諸君!元気かな?
ずいぶんと・・・お待たせしてしまったが。
いや、なに、その、あれだ。色々と事情があってな・・・。
ようやく。ようやくGFFのレポート掲載となったのだ。
(ふーむ・・・あるのだ・・・色々と事情がな・・・理解して欲しい)

それでは!あらためて!

先日開催されたGFF2003にてあの貞本義行さんが、
ここ福岡に来て松山洋と対談を行ったのだ!

今回はその模様をレポートするのだ!

まず、会場となったイムズのB2には「.hack//絶対包囲 Vol.4」の試遊台が
設置され、それとは別にサイバーコネクト2の会社紹介のコーナーがあったのだ。

紹介コーナーではパネルでCC2の会社概要・イチ押しクリエーターの紹介と・・・
なんと!「.hack」をベースに「ゲームができるまで」を紹介していたのだ!

そこには貴重な設定画なども掲載されており、
熱心なファンが食い入るように見ておったな・・・。
ふーむ。会場に来ていた諸君らはお得であったな。
 


▲これがそのパネルである。ん?小さくて見えづらいか? ▲会場にはたくさんの人々が押し寄せておったな!


  そして!
貞本義行×松山洋の対談・・・「貞本義行のデザイン考」は
2003年8月30日(土)GFF2003のカンファレンス初日
プログラムAにて行われたのだ。

覚えておるかな?
以前、このHP(おしえて!ぴろしさん!コーナー)内で募集した諸君らからの
質問をもって・・・たっぷりと対談が行われたのだ!

その対談における諸君らの質問と・・・貞本義行さんの回答とは・・・以下である!
 


 
Q1

はじめまして、みずきといいます。
私は「FF2003」にとても行きたいのですが、距離的に行けないので、
ここで参加させていただこうと思いメールしました。

貞本さんに質問です。
カイトやブラックローズ達のモデルや、裏設定などがあったら
ぜひ教えてください!夜も眠れないというわけではないのですが
とても気になっています。
みずき さん
 

  “.hack”は・・・カンヅメになった記憶しかないなあ(笑)
もともとの話をすると・・・最初はね。

“.hack”の話は断るつもりだったんです。

なぜかというと・・・この手の話って企画の最初から入れないことが多いからイヤ
だったんです。その時(エヴァの)漫画も連載してて・・・他の作品もできるほど
器用じゃないし。

結局、なんでやることにしたのかというと。

最初に松山さんが説明に来たときに“ここが新しい”というのがわかりやすかった
のと“オリジナル”であるというところが気に入ったんです。
ガイナックスもオリジナルを中心に手がける会社なので・・・。

そして企画の話をしながら最初に不満だったのは背景世界。
最初に(CC2に)見せてもらったプロトタイプがどこにでも転がってるベタな
ファンタジーだったから(笑)
そんで色々話したらサイバーのスタッフが1週間で仕様を作り直して持ってきて。

「・・・!・・・こりゃすごいやる気のあるスタッフだな!」
って感じて・・・。「・・・じゃあちょっと手伝おうかな?」
ってところがスタートですね。

ガイナックスにもこれくらい熱い人が欲しいなって思いました(笑)

質問に応えましょう。
カイトのポイントは・・・まず、等身ですね。
カイトの等身は“ナルト”の等身を目安にデザインしたんですよ。
あれくらいの“子供の等身”というのを目安に行きましょう!って話して。まさか
その時に“将来CC2でナルトを制作する”ことになるとは思いませんでしたが(笑)

デザイン的には帽子がポイントかな?
この手の帽子は今までのファンタジーにはなかったかな?って思って。

あとふともものあたりの紋様は描いた直後にヤバイデザインに見えたんで
描き直しました。最初はモモの丸い紋様が繋がってたんですよね(笑)

そしてブラックローズのポイントは・・・。
ナディアとフリクリのハルコが一緒になった感じ・・・
・・・あれ?・・・苦し紛れに作った感じが(今では)しますね(笑)
 


 
Q2

初めまして!アルといいます。
早速ですが貞本さんに質問です。
「エルクが綾波レイに似ているのは気のせいですか?」

おかしな質問で採用されるか不安ですがどうぞ答えてください!
これからもお仕事がんばってください!貞本さん!!

アル さん
 

 
目の色だけですよ。似てるのは(笑)

最初は司と同じタイプだからってことで女の子っぽくデザインしたんですよ。
今だから言いますけど・・・エルクの服装は“薔薇の名前”っていう映画で
クリスチャンスレーダーが演じたキャラの服のイメージからデザインしてます。

それと。
実は・・・エルクの帽子は(ボクが以前手掛けた)ルナルサーガという作品の
主人公の女の子から流用しました。手のデザインも実はその子と同じだったり
します(笑)

一番気に入っているデザインは“杖”。

特に貝の部分がこだわりですね。
最初に貝をモチーフにデザインしたことで完成しました。
あれ?こう言うと・・・
エルクは杖でデザインの全てを出し尽くした感じがありますね(笑)
 


 
Q3

キャラクターのイラストを描くときに、共通したイメージがあると
思うのですが(中華風とかアラブ系とか)
.hackのキャラクターを一言でいうとズバリ何風ですか?
気になって夜も眠れません。どうぞ教えてください。

ぐるりぐる さん
 

 
“.hack”は・・・“なんでもアリ系”です。

東洋系だったりSFっぽかったりネコがいたり(笑)
それをひとつの世界観の中にまとめていくって感じですね。

余談ですが。
ぼくのデビュー作の“王立宇宙軍”の時は(当時流行っていた)ファンタジーに
対抗してあえて東南アジア風にしたっていう記憶があります。
当時は建築様式アールデコからポストモダンまでを組み入れてデザイン
したんですよね。本当に建築の勉強からやりました。
(結局“王立宇宙軍”は設定の作業だけで一年かかりました)

やっぱし・・・くくらないのが“.hack”の良さじゃないですか?
ぴろしなんか、まるで・・・ザ○の体にオカッパ頭ですからね。
(ちなみにCC2が最初に作ったプロトタイプ版ではザ○の体にゲンドウの頭
が乗っかってました)

結局“なになに風”とくくれないですね。
あえて言うなら・・・“.hack”風という感じですね。
 


 
Q4

質問なのですが、『.hackの世界を彩るキャラ達のデザインを決める上で
一番苦労したキャラは誰ですか?』
みんなそれぞれ特徴があるので誰も彼も大変だった気もしますけれど…。
.hackは本当に大好きなゲームなので、続編が出るのでしたら例え受験を
控えていても買わせて頂く所存です。
何かと大変でしょうが、頑張ってください…!

ツナ さん
 

 
割とスルスルといけましたよ(笑)


書いてる時間はホントに短いです。
やっぱし迷うのは色かな?
BRも最初は名前から赤と黒かな?とか考えたけど
主人公にも赤使ってるしとか考えて・・・。

色はキャラを作るときに一番こだわる要素ですね。

エヴァでもそうでした。
最初にそのキャラのイメージカラーも含めて
そのキャラに一番ふさわしい色をチョイスします。

これがまた、面白い話でして・・・エヴァもガンダムカラーのように白を
ベースに青・赤・黄色と塗っていくと・・・ガンダムに見えるんです。
エヴァは色々試しましたよ。
黄色と緑をベースにしてみたり。そうすると鋼鉄ジーグに見えましたが(笑)
そしてグレーにしたらガンバスターになっちゃって(笑)

結局は山下いくとさんが紫に決めたんですけどね。
実はエヴァは“鬼”がモチーフなんですよ。
角があるでしょ?甲冑もあるし。

だから零号機は青。
だから弐号機は赤。

プロトタイプ(零号機)は当時の新幹線のプロトタイプが黄色だったので黄色。

キャラデザインでは“色のデザイン”が
イメージの大部分を占めてますよ。

 


 
Q5

貞本さんには、色々と質問したいことはありますが、一つ絞るとしたら、
主人公のカイトのことでもなく、ヒロインのブラックローズのことでもなく、
あの(どの?)『蒼天のバルムンク』のことです。

あの背中に羽根、腕に羽根とのある意味凄いデザインですが、 どうして
羽根をつけようと思ったのでしょう? 普通なら、背中の羽根だけでも
こと足りるとは思うのですが…。

もし、指定された物でしたら申し訳ありません。
ただ、どうしても気になってしまったのでメールを送りました。
それだけなんです。すみません。

弥栄飛鳥 さん
 

  これはサイバーコネクト2さんの初期デザインからの流れです。

最初のバルムンク(CC2デザイン版)は肩から羽が生えてたんですよ。
そりゃないだろと思って(笑)
まるでガッチャマンみたいだった。

だからなんとかしようと思って。

最初に腕を組んでジュディオングのようなイメージで描きました。
実はバルムンクの甲冑には割とこだわりもあって・・・
“つま先”は特にそうですね(笑)
 


 
Q6

貞本さんが今まで描いたキャラクターの中で内面的に一番
自分に近いと思うのは誰ですか?

山河社稷図 さん
 

  うー・・・・・・・・・・・ん。

結局、キャラっていうのは作った本人に似るんですよ。
基本的にはエヴァは庵野さんの作品だし。
フリクリは鶴巻くんの作品だし。

作品にはその作家の性格が出ます。

だから悪人にしか悪人キャラは作れないんですよ(笑)

ボクは・・・エヴァなら・・・加持さんかな?

彼ってスパイなのか、なんなのかよくわからないし。
やることよくわかんないし。

彼(加持さん)には“シンパシー”を感じますね。
・・・ボクの作品を読めば僕の性格が出てると思いますよ(笑)
 


 
Q7

えとえと質問ですっ。
貞本先生が作られた(生み出された?)キャラを初めて書くとき、体の
どこら辺から描き始められるか教えてくださいっ!(もし輪郭からでした
ら、そのあと描き始められる細部のとこをお願いしますです)

僕はたいてい目から描き始めるのですが、やっぱり、髪型からなので
しょうか?それとも、キャラによって違うとか、頭のなかでできている
からどこから描き始めてもOKとかなのでしょうか?
ぜひぜひ教えてくださいっ!

α-weapon さん
 

  ・・・・・・・・・・・・難しいですね。

いつもそれぞれ違いますね。
けど、目から描き始めるのは良いと思いますよ。

一昔前に、忍空みたいに目を塗りつぶすのがはやった時期がありましたが。
目が死んでるように見えましたね(笑)最初は。

けど、実際ボクは輪郭から描くことが多いですね。
アニメーターはシルエットというか全体というか、そういうものをイメージして
描いているはずです。

例えば、そのキャラを塗りつぶしたときに
何をしているか がわかるかどうか。

そこが重要です。
ディズニーとかがそのやり方ですよね?
アニメのキャラは動きのポーズがわかりやすくないといけないんです。

えー・・・ボクの話ですよね?
通常、絵を描くときは・・・輪郭描いて、目を描いて、それから全体かな?

一番気を使うのは目ですね。本宮ひろしさんの気分です(笑)

けど、これは大事ですよ。人が話すときとおんなじです。
必ず相手の目を見て話すでしょ?
 


 
Q8

初めまして。仁といいます。
大変恐縮ですが、.hackには他のRPGより個性的なキャラクター(PC)が
多いような気がします。キャラクターは性格、体系、衣装、表情等に、どこか
に強い印象があると、より引き立つと思います。
そこで、それぞれのキャラクターを考えるとき、どこに注意してキャラクター
の存在感を高めていますか?
お願いします。

仁 さん
 

 
キャラ作りはデザインだけではなく、
どういうキャラか?というのが重要です。

意外と・・・デザインというのは“表層”だけなんですよ。
そのキャラが何をやるのかが重要なんです。

最近だと・・・NOVAうさぎってのは感心しますね。
あーいう企業のマスコットに性格まで設定したうえでCMも作られてるので
非常にうまいと思います。

かっこいいとかきれいとかいうのも重要ですがそれは最初だけです。
正しいデザインというのはより多くの人格に触れてどういう人格を吐き出して
いくか
ということですね。

デザインそのものには限界があります。
新しいデザインというのは“新しい性格”を作るということですね。

そこができれば新しいキャラは生まれてくる。

手始めに・・・キャラの存在感を出すためにデザインモチーフを身の回りの友達から
参考にしたらいいと思いますよ。
 


 
Q9

早速ですが、貞本先生に質問する内容を・・・。

『キャラクターを生み出すまでの時間ってどれくらいですか??』

貞本先生の描かれたキャラクターってとても魅力的で、綺麗で、どこか
柔らかく、それでいて鋭いところもあり・・・・でもどんなキャラでも暖かい
カンジがするのです。やはり、そういったキャラクターを生みだすにはそれ
相応のお時間がかかると思うのです。

この質問をぜひ貞本先生にお聞きして頂きたいです〜
よろしくお願いいたします。

アスナ さん
 

 
時間はホントに・・・・・・・・・・・・・・短いのは短いです。

さっきの発想の話(Q8)と一緒ですね。

キャラの性格などが出来上がるまでの時間。
そこが短ければ(デザインが)できるのも早いですよ。
 


 
Q10

最後に・・・ガイナックスの人材雇用はどうしてますか?

松山洋 さん
 

  ボクは・・・・・・山口出身なんですが。
鶴巻くんは・・・・・・・・・・・新潟出身。
ボクら(ガイナックス)は“地方上京組み”が多いんですよ。

福岡は環境も良くて優秀な人が
ホントに多いと思いますよ。

実は高校時代の同級生がアニメーターになってて・・・久しぶりに再開してみると
・・・・・・・・・・・・・・・・・・“ちびまるこちゃん”(の仕事を)やってたりして。

「ええっ?お前もそうだったの?」って感じで。

地元にもし、(CC2のような)こういう会社があったら東京に出なかったかも(笑)

しかしホントに毎年、九州からガイナックスに入っている方は多いですよ。
ホントです。何も考えずにウマイ人を選んでいったら・・・結局残ったのは
福岡の人でしたって感じです。

正直・・・都会育ちは長続きしない感じがありますね。誘惑が多いのかな?

要するに・・・地方に“引きこもっている人”の方が強いってことだから・・・。

“引きこもりパワー”が地方出身者の
強さの秘密ということですね!!

 



  ふーむむむむむむ。以上。全10問答である!

いかがだったかな?諸君らにとっては色々と勉強になる
ありがたい話が聞けたのではないかな?

この貞本さんの言葉を胸に・・・!
更に精進するが良かろうなのだ!少年少女たちよ!

このぴろしも応援しているのでな!

ふう。さて。

そうであるな。
約束だったのでな。
うむ!約束どおり!
上記の質問採用者にはこの“.hack//USA版特製Tシャツ”
プレゼントするのだ!
 




  当選者には、順次発送していくのでな。楽しみに待ってて欲しい。
それでは、諸君!また会おう!

いや、ゆかいゆかい。
様々な“大人の事情”にさいなまれながらも必ずや
諸君らとの約束は守るであろうぴろしここにあり!

旅路の果てまでも!
頭上に星々の輝きのあらんことを!!