サブカテゴリー

あのドーハ戦士が新潟・黒崎新監督の右腕に

 新潟のヘッドコーチに広島の森保一コーチ(41)が就任することが24日、決定的となった。近く発表される見通し。

 黒崎ヘッドコーチが監督に昇格したためクラブ側は後任人事に着手していた。関係者によると森保氏は「外で勝負したい」と話しており、新潟の地を選んだもよう。黒崎新監督とは同い年で、ドーハの悲劇(93年)を一緒に経験しており、元日本代表コンビで強力タッグを組むことになる。

 森保氏は守備的MFとして広島、京都、広島、仙台を渡り歩き03年に引退。日本代表では35試合に出場し1得点。04年から広島の強化部育成コーチに就任し、同年にS級ライセンスを取得。05年から07年まではU―18〜20の日本代表コーチを務め、06年にはAFCユース選手権(U―19)で準優勝するなど若手の育成には定評がある。新潟にはDF酒井やDF鈴木のU―20日本代表メンバーがいるだけに、若手のさらなる育成に期待がかかる。

 森保氏入閣、大宮から白井淳GKコーチ(43)の就任と、新潟はアラフォートリオで来季の飛躍を目指す。

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2009年12月25日 09:20 ]

関連ニュース

読み込み中..

PR

関連写真

読み込み中..

注目アイテム

ニュース

クイックアクセス

Jリーグ

日本代表

2010年W杯

クラブW杯

天皇杯

高校サッカー

海外サッカー

ブログ&コラム

スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲