料理を通じて描かれた主人(奥様)と使用人(料理人)とのSMにも似た見事な主従関係によりビッグコミックオリジナル本誌での連載開始直後から「とらだよ。」でお馴染みの編集者(「コミックガム」藤田氏、「コミックビーム」大場氏・岩井氏なと)をはじめ、多くの漫画家ならびにとらのあなスタッフにも強烈なファンを生んだ異色コミック「沈夫人の料理人」。今回はこの作品の作者である深巳琳子先生にインタビューしてきました。一部の漫画マニアだけには勿体ないこの企画、ぜひご一読ください!

   
 
■
© 深巳琳子/小学館・ビッグコミックオリジナル

「沈夫人の料理人」掲載誌「ビッグコミックオリジナル」に関する最新情報はココでチェック!
■ 公式ホームページ
http://bigoriginal.shogakukan.co.jp/

『とらだよ。』vol.43対象ページ
PDFファイル(5302 KB)
 第73回:水城せとな先生

 第72回:カトウハルアキ先生

 第71回:中田ゆみ先生

 第70回:柴田ヨクサル先生

 第69回:梅澤淳 氏

 第68回:はっとりみつる先生

 第67回:蒼樹うめ先生

 第66回:むんこ先生

 第65回:清水栄一先生×下口智裕先生

 第64回:塩崎雄二先生

 第63回:「コミックビーム Fellows!」編集 大場渉氏

 第62回:大石まさる先生

 第61回:ヒロユキ先生

 第60回:きづきあきら先生・サトウナンキ先生

 第59回:ISUTOSHI先生

 第58回:重野なおき先生

 第57回:紺條夏生先生

 第56回:志村貴子先生

 第55回:森永みるく先生

 第54回:神宮司訓之氏

 第53回:私屋カヲル先生

 第52回:久世番子先生

 第51回:大島永遠先生

 第50回:おがきちか先生

 第49回:「コミックハイ!」編集長 野中郷壱氏

 第48回:えりちん先生

 第47回:倉科遼先生

 第46回:よしながふみ先生

 第45回:菊池直恵先生

 第44回:石田敦子先生

 第43回:藤代健先生

 第42回:林家志弦先生

 第41回:山名沢湖先生

 第40回:ひぐちアサ先生

 第39回:鈴木次郎先生

 第38回:竹本泉先生

 第37回:深巳琳子先生

 第36回:影崎由那先生

 第35回:宮野ともちか先生

 第34回:甲斐谷忍先生

 第33回:芳崎せいむ先生

 第32回:阿部川キネコ先生

 第31回:田丸浩史先生

 第30回:二ノ宮知子先生

 第29回:大井昌和先生

 第28回:広江礼威先生

 第27回:曽田正人先生

 第26回:日本橋ヨヲコ先生

 第25回:羽海野チカ先生

 第24回:石田敦子先生

 第23回:柳沼行先生

 第22回:大島永遠先生

 第21回:吉崎観音先生

 第20回:小野寺浩二先生

 第19回:ぢたま某先生

 第18回:森薫先生

 第17回:木尾士目先生

 第16回:堂高しげる先生

 第15回:犬威赤彦先生

 第14回:八神健先生

 第13回:志村貴子先生

 第12回:文月晃先生

 第11回:Dr.モロー先生

 第10回:梁慶一・尹仁完先生

 第9回:山口貴由先生

 第8回:塩崎雄二先生

 第7回:倉上淳士先生

 第6回:榎本俊二先生

 第5回:氷川へきる先生

 第4回:山浦章先生

 第3回:さなづらひろゆき先生

 第2回:村枝賢一先生

 第1回:はっとりみつる先生

  • 編集:まずこの「沈夫人の料理人」を描く事になったきっかけを 教えてください。

    深巳先生:ビッグコミックオリジナル(以下、「オリジナル」)の増 刊で描いていました前の作品(「他人の家」)が終わってから、「さ て次をどうしようか」と担当さんと打ち合わせをした際に、担当 さんから「オリジナル」には料理漫画がないんで、そういったも のを描いてみてはどうかという提案されたんです。 実際、まだ2本目で、ほとんど新人のような私にとってはともか くページをもらうことが一番大事だったんで、そうしたどの雑誌 にもあるようなジャンルを描く事はページを取りやすいかなと思 ったんですけど、最初にその提案を言われた時は「私が料理 漫画?」って正直戸惑いました。 私の中での料理漫画のイメージというと、なにか問題があった 時に、料理で解決してめでたしめでたしみたいな、人情話的な ものか、料理勝負といった対決モノしかなかったんですけど、ど ちらも自分とは合わない、違うものと思っていたんです。だから 私もその形をやらなきゃいけないんだろうか、それが出来るん だろうかということでかなり悩みました。

  • 確かに普通「料理漫画」といえば「美味しんぼ」や「味いちもん め」のような人情話か、古くは「一本包丁満太郎」のような対 決モノを想像しちゃいますからね。

    そうなんです。だから担当さんと打ち合わせをしている時に、料 理漫画にあるような「いい話」は私には描けませんよって言った んです。そうしたら担当さんが「イヤな話でいいですよ」って言 って下さったんで、それだったらもう料理を好きに使ってなにか 変わったものを描いてみるかって前向きに考えることにしたん です。 誤解があるといけないんで補足したいんですけど、決して「絶 対に料理漫画を描け」と言われたわけではないんです。たださ っきも言いましたけどほとんど2本目ということもあって、まだま だ素人くささみたいなところがあったんで、そこをもう少しプロ としての自覚を持ってやってみようと思って始めたんです。

  • なぜ中国を、しかも明の時代を舞台にしたんですか?

    2巻の巻末にも描いたんですけど、料理の知識とかうんちくと かそういったものを全然持ってないんですよ。 だから単純に食といえば中国かなっていうところと、昔、中国に 行った際に中華料理がおいしかったりとかそうした下らない理 由もあるんですけど、中華料理の幅の広さですか、いろんな食 材を使ったり、四川や上海など地域によって様々な違いがあっ たりするような多様性、それが一番の理由ですね。 時代設定を現代にしなかったのは、今の上海なんかがそうで すが、現代はあまりにも変化が速くてついていけないですし、そ の場にいないとわからないことが多いじゃないですか、それで 過去の、明の時代にしたんです。

  • 時代設定を現代にしたらやっぱりある程度リアルに描かないと いけないですし、やっぱり昔の設定ですと多少デフォルメという か漫画的に、もっと言うと嘘を描いてもいいというところがあっ たんでしょうか?

    作品を描く際にいろいろ中国について取材させていただいた 大学の先生にアドバイスを頂いたんです。 「地方色とか時代色というものが中国は豊かだけれども、物語 なんである程度そのへんは曖昧にしてもいいと思いますよ、そ れはもう物語の面白さなんで」といったような内容なんですが、 それですごく気が楽になったのは確かです。 ただそれでもウソというものが許されるのは誰も本物を見たこ とがない過去の話だろうと思いましたし、こうした過去の話なら よほど現実離れしたものを描かない限りは一種のファンタジー として成立するだろうと思う一方で、知らないことを理由にいい 加減なものを描いたり、逆に描かないといったことは絶対にな いようしようと決めています。 漫画としてあえて実際とは違うことを描くことがありますけど、 やっぱり知っていて描かないのと知らないで描かないとじゃ違 うじゃないですか、その点はかなり気遣っています。

  • 具体的にわざと事実と変えている部分って教えていただけま すか?

    奥様の髪型とかそうですね。あれは明の時代じゃなくて、どちら かというと唐の時代の感じなんです。 あとこの時代、本当は夫婦でも男と女が一緒にご飯を食べる ということはまずないんですが、ストーリーの都合上、会話を膨 らませるために一緒に食べさせちゃっています。実際ストーリー に都合がよければ使用人である愛蓮も一緒に食べる回が出 るかもしれません。

  • 取材はされたんですか?

    最初のネームがすんなり通ったんで、かなり怒涛のように掲載 が決まっちゃったんです。ただそのネームの段階でもわからな いことだらけで、実はストーリー以外は「ここはどうなっているん でしょうか」という担当さんに対する質問ばかりで出来ているよ うなネームだったんですよ(笑)。 だから取材は相当バタバタしましたね。いろんな疑問を全部 調べるために先程の大学の先生への取材とか、本を大量に買 ったり、料理についても実際の中華料理店の方に色々と伺った りしました。

  • キャラクターについてなんですけど、性格付けと主従関係、そ れも女性上位といった設定、どちらが先だったんですか?

    主従関係の方が先だったと思います。やっぱりあの関係を先に 作っておかないとああいったキャラクターにはならないでしょう(笑)。 あと女主人にしたのは男性が主人だとどうしても肉体関係の 方に行きやすいじゃないですか、手篭めにしちゃって終わりとい うか、やっぱりそれだとあんまり料理を作る意味がないですし、 面白くないなと思ったんで、この関係になりました。

  • はじめに出来たのが奥様と李三なんですか?

    まず奥様ですか。単純にちょっと美人を描いてみたかったって いうのがあるんですよ。可愛いとかじゃなくて、なんかキツイ、イ ヤな美人、悪女みたいな雰囲気の女性。則天武后や楊貴妃 のような感じですね。 悪女を描きたかった理由は私が少女漫画のヒロインのような タイプが嫌いだったことが影響しているんだと思います。 子供時代によく少女漫画を読んでいたんですけど、大概主人 公っていうのはひたむきないい子なんですけど、そういうキャラ ってデリカシーがないじゃないですか。「これが正しいから、こう しようよ!」って他人の問題にも問答無用で首を突っ込んでくる 図々しさがあって、読みながら、なんだかむかついてくるんです よ(笑)。 逆に奥様はすごくデリカシーがある人間だと思うんです。使用 人に陰口を言われていても、自分の世界が護られているのな ら必要以上に気にしない寛容さがあって、すごく自分の立場を わきまえていると思うんです。だからこそ確信犯的に人のデリカ シーをあそこまで徹底的に踏みにじれるんでしょうね。

  • 最初と比べて性格が変わってきていませんか? お茶目になっ たというか。

    最初はもっとクールなはずだったんですけど、なんかどんどんか わいげが出てきましたね。 やっぱり悪女なんで最初は表情や仕草までマダムな感じだっ たんですけど、それが表情を付けていくうちに、少しづつ顔の表 情だけでなく、性格まで幼くなってきましたね。

  • 沈夫人の名前、沈というのはどうして決めたのですか?

    最初にキャラの名前決める時、中国の名前辞典っていうのを読 んだんです。どういう名前があるか自体わかっていなかったん で読んだんですけど、ともかくそこからはもうインスピレーション ですね。 「沈む」という意味だけで考えますと、「水に沈む」とか悪く感じ るかもしれませんが、沈黙と考えると結構いい字だなとも思って います。あとある種の不気味さもあるじゃないですか。

  • 李三の性格はどうですか?

    いくら主従関係があるとはいえ、男尊女卑のあれだけ強い時代 にこれだけ奥様に惚れちゃうのはすごく自己陶酔が強い人だと 思うんです。まああの性格なんで彼は自分が奥様に惚れてい ることを立場上、絶対に否定すると思うんですけど、それもまた 快感にできる、ある意味おめでたい人と言えるかもしれません(笑)。 新興宗教の信者の快感みたいなものでしょうか。全ての判断と いうものを彼にとって神様のような存在である奥様に委ねてい るじゃないですか。奥様が言うならば間違いない、奥様が望む ならば泥棒もする、それぐらい委ねていますから。

  • 李三も性格が変わりましたか?

    最初に考えたときは奥様の無理難題に対して「畜生」と思いな がらも従ってしまう。そうした自分に対して矛盾を感じていたん ですが、今ではそんな矛盾を感じることはなくなりましたね。 「なぜ奥様は?」って疑問に思うことがあっても、「きっと何かおあ りなんだろう」って勝手に自己完結するところが最初に考えた 設定と変わったと思います。 でも本当にじれったいですね、描きながら「ウザいよ」と思うとき もありますよ(笑)。あと彼の考えってかなり極端に卑屈である 一方で、極端にプラス思考なんですよ。だからネームを考える ときにすごく困りますね、「どうしてそんな考えになるんだ!?」っ ていつも思っています。 よく奥様のことを困った人だと思う方がいますけど、私からすれ ば李三の方が困った存在だと思います(笑)。

  • 愛蓮も重要な立場ですよね。

    最初は奥様の立場を説明する存在ぐらいにしか考えてなかっ たんですよ。奥様だから旦那様がいるだろう、金持ちだからお 側についている子がいるだろうといったレベルだったんです。 ところが作品を続けていくうち、奥様のとんでもなさや李三の卑 屈さにツッコミを入れたくなるときが出てきたんですけど、そうし たときに彼女のような、あの中では比較的にノーマルで私や読 者の方に近い考えを持ったキャラがいると、私たちの代わりに「そ れはないだろう」みたいなツッコミをしてくれるので、だんだん出 番が増えてきたんです。 もし彼女がいなくて奥様と李三の二人きりだったら、もっとドロド ロした内容になっていたと思うんです。だからそういった意味で はすごく助けられたキャラですね。

  • すごく描き込んでいる作品という印象があるんですが。

    やっぱり中国のお金持ちの家なのに、背景とかがスカスカして いるとお金持ちの家らしく見えないんじゃないかという強迫観念 みたいなものがあるのか、ついつい描き込んでしまうんです。た だでさえページ数の割りにエピソードやセリフが多く、背景につい てもそんな感じなんで、自然と1コマ1コマがゴチャゴチャになっ てしまうんです(笑)。表紙がないのもページ数の割りにエピソー ドやセリフが多いので、表紙のためにページを使うのが勿体ない んですよ(笑)。 ページ数については元々1人で描いていたんで、物理的な理由 からどうしてもページ数が多いと無理なんです。ただ去年からア シスタントさんも入って、この作品も最初12ページだったのが、 おかげさまで16ページになったんですが、その分エピソードも増 えたんで、やっぱり余裕はないですね。 でもここまで表紙を描いていないと逆に今表紙を描いてくださ いって言われたらものすごく困ると思います。実は単行本以外 に表紙って描いたことがないんですよ(笑)。

  • 作品を続けていった中で手応えを掴んだ話ってありますか?

    世間に対して「これがいけるかな」と思ったことはないんですけど、 自分でなんとなくこの作品の中の人間関係がものすごく見えた なと思ったのが、李三が椰子を盗む回です(第2巻収録)。 1巻まではどんなに奥様に無茶を言われても道徳的に悪いこと はしていなかった李三が奥様のためなら罪をも犯す、一線を越 えた回だと思うんです。またそうして手に入れた食材の料理を 奥様が「私のためだけに盗まれた」という理由で喜んで食べる あたりで、二人の関係が決定的になったというか、すごくわかり やすくなったと思います。

  • 彼の場合は本当にどう思われようと、どうされようと、奥様にか まわれることが生きがいなんですよね。 だって「虫」と呼ばれても、人間として認められようと一生懸命 に料理を作るわけじゃないですか。

    そうでしょうね。そういう意味ではほんとに犬ですし(笑)、「虫」 なんて呼ばれるのも他人から見たらとてつもなく不幸な状況な んですが、彼にとっては目標が出来たという意味では幸せなん でしょう。かなり歪んでいますが(笑)。

  • 最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

    読んでくださった方はありがとうございます。そして単行本買っ てくださった方は、なおありがとうございます。セリフが多いし、コ マは小さくて読みづらいかもしれませんけど、読んでくだされば 幸いです。

[取材日:平成16年8月3日(協力 :ビッグコミックオリジナル編集部)]


※インタビュー本文はじめ、アオリ、シナリオ紹介など一部の例外を除きまして雑誌掲載当時のままとなっておりますこと予めご了承下さい

   

とらのあなTOP | インフォメーション | 通信販売 | DL販売 | オンラインエンタ | お問合せ | アンケート

会社案内 | 求人情報 | サークル | リンク集 | 利用規約 | 個人情報保護方針 | ガイドマップ

© TORANOANA Inc, All Rights Reserved.

戻る