1,438,889

     

6

BEST〜first things〜

倖田來未

1,207,793

     

7

MY STORY

浜崎あゆみ

1,131,776

     

8

I ♥ U

Mr.Children

1,068,773

     

9

BEST OF SOUL

BoA

1,060,039

     

10

キラーストリート

サザンオールスターズ

1,025,091

     

11

ИATURAL

ORANGE RANGE

848,776

   

12

DISCO−ZONE〜恋のマイアヒ〜

O−ZONE

809,739

   

13

Home[1997〜2000]

ゆず

635,336

     

14

Lokahi Lani

Def Tech

624,506

     

15

THE CIRCLE

B’z

557,783

     

16

MUSIC

中島美嘉

545,820

     

17

KinKi Single Selection �

KinKi Kids

544,594

     

18

Going[2001〜2005]

ゆず

541,627

     

19

ネヴァー・ゴーン

バックストリート・ボーイズ

528,360

  着うた

20

グッジョブ!

リップスライム

522,800

     

21

DIAMOND15

DREAMS COME TRUE

514,746

     

22

secret

倖田來未

505,607

   

23

そうかな

小田和正

495,298

    着うた

24

デスティニー・フルフィルド

デスティニーズ・チャイルド

487,051

   

25

Early Times

LOVE PSYCHEDELICO

467,569

     

26

夢の中のまっすぐな道

aiko

466,899

     

27

Queen of Hip−Pop

安室奈美恵

450,359

     

28

ベスト・クラシック100

Various Artists

423,734

    着うた

29

THUMPx

ポルノグラフィティ

416,655

     

30

LOVE JAM

大塚 愛

414,513

     
年間アルバムチャートTOP100はこちら
年間ヒットチャートトップページはこちら 年間シングルチャートはこちら アーティストトータルセールスランキングはこちら
     
 
TOP10全てミリオンヒット!

 ベスト盤が強いのは今に始まった現象ではないが、今年は3年振りにトップ3が全てオリジナル・アルバムだったのが、やはり嬉しかったりする。
  ORANGE RANGEの『musiQ』は、オリジナル・アルバムとしては2002年宇多田ヒカルの『DEEP RIVER』以来の爆発的セールスを記録して、本人達も周囲も驚いたのだから、微笑ましい限りだ。実は実験魂や凝りまくり体質が溢れてるにもかかわらず、パっと聴き“単純明快ポップ”という痛快さが、時代に見事にハマった気がする。カジュアルさが天下を制す。

 ケツメイシ『ケツノポリス4』は、独特の“三十路のおっさん”感が“お洒落なポップ・ミュージック”として成立してしまった“奇跡の一枚”として印象深い。  そして平井堅の『SENTIMENTALovers』は、“シンガーというもの”の本質を世に再確認させた意味でも、当然のベストセラーと言えよう。“歌バカ”とは、最大級の賛辞だわ。

 

ケツメイシ
■インタビューはこちら

 

平井堅
■インタビューはこちら

 また浜崎あゆみ、B’zといったベテラン勢が変わらぬ存在感を見せつける中でも、サザン7年振りの新作『キラーストリート』は際立った。2枚組全30曲のボリュームで、ミリオン突破。中年をなめんなよ。更には今回の『I ♥ U』で10枚連続ミリオンセラーという、Mr.Childrenの“超一級の現役魂”もさすがだろう。

 
 

Mr.Children ■ライブレポートはこちら

 同じ“女性”を表現しながらも、“語り手”的なaikoと“唄い手”的な中島美嘉という対照的な2人が、揃って円熟した観があったし、椎名林檎とCoccoが各々、東京事変とSINGER SONGERとして“カムバック”したのも、女性アーティスト・シーンの更なる充実ぶりを物語った1年でもあったな。

 

東京事変
■コメントはこちら

 

倖田來未
■インタビューはこちら

 で今年も華々しく日常を彩ってくれた数あるベスト盤軍団で、明らかに特異だったのは倖田來未の『BEST〜first things〜』。今年後半ワイドショーも賑わせた彼女だが、BGMでいつも「キューティーハニー」が流れるように、実は楽曲単位の印象は薄い。今年の年間シングルチャートでも85位が最高だ。にもかかわらずベスト盤が発売2ヶ月ちょいで120万枚売れるのだから、まさに“倖田來未というもの”自体が支持された証明なのではないか。おそるべし、くぅちゃん。

 またリップスライムの『グッジョブ!』も、夏フェスのテーマソング的新曲を収録してリリースしたという点で、ベスト盤の“新しい形”を提示したと言ってもいいだろう。
  個人的には、“繊細”レミオロメンに“洗練”ポルノグラフィティ、“濃厚”サンボマスター以外のロックバンドの更なる発奮を来年に期待したいとこもあるが、アーティスト達の個性の“尖化(せんか)”具合が愉しい2005年だった。満腹です。

レミオロメン ■コメントはこちら

(文:市川哲史)

特集&ピックアップ一覧へ