現在位置は
です

本文です

新型インフル、関西の集団感染は同一ウイルスか…遺伝子解読

 関西での新型インフルエンザの集団感染は同一のウイルスで起きたと考えられると、製品評価技術基盤機構と国立感染症研究所が29日、発表した。兵庫県と大阪府の感染者9人から採取したウイルスの全遺伝子を解読した結果で、今月8日に成田空港の検疫で見つかった患者のウイルスとは別系統という。

 分析したのは、今月16〜17日に大阪府の4人と兵庫県の5人の患者から採取したウイルス。このうち大阪府と兵庫県の各1人のウイルスは全く同じだった。ほかの7人のも、このウイルスの遺伝子がわずかに変異したもので、同一の感染者から感染が一気に広がった可能性が高いという。

 世界で報告されている38人分のウイルスの遺伝子の変異から、関西で検出された系統は、4月下旬に米国東部とカナダで集団感染を起こした系統と、メキシコで流行の発端となったウイルスの中間に位置することも分かった。

 また、国立感染症研究所は29日、関西での感染は最初に確認された5月16日より2週間以上早い4月末に、発生していた可能性があるとの見解を明らかにした。

 全国の薬局約2200か所から毎日集めているインフルエンザ治療薬の処方量を分析した結果、4月28日に神戸市中央区で、5月1日に大阪府池田市、枚方市で量が急増していた。

 同時期は、季節性インフルエンザが既に収束しつつあり、新型インフルエンザの感染が始まっていた可能性が示唆されるという。

2009年5月29日21時58分  読売新聞)
現在位置は
です