収蔵品のご紹介

主な収蔵・展示品

「サンリツ服部美術館」は、日本東洋の古代から近代にいたる、絵画・書蹟・工芸に、西洋近現代絵画を加えた600点あまりの作品を収蔵しています。
 絵画には、佐竹本三十六歌仙絵断簡のうち「大中臣能宣像」(重要文化財)などの大和絵、あるいは俵屋宗達にはじまる江戸時代の 装飾性豊かな琳派の秀作、また中国宋元画や室町水墨画などがあります。
 書蹟は、伝藤原行成筆「大字和漢朗詠集切(だいじわかんろうえいしゅうぎれ)」(重要美術品)などの古筆切や、兀庵晋寧(ごったんふねい)、大燈国師(だいとうこくし)の 墨蹟(ともに重要文化財)を含んでいます。
 茶道具を中心とする工芸には、本阿弥光悦が嫁に行く娘に与えたと伝えられる「白楽茶碗」(銘不二山、国宝)、古九谷大絵皿(こくたにおおえざら)の 数々、また優美な蒔絵などが含まれます。
 さらに、ルノワール、シャガール、テレスコビッチといった近現代西洋絵画をも含み、多彩な収蔵内容となっています。


代表的な収蔵品 Masterpieces of the collections


Photo of an art object

国宝・白楽茶碗(銘不二山)本阿弥光悦作
江戸時代



Photo of an art object

重要文化財・宗峰妙超墨蹟 霊徹字号
鎌倉時代



Photo of an art object

重要文化財・大中臣能宣像
佐竹本三十六歌仙絵断簡)
鎌倉時代


サンリツ服部美術館   長野県諏訪市湖岸通り2-1-1 TEL:(0266)57-3311/FAX:(0266)53-4458