『樫の木モック』
◆放映:1972年1月4日〜12月26日、フジテレビ系、毎週火曜夜7時00〜7時30分、全52回 ◆作品形式:カラー/連続ドラマ
キャラクター ダイジェスト サブタイトル
STORY
「ピノキオ」をモチーフにした「ハッチ」に続くメルヘン路線の第二作。いつか本当の人間になりたいと願う人形のモックと、そのいたずらに手を焼きながら温かく見守る心優しいゼペット爺さんとの心温まる物語。
STAFF
企画/吉田竜夫  プロデューサー/吉田健二、前里元義  制作担当/栃平吉和、大野実(読広) 構成/鳥海尽三  文芸担当/森 忠明 キャラクターデザイン/天野嘉孝 脚本/鳥海尽三、酒井あきよしほか  演出/九里一平、高橋資祐、岡崎邦彦ほか 作画監督/宮本貞雄、林政行 音楽/越部信義、東京企画センター 総監督/原 征太郎 協力/フジテレビ 制作/吉田竜夫とタツノコプロ

1972年
出来事
浅間山荘事件、沖縄返還
映画
ゴッドファーザー、キャバレー
ヒット曲 どうにもとまない(山本リンダ)、せんせい(森昌子)、 Alone Again(Gilbert O'Sullivan)
アニメ作品 海のトリトン、デビルマン、ど根性ガエル、マジンガーZ


CAST
主題歌 「樫木モック」 作詞/丘 灯至夫 作曲/越部信義 歌/小野木久美子 (日本コロムビア)

声の出演:モック/丸山裕子 ゼペット爺さん/矢田 稔 妖精/池田昌子 コオロギ/肝付兼太 親方/富田耕生
作品紹介へ戻る


Copyright ©TATSUNOKO PRODUCTION. All rights reserved.