サイエンス

文字サイズ変更
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Buzzurlブックマークに登録
livedoor Clipに登録
この記事を印刷

新型インフル:川崎で36歳女性死亡 死者は28人に

 川崎市は19日、新型インフルエンザに感染し市内で入院していた東京都在住の無職女性(36)が18日、重症肺炎で死亡したと発表した。女性には糖尿病とぜんそくの基礎疾患があり、タミフルを投与されていたという。厚生労働省によると、新型インフルエンザによる死者は疑い例を含め28人となった。

 市健康安全室によると、女性は11日に発熱。12日に市内の病院を受診し、その場で呼吸困難となり緊急入院して集中治療室(ICU)に入った。15日に陽性と確認され、18日午後に新型インフルエンザによる重症肺炎で死亡した。【笈田直樹】

毎日新聞 2009年10月19日 21時08分

PR情報

サイエンス アーカイブ一覧

 

おすすめ情報

注目ブランド