福井県の総合ニュースサイト 福井新聞オンライン

サイトマップ


全国の速報

福井のニュースRSS

RSSについて

RSS

福井新聞ONLINEでは、「福井のニュース」最新9本のRSSファイルを公開しています。RSSとは、サイトの情報を配信する規格であり、専用リーダーを使って記事の更新情報が確認できます。RSSアイコンをクリックして次の画面へお進み下さい。

RSSの購読方法

RSSリーダーのソフト、ポータルサイトなどマイページ機能をもつサービス、RSSリーダー機能をもつブラウザ(Internet Explorer、Firefoxなど)などで、RSSをご購読ください。

クライアントタイプ
  • RSSは、営利目的でのご利用を禁止させていただきます。
  • RSSは、個人の責任においてご利用ください。システムエラー等で正常に作動しなかった場合について、弊社は一切の責任を負いかねます。
  • RSSで配信された記事等を無断で複製、転載、転用しないでください。
  • RSSを弊社が不適切な内容(公序良俗に反する等)と判断したサイトで利用されていることが判明した場合は、ご利用をお断りさせていただきます。
  • RSSで提供する内容、条件等は、予告なく変更することがあります。また、RSS配信を予告なく終了する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • RSSのご利用方法に関するご質問や、RSSリーダーなど第三者が提供するソフトや機能、動作環境についてのお問い合わせには応じかねます。

株式会社福井新聞社

新型インフル、県内初の死者 基礎疾患持つ50歳代男性 (10月23日午後6時10分)

 福井県は23日、新型インフルエンザに感染して重症化し、入院治療していた福井健康福祉センター管内の50代男性が、同日死亡したと発表した。新型インフルエンザによる死者は県内で初めて。国内では30人目。

 県によると、男性は糖尿病や高血圧、脳梗塞(こうそく)の基礎疾患があり、死因は肺炎だった。9月27日にせきや発熱の症状が出て、同センター管内のかかりつけ医を受診、肺炎と診断され入院した。症状から新型インフルエンザの感染が疑われたため、簡易検査は陰性だったが治療薬タミフルの投与を受けた。

 同30日に呼吸状態が悪化して体温が38・5度まで上がったことから、同センター管内の医療機関に転院して集中治療室(ICU)で治療を継続。10月1日に詳細(PCR)検査で新型インフルエンザと確認された。

 その後、しばらくは体温37度前後の小康状態を保ち、家族とも会話ができる状態だった。しかし同11日、さらに呼吸状態が悪化したため人工呼吸器を装着。23日午前5時ごろ、死亡した。

 ウイルスのタミフル耐性は、検体を採取した際に検査可能なウイルス量が採取できず、確認できなかった。県は男性の感染経路を把握していない。家族や医療従事者への感染はなかった。

 記者会見した県健康福祉部の多田和正企画幹は「県として注意喚起に努めてきたが、死者が出たことは大変残念。引き続き感染予防に努めてほしい」と注意を呼び掛けた。

ページ変更:123456789101112131415161718

ニュースランキング

ぷりん

福井新聞文化センター 風の森倶楽部


〒910-8552 福井県福井市大和田町56

TEL:0776-57-5111

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。