キーボード

Keyboard


Illustration of Keyboard

最も代表的な入力装置で,文字および記号を入力するために用います.

キーボードには以下のような種類があります.

  • キーの配列
    • ASCII キーボード
    • JISキーボード
    • 新JISキーボード
    • 親指シフトキーボード
    • 森田式キーボード
    • TRONキーボード
  • 機種
    • DOS/V 用
    • PC-98 シリーズ用
    • Macintosh 用
  • OS の種類による対応
    • MS-DOS,Windows3.0,Windows3.1
    • Windows95
    • Macintosh
  • コネクター(Connector)
    • AT Type Connector(DOS/V 機)
    • PS/2 Type Connector(DOS/V 機)
    • ADB Connector(Macintosh)
  • キーの数
    • 101 keys(DOS/V 機)
    • 104 keys(DOS/V 機,Windows95 対応)
    • 106 keys(DOS/V 機,日本語対応)
    • 109 keys(DOS/V 機,Windows95 対応,日本語対応)
    • 標準キーボード(Macintosh)
    • 拡張キーボード(Macintosh)

 


キーの配列

  • ASCII キーボード
  • JISキーボード
  • 新JISキーボード
  • 親指シフトキーボード
  • 森田式キーボード
  • TRONキーボード

ASCII キーボードは,アルファベットのみがキーに刻印されたキーボードです.ローマ字変換で日本語を変換するのであれば,ASCII キーボードでも利用できます.ただし,一部日本語用キーボードとキー(特に記号等)の配列が異なり,例えば,¥マークのキーがなく,\(バックスラッシュ)になっています.

JIS キーボード,新 JIS キーボードは日本語対応のキーボードで,それぞれ JIS 配列,新 JIS 配列になっています.現在入手できる日本語キーボードのほとんどが JIS 配列になっています.

親指シフトキーボードは OASYS キーボードとも呼ばれ,ワープロ OASYS で利用されたキーボード配列に基づいています.他のキーボードよりも高速に日本語を入力できることで知られています.

他の森田式と TRON キーボードについては残念ながら詳細がわかりませんでしたので,割愛させていただきます.

 


機種

  • DOS/V 用
  • PC-98 シリーズ用
  • Macintosh 用

現在最も一般的なキーボードが DOS/V 機用ですが,配列,キーの数,コネクターの種類などで種々のものがあります.

PC-98 シリーズのものは, DOS/V 機用キーボードのキーと若干異なり,XFER,NFER,Graph などの PC-98 シリーズ独自のキーが追加され,「半角,全角,漢字」キーがありません.

Macintosh 用キーボードはDOS/V 機用とは異なり,パワーオンキー,Apple 社のロゴ入りキー(command key),「option」キーがあり,「Back space」キーがないのが特徴です.また,「Enter」キーと「Return」キーが別になっています.

 


OS の種類による対応

  • MS-DOS,Windows3.0,Windows3.1
  • Windows95
  • Macintosh

MS-DOS や Windows 3.0,3.1 用には Ctrl(Control)キー以外には特別なキーがなく,英語キーボードでは 101 個のキー,日本語キーボードでは 106 個のキーがあります.

Windows95 のキーボードには上記のキーにスペースキーの左右に「Windows」キー1個ずつと「Alt」(Application)キー1個の計3個が追加されています.ただし,キーボードによっては「Alt」(Application)キーが左右に計2個追加されているものもあります.

Macintosh 用キーボードは,専用のキーが必要ですので,Macintosh 専用のキーボードを用いなければなりません.

 

DOS/V Keyboard

DOS/V 機用キーボード

Macintosh Keyboard

 Macintosh 用キーボード(左:標準キーボード,右:拡張キーボード)


コネクター(Connector)

  • AT Type Connector(DOS/V 機)
  • PS/2 Type Connector(DOS/V 機)
  • ADB Connector(Macintosh)

AT Type コネクタは旧タイプのコネクタです.主として AT 規格のマザーボードで利用します.それに対して,PS/2 Type コネクタは新しいコネクタで,ATX 規格のマザーボードで利用します.キーボードによっては変換コネクターが付属しており,両者のコネクタに対応できるようにしたものもあります.

ADB コネクタは Macintosh 専用のもので,キーボードもマウスも同じコネクタを利用します.ADB には電源供給用の配線があるため,デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続することが可能です.キーボード用にはデイジーチェーン(数珠つなぎ)用の ADB ポートがあります.

 


キーの数

  • 101 keys(DOS/V 機)
  • 104 keys(DOS/V 機,Windows95 対応)
  • 106 keys(DOS/V 機,日本語対応)
  • 109 keys(DOS/V 機,Windows95 対応,日本語対応)
  • 標準キーボード(Macintosh)
  • 拡張キーボード(Macintosh)

101 個のキーのキーボードを通称 101 キーボードと言い, MS-DOS や Windows 3.0,3.1 用のものです. Ctrl(Control)キー以外には特別なキーがなく,このキーボードを日本語にしたものが, 106 キーボードです.

Windows95 のキーボードには上記のキーにスペースキーの左右に「Windows」キー1個ずつと「Alt」(Application)キー1個の計3個が追加されているため,英語キーボードでは 104 キーボードと呼び,日本語キーボードでは 109 キーボードと呼びます.ただし,キーボードによっては「Alt」(Application)キーが左右に計2個追加されているものもあり,実際のキーの個数と異なることもありますが,通称は 104 キーボードとか 109 キーボードと呼びます.

Macintosh の特殊キーは登場した当初から変化していませんので,キーの個数はほとんど変化していませんが,拡張キーボードには Function キーがあるのが特徴です.

 

 


サーバ slot で用いたキーボードは以下の通りです.

  • ASCII keyboard
  • 104 Keys
  • PS/2 connector
Keyboard

 


server SLOT についてに戻る

slot のトップページに戻る


Copyright 1997: Mitsuo Tsukamoto, Faculty of Education, Kumamto University