連載開始からまさに実体験に基づく本屋ならではの本音や苦労を赤裸々に描いた内容で書店員を中心に大人気となり、今や書店だけでなく、出版社から取次ぎまであらゆる方面で必読本となった「暴れん坊本屋さん」。今回はこの「暴本」の作者であり、主役(?)でもある書店員兼漫画家・久世番子先生にインタビューして来ました。本屋で働くもの同士、思わず脱線することも多かったですが、番子さんの本への愛がたっぷりつまったこのインタビュー、ぜひあなたもその愛に巻き込まれてください!

   
 
 第73回:水城せとな先生

 第72回:カトウハルアキ先生

 第71回:中田ゆみ先生

 第70回:柴田ヨクサル先生

 第69回:梅澤淳 氏

 第68回:はっとりみつる先生

 第67回:蒼樹うめ先生

 第66回:むんこ先生

 第65回:清水栄一先生×下口智裕先生

 第64回:塩崎雄二先生

 第63回:「コミックビーム Fellows!」編集 大場渉氏

 第62回:大石まさる先生

 第61回:ヒロユキ先生

 第60回:きづきあきら先生・サトウナンキ先生

 第59回:ISUTOSHI先生

 第58回:重野なおき先生

 第57回:紺條夏生先生

 第56回:志村貴子先生

 第55回:森永みるく先生

 第54回:神宮司訓之氏

 第53回:私屋カヲル先生

 第52回:久世番子先生

 第51回:大島永遠先生

 第50回:おがきちか先生

 第49回:「コミックハイ!」編集長 野中郷壱氏

 第48回:えりちん先生

 第47回:倉科遼先生

 第46回:よしながふみ先生

 第45回:菊池直恵先生

 第44回:石田敦子先生

 第43回:藤代健先生

 第42回:林家志弦先生

 第41回:山名沢湖先生

 第40回:ひぐちアサ先生

 第39回:鈴木次郎先生

 第38回:竹本泉先生

 第37回:深巳琳子先生

 第36回:影崎由那先生

 第35回:宮野ともちか先生

 第34回:甲斐谷忍先生

 第33回:芳崎せいむ先生

 第32回:阿部川キネコ先生

 第31回:田丸浩史先生

 第30回:二ノ宮知子先生

 第29回:大井昌和先生

 第28回:広江礼威先生

 第27回:曽田正人先生

 第26回:日本橋ヨヲコ先生

 第25回:羽海野チカ先生

 第24回:石田敦子先生

 第23回:柳沼行先生

 第22回:大島永遠先生

 第21回:吉崎観音先生

 第20回:小野寺浩二先生

 第19回:ぢたま某先生

 第18回:森薫先生

 第17回:木尾士目先生

 第16回:堂高しげる先生

 第15回:犬威赤彦先生

 第14回:八神健先生

 第13回:志村貴子先生

 第12回:文月晃先生

 第11回:Dr.モロー先生

 第10回:梁慶一・尹仁完先生

 第9回:山口貴由先生

 第8回:塩崎雄二先生

 第7回:倉上淳士先生

 第6回:榎本俊二先生

 第5回:氷川へきる先生

 第4回:山浦章先生

 第3回:さなづらひろゆき先生

 第2回:村枝賢一先生

 第1回:はっとりみつる先生

  • 編集:まずこの「暴れん坊本屋さん」(以下、「暴本」)を描くことになったきっかけを教えてください。

    久世先生:最初は単純に本屋を舞台にした漫画の企画を出したんです。掲載誌である「ウィングス」っぽい男の子、カッコイイ男性キャラが本屋を舞台にドタバタする漫画で、「暴本」のように本屋の内情に迫ったりすることなんてないいわゆるキャラ萌え系漫画を考えていたんです。
    それで担当さんと打ち合わせを始めたんですけど、途中で担当さんから「本屋の漫画を描くんなら、実際に働いている番子さんが出た方が面白いんじゃない」って言ってくれたんです。それでそれも面白いかなって思って、じゃあ自分のこれまでの体験を活かしたエッセイ風な漫画を描いてみようと思ったんです。

    担当さん:最初にその本屋を舞台にした漫画の企画で打ち合わせをしたんですけど、漫画のプロットより、途中の雑談で話してくれる本屋での実体験がかなり面白かったんです。「そんなことあるの!?」みたいな話が本当に多くて、それを聞いているうちに、「いやこっちを描いた方が面白いよ」って提案してみたんです。

    それで最初はカッコイイ男の子を描くはずだったのが、自画像であるこんなキャラクターになっちゃたんですよ(笑)。ところでこの私の自画像ってなんだと思います?

  • えっ? いや〜、アタマの毛とか厚唇とかでオ●Qみたいだなって思っていましたけど。

    最近の新説だと魚肉ソーセージっていうのがありましたね(笑)。でもこれペンギンなんですよ(笑)。昔、「バイナリーランド」(ハドソン)というファミコンゲームがありまして、そこにピンク色のペンギンが出てきたんですけど、そのイメージなんです。
    特にペンギン好きってわけじゃないんですけど、高校生ぐらいのときから同人誌時代も含めて、ずっと自画像として使っていたものなんですけど、なかなかペンギンって分かってもらえないんですよ。まずキモイって言われますからね(笑)。でもキモイけど、よく見るとなんとなく愛着が湧いてくると思うので、そんな感じでよろしくお願いいたします。

  • 実際に描き始める際はどんな感じだったのですか?

    最初はページ数もなにも決まっていなかったので、形づくりから始めました。とりあえず色々なネタをぽろぽろと出してみて、それを単純に並べてみて、8ページなり6ページなりの話を組み立ててみたんです。
    ネタ出しについてはこれを描き始めるまで書店に5年間勤めていたんで、その分ストックはたくさんあるんで、それを一つずつ思い出しては描いていく感じでやっています。とはいっても描けないヤバイお話も結構あったりするんですけど(笑)。

  • ページ数は最初は決まっていなかったんですね。

    最初は4ページという話だったんですけど、さすがに4ページは少なかったんで、第1話は6ページになりました。それからは全部8ページです。でも最初は穴埋め、つまり代理原稿だったんで、とても単行本になるなんて思っていませんでした。

  • 代理原稿だったんですか!? でももう4話目では「ウンポコ」の看板ですよね? それぐらい反応が良かったんですか?

    良かったです。「ウィングス」ではアンケートハガキで面白い漫画を1位〜5位の順位で書いて下さいってお願いしているんですが、「暴本」は必ず上位に入っていたんですよ。

  • その「ウンポコ」ですけど、タイトルもすごいなって思ったんですけど、表紙を見てビックリしたんですよ。だって番子さんの自画像のペンギンが前面に出ていて、明らかに他の漫画雑誌と違うじゃないですか。「な、なんだこの雑誌は!?」って思ったんです(笑)。

    担当さんに聞いたら、実は結構物議を醸したらしいですけど、私も聞いたときにビックリしたんですよ。「ウンポコ」っていう雑誌名だけで一つ話が出来ちゃったぐらいですから(第4刷)。なんか音楽用語ってことは聞いたんですけど、それでもなんていうか、「ありゃー、やっちゃったな、新書館」って思っちゃいましたね(笑)。

  • 自分、しかも自画像が雑誌の看板、表紙イラストになったということについてはどうだったんですか?

    慌てちゃいましたよ(笑)。もうどうなっても知りませんよっていう感じでした。それから実際に自分の働いているお店に「ウンポコ」が納品されて、店頭に並ぶわけなんですけど、それって自画像が並ぶことになるんですね。さすがにそれを初めて見たときは「あちゃー」って思いました(笑)。

  • 「暴れん坊本屋さん」というタイトルはどうやって決まったんですか?

    まず担当さんがいっぱいタイトルの候補を出してくれたんですけど、それがどれもこれもイヤだったんです(笑)。具体的な案を挙げると「ブックブックこんにちは」、「それいけ本屋さん」、「番子の●●本屋さん」とかそんなんばっかりで(笑)。
    それでどうしようかなと思っていたときにちょうど「マツケンサンバ」が流行っていたので、そこから「暴れん坊将軍」のイメージで考えたのが「暴れん坊本屋さん」だったんです。あと略称で「暴本(アバホン)」って4文字になるんで、それも覚えやすくていいかなって思いました。

  • 連載が始まってみて読者もそうですが、周りのみなさんの反応ってどうでした?

    まず自分の働いている本屋には今もまだ漫画家だってことを内緒で働いていますので、お店の中での反応は全然無かったんですけど、私が漫画を描いていることを知っている友人が今まで私の漫画を読んでも「読んだよ」しか言わなかったのに、「暴本」については「読んだよ、面白かったよ」とまで言ってくれたんです。それはかなり励みになりましたね。
    読者の方からですと、8ページと短くて読みやすいせいか、「今月、●●のコマが面白かったですよ」っていうような感想がすぐに返ってくるんでそれが嬉しいですね。

  • 友人といいますと、漫画にも登場するハチさんの感想はどうだったんですか?

    ハチさんは結構突き放し系なんで。「暴本」を最初に読んだときも「まぁまぁだね」とかしか言わなくて、あんまり褒めてはくれないですよ(笑)。

  • 描く際に気遣っていることってありますか?

    愚痴を描かないことですね。やっぱり愚痴を描くとつまらないんですよ。確かに愚痴っぽいところはあるんですけど、同じ愚痴でも笑わせるような愚痴じゃないとダメだなって思っています。
    あと悪口とか苦情ネタですね。そういったものでも茶化せる程度のものはいいんですが、やっぱり茶化せないものもあるんで、そこは描けないですし、気をつけています。
    こんなことがあってすごく怒っているんです、といった私の怒りを描くより、やっぱり漫画なんで読者のみなさんが読んで楽しいと思えることを描いていきたいですね。実際に働いているとイヤなお客様もいて、そんな人にネチネチとクレームを言われて半泣きしてしまったこともあるんですけど、でも実録ネタでそんな辛いことばかり描いていると読む方も辛くなってイヤな気分になるじゃないですか。だからなるべく面白いほうに、面白いほうに描くようにしています。

  • 万引きの話(第5刷)とかも大変だったんじゃないですか。万引きってどうやっても悪くしか描けませんし。

    これは担当さんからリクエストがあって描いたんですけど、正直ちょっと苦労しました。
    万引きネタってどうしてもいい話にならないんで、せめてこの話については読んでいて気分を悪くするような話じゃなく、「ああ、そうなんだ、万引きってイヤだよね」って怒りを共感できるような話にしようと思ったんです。そうしないと本当にただイヤな話になっちゃうんで。

    でもそのあたりのバランスが良かったせいか、この回はすごく評判が良かったですね。

  • 書店業界の人はみなさん万引きに苦労しているから、こういった話はすごく喜びますよね。
    あと書店業界といえば、やっぱりこの漫画を描き始めた頃はそういった業界の人に読んでもらいたいと思ったんですか?

    そうですね。やっぱり本屋さんで働いている方に読んでもらえたらいいなって思っていました。おかげさまで本屋さんで働いている方からたくさんファンレターをいただけるようになったんですけど、もっと嬉しいのは読んでくれた本屋さんの方が今度は普通に本を好きな方に「暴本」を薦めてくれているんですよ。それが本当に嬉しくて、私、実際にいっぱい並べてくれている本屋さんで思わず(「暴本」を)買っちゃったこともありますから(笑)。
    ちなみに私がここで言っている普通に本を好きな方っていうのは書店業界以外の方のことなんですけど、どんな方かと言いますと、例えば本を下から取る時でも崩さないように丁寧に取ってくださるような方といえばいいんでしょうか。いますよね、本のタワーを崩しても平気な方って。そういった方でなく、その崩れたタワーを直したり、思わず本棚を整理したりする、「ああ、この人は本が好きなんだな」って、知らない人が見ても思わずわかってしまうような方なんですけど、そんな本好きの方も含めて本を愛している方に一人でも多く読んでもらえたらと思っています。

  • 描いていて不安になることってありますか? コレってうちだけかな、みたいなことって。

    最初の頃はこんなに読んでもらえると思っていなかったので、自分の周囲であったことをちまちま描いていたんですが、最近はコレでいいのかなって思うときはあります。だからファンレターで「ウチもそうですよ」って書かれてあると安心しますね。
    その反対にファンレターの中に書いてあることを読んで、「そんなこともあるんだ、じゃあちょっと調べてみよう」と思うことも増えてきたんで、最近は調べるというか、取材することも多くなってきました。

  • 連載を続けていく中で最初の頃より変えたことって何かありますか?

    劇中劇とか増えましたね。コスプレをさせたり、変なたとえを出したり、擬人化させたり。本がなかなか入荷しないことをマッチ売りの少女のネタで描いたんですけど(第13刷)、これもそのまま描いたら生々しい愚痴っぽい話になっちゃうんで、それを少しでも面白くしようと考えて、劇中劇にしてみたんです。

  • 最初は勢いで描いていたことが多いと思うんですけど、なにか手応えを掴んだなって思えるような話ってありますか?

    手応えとはちょっと違うかもしれないんですけど、自分の中で一番好きな話は売り場担当の話(第9刷)ですね。
    まず良かったのが●ィ●ニ−絵本と子供の事が大嫌いと思いっきり言えたこと(笑)。あとハチさんの作った売り場のこととか、あの「担当の趣味で売り場揃えているんじゃないの?」って言われた感じが良く描けたかなって思っています。ちょっとオタクっぽいネタも入れ込みつつ8ページできれいにまとまったんで「これはやったぞ自分」って思いました。

  • 読者の感想で他に印象深いものって何かありますか?

    本屋さんになりたいとか、なりたかったっていう感想が多いですね。一方で本屋さんって大変なんですねっていうのも多いんですけど、でも本屋好きだったら本を触るってこと自体がすごく楽しいと思うんですよ。自分で言うのもなんですけど、本当に本屋で働くって大変なんですけど、やっぱりみんな本が好きっていう思いがあって本屋さんで働いているんだと思うんです。
    本屋って漫画にも描いた通り(第7刷)、本当に肉体労働なんですけど、箱からどんどん本を出していくと、「あ、なんか面白そう。コレ、後で買ってみよう」とか、そういう一瞬がキラキラって輝いているじゃないですか(笑)。私はそれが好きなんですね。

  • 本屋で働いていて良かったことって何かありますか?

    本屋は働けば働くほどプロになっていく感じが好きですね。 本屋って、すごく広いところまで知識がないといろんな仕事に全然対応できないじゃないですか。だからそれだけ覚えることがあるんですけど、そこが面白いんですよ。働けば働くほどどんどんエキスパートになっていく、その感覚がすごく好きなんです。自分が成長していく喜びってあるじゃないですか。
    ある日、お客様から「●●ってないですか?」って聞かれた際に、事前にデータを調べてあったりすると、「ああ、それは●日後に重版がかかるんで、こちらの方に納品するのは▼日になります。でも動きが早いんでご注文された方がいいですよ」って、そこまで案内できたりしますよね、それで実際にお客様がご注文されたりすると、もう「やった!」って思えるじゃないですか。そういうところが嬉しいんですよ。

  • とらのあなの販売でトップの方にいる同僚に聞いたことがあるんですけど、レジをずっとやっていると常連の方の本棚が分かるようになるって言うんですよ。常連の方がレジに本を持ってきて、「ああ、こういうマンガを買う人なんだ」って覚えていると、その方が別の日に買う漫画を見て「ああ、なるほどやっぱりこれを買うのか」って納得するそうなんです。さらに上級(?)になると、入荷する前から、「この本はあの常連さんなら買うだろう」っていうことも分かってくるって言うんですよ。これも知識の積み重ねというか、エキスパートの一つだと思うんですけど。

    ああ、それ分かります。私も好きだなって思っていた本を買っていく人が私の読んだことない本を買っていくと、もしかして私にとってもその本は面白いんじゃないかって思いますね。
    実際、ハチさんは常連のお客様の中から趣味が合っている人を見つけて、その人の買ったものから自分の持っていない本を後から買っているんですよ。後から追っているんじゃいけないんですけど、書店員が(笑)。でもその人はかなりセンスが良いらしくて、(ハチさんは)だいぶアタリの本が買えたみたいですよ。

  • スケジュール的に漫画家業と兼業で本屋で働くのって大変だろうなって思うんですけど。どういうペースで描いているんですか?

    「暴本」が始まる前は漫画の仕事はそんなになかったので、週4のシフトで本屋で働いていたんですけど、いまはギリギリ週3でやっています。シフトに入る回数が少ないと担当を任せてもらえないんで、そこはなんとかしています。やっぱり時間が短いとレジ要員だけになってしまって、売り場を見ることが出来なくなっちゃうんですよ。
    売り場の担当だと、売上データを見ることも出来ますし、1冊1冊の動きを追ったり、ベストセラーをどう仕掛けていくかとか考えたり、本屋ならではの醍醐味が味わえるんで、担当からは外れたくないですね。
    辞めようと思わないんですかとも聞かれますけど、今のところ考えていないですね。というか今はシフト的に辞められないです。やっぱり本屋って人数をギリギリのところで回しているんで、一人担当が抜けると次にそこを誰が担当するか問題になるんですよ。そうなるとまず売り場担当を育てて、とか引継ぎから始めなきゃいけないんで難しいですね。それに私自身、本屋の仕事が好きなんでまだ続けて行きたいと思っています。

  • 最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

    ネットで買うのもいいですが、本屋さんに行って本屋さんがオススメする本を手に取ってみるのもいいと思います。本屋さんで本を買う、本屋さんに本を聞いて買うっていいですよね。逆に本屋さんもPOPを頑張って書いて、情報を発信していかないとダメですよね。売り場に置いておくだけじゃなくて、この本の横にこの本を置いて、この本が好きならこの本もいいわよって、いろんな形でオススメをしていくとお客様も、「おっ!」って、思うじゃないですか。やっぱり反応あるんですよ、お客様から。そうした本に対する愛、本屋で愛を感じることって嬉しいじゃないですか。売り場担当の愛に巻き込まれろって感じです(笑)。
    私も本当に好きな本があって、それって返品が出来ない本なんですが、絶対に切らさずずっと積んであるんですよ。いろんな方から、「それ、返品が出来ないんだから積むことないじゃん」って言われるんですけど、でも本当に好きな本ですし、POPを書いておくと2ヶ月に1冊くらいのペースなんですけど、それでもいまだに動くんですよ。となるとやっぱりその為だけにその場所を空けちゃうんですよ。これって愛なんですよね、やっぱり。そういった愛を本屋で感じてくれたら嬉しいです。

[取材日:平成17年10月27日(協力 新書館「ウンポコ」編集部・「ウィングス」編集部)]


※インタビュー本文はじめ、アオリ、シナリオ紹介など一部の例外を除きまして雑誌掲載当時のままとなっておりますこと予めご了承下さい

   

とらのあなTOP | インフォメーション | 通信販売 | DL販売 | オンラインエンタ | お問合せ | アンケート

会社案内 | 求人情報 | サークル | リンク集 | 利用規約 | 個人情報保護方針 | ガイドマップ

© TORANOANA Inc, All Rights Reserved.

戻る