サイエンス

文字サイズ変更
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに登録
Buzzurlブックマークに登録
livedoor Clipに登録
この記事を印刷

新型インフル:成田空港の飲食店従業員が感染 千葉

 千葉県は30日、同県佐倉市内の女性(19)が新型インフルエンザに感染していることを確認したと発表した。成田国際空港での検疫以外で、同県内で感染者が確認されたのは初めて。また、新潟市も同日、県内初となる女子学生(21)の感染を発表した。このほか兵庫県と大阪府で計6人が新たに確認され、国内感染者は31日午前1時現在、成田空港検疫での8人を含めて累計378人となった。

 千葉県によると、女性は成田空港内の出国手続き後の制限エリアにある飲食店従業員で、佐倉市内の寮で生活。最近の海外渡航歴はなく、関西方面にも出かけていない。28日夜にせきや鼻水の症状が出て、29日朝に39度の発熱があり受診。県衛生研究所の遺伝子検査で感染が判明した。入院中で容体は回復に向かっているという。

 女性は、26日まで出勤。休みだった27日は成田市内へ、28日は東京都内へ出かけた。28日夜以降は寮の自室で過ごした。県は27、28日に行動を共にした延べ48人と寮の同僚らの健康調査を行う。

 新潟市によると、女子学生は同市秋葉区在住。米国留学中で、一時帰国のためサンフランシスコから29日に成田空港に帰国した。機内で38.6度の発熱があったが、簡易検査は陰性だった。空港から乗り合いタクシーで自宅に戻り、30日に市衛生環境研究所の遺伝子検査で感染が分かった。タクシーの乗客ら数人と家族を追跡調査する。【倉田陶子、岡田英】

毎日新聞 2009年5月30日 20時02分(最終更新 5月31日 1時28分)

検索:

サイエンス アーカイブ一覧

 

特集企画

おすすめ情報