日本のメディア芸術100選
100選 部門別 年代別 あの人の10選 作品リスト アンケート概要 トップ

完成、日本のメディア芸術100選。

2006年7月13日(木)〜8月31日(木)の50日間にわたり、文化庁メディア芸術祭10周年を記念して、日本を代表するメディア芸術100作品を選ぶアンケートを実施いたしました。
アンケートデータは一般の方によるWebアンケート・エントリー方式と、メディア芸術に関わる専門家(文化庁メディア芸術祭歴代受賞者・同歴代審査員を含むアーティスト・編集者・評論家の方など)の方による郵送法の2方式で収集。
最終的には延べ33,884名の方より209,284票におよぶ得票をいただき、ここに、「日本のメディア芸術100選」がついに完成しました。
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの各部門より選ばれた、自由回答を含む上位25作品、計100作品を、一挙ご紹介いたします(部門別・五十音順)。

art entertainment
animation manga

アート部門の上位25作品に選ばれた明和電機の『魚器シリーズ』『Tsukubaシリーズ』『エーデルワイスシリーズ』はそれぞれ『明和電機ライブパフォーマンス』に含まれるため、ここでは『明和電機ライブパフォーマンス』に統合いたしました。

日本のメディア芸術100選をじかに体験するには?

2007年1月21日から国立新美術館で開催するメディア芸術祭10周年企画展「日本の表現力」では、100選として選ばれた作品の紹介を予定しています。日本のメディア芸術を代表する作品群を一望できる、またとない機会です。詳細はメディア芸術祭10周年企画展「日本の表現力」速報ページをご覧ください。 文化庁メディア芸術祭10周年企画展 日本の表現力 アート・エンタ・アニメ・マンガ

日本のメディア芸術100選をうけて

文化庁メディア芸術プラザでは日本のメディア芸術100選を専門家の視点から 考察しています。今回のアンケートの結果が何を意味し、私たちはその結果から なにを考えるべきなのか。総評と部門別の講評を紹介しています。

文化庁メディア芸術プラザ 「best of best」


文化庁メディア芸術プラザサイトトップへページトップへ