HOME >> 会社紹介 >> 沿革

沿革

1986年 昭和61年 4月 コンピュータゲームソフトの商品開発を主業務として株式会社アトラス設立
代表取締役社長に原野直也が就任
1987年 昭和62年 1月 業務用アミューズメント機器の国内販売業務を開始
1989年 平成元年 3月 ニュービジネス「カラオケボックス」のコンセプトを完成
「カラオケボックス」普及のため業務用カラオケ機器・設備の販売を開始
8月 自社初の直営ゲームセンター「アトラスシティ 明大前店」をオープン
10月 家庭用ゲームソフトの販売を開始。自社ブランド初の作品としてゲームボーイ用ソフト「パズルボーイ」を発売
1991年 平成3年 1月 米国での販売拡大のため販売を本格的にスタート
4月 自社ブランド初のファミコン用ソフト「ニューヨークニャンキーズ」を発売
1992年 平成4年 4月 自社初のオリジナル業務用ビデオゲーム「ブレイゾン」を発売
10月 スーパーファミコン用ソフト「真・女神転生」を発売
1994年 平成6年 9月 郊外型の直営アミューズメント施設「ムー大陸 宮原店」をオープン
1995年 平成7年 7月 業務用オリジナルシール印刷機「プリント倶楽部」(プリクラ)を製造、販売
12月 セガサターン用ソフト「真・女神転生デビルサマナー」を発売
1996年 平成8年 9月 プレイステーション用ソフト「女神異聞録ペルソナ」を発売
1997年 平成9年 4月 シンガポールにAtlus Entertainment Pte LTDを設立
10月 株式店頭公開(現:ジャスダック証券取引所)
1999年 平成11年 3月 米国にAtlus U.S.A.,Inc.を設立
2000年 平成12年 7月 株式会社角川書店と資本および業務提携
2001年 平成13年 4月 代表取締役社長に岩田松雄が就任
10月 家庭用ゲームソフトの直販流通を開始
キャリアソフト株式会社の全株式を取得し子会社化
2002年 平成14年 7月 大型複合アミューズメント施設「ゲームパニック東京」をオープン
2003年 平成15年 1月 中国上海市に上海アトラスデジタル影像有限公司を設立
3月 中国天津市にアトラス(天津)電子有限公司を設立
株式会社タカラ(現:タカラトミー)と資本および業務提携
6月 代表取締役社長に奥出信行が就任
10月 株式会社タカラを割当先とする第三者割当発行増資を実施
株式会社タカラの連結子会社となる
2004年 平成16年 1月 株式会社タカラから同社の家庭用ゲームソフト事業を譲り受ける
6月 株式会社シーアンドシーメディア の株式を取得し子会社化
2005年 平成17年 4月 代表取締役社長に猪狩茂が就任
2006年 平成18年 3月 遊技機の販売事業を開始(2007年9月に事業撤退)
11月 株式会社インデックス・ホールディングスの連結子会社となる
2007年 平成19年 6月 株式会社マッドの全株式を取得し子会社化
9月 株式会社マッドを吸収合併
2009年 平成21年 3月 業務用ゲーム関連事業廃止
12月

アミューズメント施設関連事業を分社化(新設分割)
当該新設会社の株式の86%を中小企業レジャー機構株式会社へ譲渡
(効力発生日:2009年12月1日)
ページトップへ