ここから本文です

殺害後の脂肪で化粧品?=「悪魔の再来」、被害者200人とも−ペルー

11月20日9時30分配信 時事通信

 【サンパウロ時事】南米ペルーの報道によると、同国警察当局は19日までに、先住民らをだまして無差別に殺害後、遺体から脂肪を取り出して外国業者に売り渡していたとして、密売組織メンバー4人を逮捕した。摘出された脂肪は欧州で化粧品製造などに使われたとされ、警察は関与が疑われるイタリア人2人の行方も追っている。
 報道では、脂肪は主に中部ウアヌコから首都リマまでプラスチック容器で搬送。今月初めにメンバー1人が逮捕された際に脂肪17リットルの「在庫」を確認した。取引価格は1リットル1万5000ドル(約133万円)程度とみられ、推計では殺害された犠牲者は60〜200人に達する可能性があるという。
 ペルーのアンデス地方には、「ピシュタコ」と呼ばれる悪魔が先住民を斬首して血や脂肪を取り、都市住民や外国人などに売って蓄財する伝説が存在する。残忍な手口が酷似していることもあり、地元メディアも事件を「現代のピシュタコ」などと大きく報じている。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕殺害後の脂肪で化粧品?=ペルー
【こぼれ話】釘やコイン1キロが続々=手術を受けた男性の胃から−ペルー
太平洋を2カ月もボートで漂流、5人助かる
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産

最終更新:11月20日12時58分

時事通信

 

この話題に関するブログ 5件

関連トピックス

主なニュースサイトで ペルー「ピシュタコ」大量殺人事件 の記事を読む

ブログパーツ

海外トピックス

nikkei BPnet for Yahoo!ニュース

nikkei BPnetnikkei BPnetの注目コラムをYahoo!ニュースの読者のために厳選しました。
最新のコラムを読む