講師陣紹介



梶 俊吾                   
梶 俊吾講師

1961年東京都出身。

幼少時代から映画に興味をもち、
学生時代に8mm自主映画の制作を開始。

高校卒業後、日活芸術学院に入学する。

在学中にテレビ・映画・CFなど様々な現場を経験する。

その後、元日活の監督が経営する制作会社に契約社員として入社し、制作部長となるが、
ある撮影現場でプロデューサー兼監督が、
その現場から逃げ出してしまった為、
期せず監督を経験し、監督デビューを果たす。

当初ドラマを制作していたが、徐々にドキュメンタリーに取り組み、
やがて,得意分野にしていく。

退社後、現在のグループ会社の基盤となるソフトメーカー、株式会社ホットエンターテイメントを設立するが、会社経営者の顔の他に映画監督業と言った顔も持つ。

映画の代表作品は『駅弁』で、この作品は、ベルリン国際映画祭に参加した他、ナット国際映画祭(デンマーク)に正式に招待された作品である。

一般作品では、『アフターファイヤー』シリーズ・『少年の犯罪』など数多くの作品をプロデュースした。

その後、(有)ホットピクチャーズ、(有)ジャパンエンターテイメント、(株)ブリット、(有)タイガーマイスターズを次々と設立。

現在、ネットオークションを運営するプロパイダー会社やナイトコンビニ(フランチャイズストア)『ホットパワーズ』等の経営も手掛けている。

また、最近では写真家やスタイリストとしても活躍している。

梶俊吾
「キミも第二の甲斐正明になりたくはないか!必ず俺がさせる!

梶俊吾が育てた人材

甲斐正明(現イルコム代表)
H・H(現AV監督)
剱宙太(現AV監督)
秋 秀人(現AV監督)
サバス堀中(現AV監督)

伏見直樹                    伏見直樹講師

昭和30年北海道の漁村で生まれる。
早くに母と離別し、15歳のとき、父、妹とともに上京。

建設作業員、喫茶店のウェイターなど様々な職を転々とする。

16歳にしてキャバレーホステス(当時23歳)と同棲。
ホステスの金でスナックをはじめ、水商売の世界に入る。

以後、女たちの金で、バー、クラブを経営し、
店舗つき住宅を持ち、この10年間に貢がせた金は、
ゆうに一億円を超えるという。

新宿のホストクラブ『愛』のNO.1ホストを経て、
『新宿ジゴロ』を経営。ハイ・クォリティの「ヒモ」というべき
ジゴロ哲学を実践する後継者の育成に力をいれている。

村西とおる企画でハワイでライブ出演したこともある。

株式会社ホットエンターテイメントからは、
仮)『ジゴロ 口説きのライセンス』が監督デビュー作となる。

コンセプトは少子化問題について問いかける。

最近では、自ら性の伝道師となり、「日本少子化救党」を結成し、信者を募る。

◆著書:

KKベストブック
ザ・ジゴロ  億の金を貢がせた男

◆映像:

原作
1982.10.15 実録色事師 ザ・ジゴロ  にっかつ
出演
1982.10.15 実録色事師 ザ・ジゴロ  にっかつ
1996.10._ 日本最強の性欲者 (V)  ホットピクチャーズ

水樹薫                   水樹薫講師

『狼の日記』
水樹薫出演作:『狼の日記』 監督(梶俊吾)
※クリックでパッケージ拡大

 

|TOP|学院について|カリキュラム|学院情報|講師陣紹介|個人情報保護について|

© 2007 Hot Entertainment, Inc. All rights reserved.