第十一話:こっそり裏話

こんにちは、世間的には仕事納めの日ですが、
なんだかんだで仕事が残ってる新妻です。

いやー、今年も終わりですね。

自分的には今年はこのタイトルに始まり
このタイトルに終わったという感じです。

はてさて来年はどんな年になるのか?
どんなタイトルの仕事をしてるのか?

なんて、ぼんやり考えたりしてます。


……あー、続編作りたいなぁ。


よしっ、という訳で、年末で唐突にですが、
ネタ投下という事で、
この際、皆さんの疑問や気になっている事など、
頂いたお便りの中から
諸々ご返答していきたいと思います。

-------------------------------

■Q「入れたかったけど諸事情により見送りとなったキャラ」
はどんなキャラがいるのでしょう?
カプコン側・タツノコ側双方で気になります。
キャラ名を出すのはちょっと…というのであれば、
特徴とイニシャルでどうでしょう。

大阪府:TOLAさん

■Aうーん、いきなり難易度の高い質問です(笑)
ですが、この辺りは知りたい皆さんも多いかと思いますので
ネタバレ全開、伏せ字ナシで頑張って答えたいと思います!!

まず、今回はキャラも多いので、
ある程度何も考えず出したいキャラを選び、
そこから以下の理由で選定して省いていきました。

1、版権問題
2、格ゲーキャラとして、表現が難しい
または他のキャラと被る部分が多い
3、今回の主旨(今回は主役から優先)
4、その他全体のバランス(男女比など)

で、最初から22枠というのは決まっていたので、
落し込んでいったのですが、
実際採用されなかったキャラですと

コンドルのジョー、ヤッターマン2号、JJ、シュラト
ソウルテイカー、中原小麦、大巨人、ベルクカッツェ
テッカマンエビル、ブライキングボス

レオン、タイラント、ナッシュ、ひなた、伊達正宗、
アーサー、いぶき、レイレイ、ベガ、零豪鬼、ネロ、
ティアラ姫、ジューン、ルージュ、

なんてのがありましたねぇ。
(ホントはもっとありましたし、皆さん元ネタわかるかな・・?)


でも本当に、会社的に続編を作らせてくれるなら
もう少し頑張って調整して、
上記からぜひ出したいと思ってマス。

なので、もうちょっと売れるといいなぁ…。

---------------------------------


うお、質問一つで結構長くなってしまった!

なので、続きは年明けにでもやります。


では、改めて、

本年はユーザーの皆さんのおかげで
このVS.シリーズを世に出せる事ができました。
そして来年もこういったタイトルを出せるよう
会社的にも個人的にも頑張っていきたいと
思ってますので、来年も宜しくお願い致します


ではでは、少々早いですが
皆様よいお年を~。

▲ページトップへ

■プロフィール

新妻良太

本作のプロデューサーをつとめる。
格ゲーはそれほど得意でもないのに
なぜか、史上最強の弟子ケンイチ、SF4、そしてタツカプと 格ゲーのプロデューサーばかり務める変わり種。

最近は、こんだけやってればそのうち波動拳のひとつも打てないもんかと、
ふと思うちょっと身軽な3●歳


(C)タツノコプロ
(C)2005 タツノコプロ/鴉-KARAS-製作委員会
(C)CAPCOM CO., LTD. 2008,(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
「タツノコVS.カプコン」は一部(株)竜の子プロダクションの 許諾を受けて、(株)カプコンが製造・販売するものです。

CAPCOM:総合トップ CAPCOM:ゲーム CAPCOM:ショッピング CAPCOM:ファンサイト