91式携帯地対空誘導弾
TYPE91 SAM

アメリカが開発した「スティンガ」は個人で操作する事が出来る利便な携帯式地対空ミサイルである。
アフガニスタンに侵攻した旧ソ連軍と対峙していた反ソ・ゲリラに供与され大きな戦果をあげこの種の兵器の有効性を示した。 我が国でも陸上自衛隊の戦車隊や特科部隊、海・空自の基地防空用として1981年度(昭和56年度)から予算化され多数が配備されて いる。「スティンガ」は赤外線誘導方式であったが、これに加えてCCDカメラを使用し可視光画像によるミサイル誘導を可能とすること を目的に開発された国産ミサイルが91式携帯地対空誘導弾である。 赤外線+可視光誘導により正面要撃能力、対妨害性、瞬間交戦性が大幅に向上した。穴の開いた板状の物体はIFF敵味方識別用アンテナ。

製作:東芝
ミサイル本体要目
・重量9�
・全長143cm
・直系8cm
・速度1.9マッハ
・推進剤:固体燃料
肩上げ重量17�
誘導方式:赤外線+可視光
目次へ