ここから本文です。現在の位置は トップ > 地域ニュース > 奈良 > 記事です。

奈良

文字サイズ変更
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Buzzurlブックマークに登録
livedoor Clipに登録
この記事を印刷

新型インフルエンザ:県内初の死者 糖尿病患う80代男性 /奈良

 県は26日、新型インフルエンザに感染した奈良市の80代の無職男性が、敗血症による循環不全の疑いで死亡したと発表した。男性は糖尿病を患っており、海外渡航歴はなかったという。新型インフルエンザによる死者は疑い例を含め、県内で初めて。全国では34例目。

 県によると、男性は22~23日、兵庫県に旅行し24日に下痢やおう吐、38度の発熱の症状が出た。25日に熱は下がったが、下痢やおう吐、呼吸困難の症状があり、奈良市内の病院を受診したところ、簡易検査でインフルエンザA型陽性と判明した。橿原市の病院に転院、タミフルの投与を受けたが、26日朝に症状が悪化し、死亡が確認された。【阿部亮介】

毎日新聞 2009年10月27日 地方版

PR情報

奈良 アーカイブ一覧

 
郷土料理百選
地域体験イベント検索

おすすめ情報

注目ブランド